レコード会社移籍とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > レコード会社移籍の意味・解説 

レコード会社移籍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/16 23:00 UTC 版)

奥土居美可」の記事における「レコード会社移籍」の解説

1996年エアーズ移籍。re-kiss名義でシングルHUMAN TOUCHをリリース。この曲は、テレビ朝日系機動新世紀ガンダムX』のエンディングテーマ起用された。 1998年セリーヌ・ディオンプロデューサーとしても知られるトム・キーンプロデュースにより、ロックバンドシカゴのボーカルジェイソン・シェフとのデュエットで「Till The End Of Timeをリリース

※この「レコード会社移籍」の解説は、「奥土居美可」の解説の一部です。
「レコード会社移籍」を含む「奥土居美可」の記事については、「奥土居美可」の概要を参照ください。


レコード会社移籍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 17:54 UTC 版)

ザ・モップス」の記事における「レコード会社移籍」の解説

1968年アルバム選曲において所属レコード会社ビクターから「アイドルモンキーズカバー曲をやれ!」と言われたが、断固としてアニマルズゼムやりたい」と譲ら対立日本ビクター紛糾した事情プロダクション意向大きく作用した日本ビクターではモップスザ・ダイナマイツザ・サニー・ファイブ所属プロダクションそれぞれ異な3組同時デビュー送り出した従来大手レコード会社歌謡曲一枚シングル盤発売する際に演奏者歌手楽曲作者という分業制敷かれていた。分業から楽曲専属契約作詞作曲家だけが曲を提供する不文律協定存在し日本コロムビアではペンネーム弾厚作自作曲作り自分で演奏し発売した加山雄三問題視され新興企業協定曖昧な東芝音工移籍余儀なくされた。レコード会社ではグループサウンズなど自作曲を歌うアーティスト扱いにはこの協定通用しない配給提携海外レーベル・ブランド名を拝借してその傘下から発売し問題回避努め日本ビクターではザ・スパイダース森山良子などをフィリップス・レコードから発売しこの日本ビクター・ブランドのダイナマイツ、サニー・ファイブ、オックスの場合、レーベル契約する橋本淳作詞・作曲家楽曲洋楽カバー曲グループ自作曲混在させる協定妥協に従う一方モップス加えて営業戦略企画案をプロダクション主導作詞家プロダクション後押し外部から新人オフィス・トゥー・ワン所属する阿久悠起用など日本ビクター側の意向通り難い存在だった。事務所合併ホリプロ所属になったオックス営業上の成果をあげ双方良好な折り合いをつけた。 結果ビクターから解雇され東芝音楽工業移籍した1969年には、プロ活動先行き不安理由ベース担当村上脱退メンバー補充はせずに三幸担当それまでリズム・ギターからベース・ギター変えて四人のまま活動続け東芝傘下エクスプレスから「眠り給えイエス」(1971をリリース1970年入り日本のロック草創期いわゆるニュー・ロック」のバンドの1つとして活躍し、「御意見無用」(1971)、ヒット曲「月光仮面」(同)などを発表1972年には吉田拓郎手がけた「たどりついたらいつも雨ふり」ラジオでさかんオンエアされ、若者支持された。また、星勝グループ在籍中から編曲家作曲家としても大活躍し、ザ・ピーナッツなどの良質な和製ポップスや、井上陽水フォーク勢に楽曲提供しヒットさせた。しかし歌謡曲とフォークブームに追いやられたロック音楽でのバンド活動限界により、それぞれの活路求めて1974年5月解散アルバムEXIT』が同年7月発売された。

※この「レコード会社移籍」の解説は、「ザ・モップス」の解説の一部です。
「レコード会社移籍」を含む「ザ・モップス」の記事については、「ザ・モップス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「レコード会社移籍」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

レコード会社移籍のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



レコード会社移籍のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの奥土居美可 (改訂履歴)、ザ・モップス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS