レコード制作者の道へとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > レコード制作者の道への意味・解説 

レコード制作者の道へ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 00:24 UTC 版)

李秀満」の記事における「レコード制作者の道へ」の解説

半ば音楽捨てて米国の地にやって来ロボット工学専攻して学問勤しんでいたが、ちょうど渡米同じ年放送開始されMTV新し音楽時代感じて次第米国エンターテインメント韓国再現することを夢見るようになり、1985年修士号取得するとすぐに帰国して芸能活動再開した復帰後は歌手よりもラジオ番組パーソナリティーテレビ番組の司会者として活躍し、馬のように面長だという共通点から歌手の李文世(イ・ムンセ)やユ・ヨルとともに「馬三(マサムトリオ」の愛称韓国の大衆から人気を得たが、その一方当時まだ珍しかったコンピュータミュージック挑戦してソウル梨泰院ディスコDJをしたり、仁川観光地月尾島で「ヘミングウェイ」というカフェ経営したりして2億ウォン貯め、それを元手1989年SMエンターテインメント前身となる「SM企画」を設立しレコード制作業を始めた。 この「SM企画」ではダンスシンガーのヒョン・ジニョンフォークシンガーのハン・ドンジュン、R&Bシンガーユ・ヨンジンらをプロデュースするが、なかでも2年育成期間を経て1990年デビューさせたヒョン・ジニョンは、韓国いち早くラップ・ミュージック披露して一躍アイドル・スターへ成長しこれによって音楽プロデューサーとして初めての成功得たこの頃破格のギャランティー提示されるほどテレビ司会者として引っ張りだこで、温和で機知に富んだ語り口青少年中心に高い人気集めていたが、1995年に「SM企画」を「SMエンターテインメント」として法人化させ、翌1996年デビューしたアイドルグループH.O.T.」を成功させてからは音楽プロデュース会社運営専念し、これ以後同じくアイドルグループS.E.S.神話フライ・トゥ・ザ・スカイBoA東方神起SUPER JUNIOR少女時代SHINeef(x)EXORed VelvetNCTaespaらをスターに育て上げた。この功績から、2005年には韓国の時事週刊誌時事ジャーナル」の「韓国芸能界で最も影響力のある人物」に選出されるとともに韓国芸能芸術協会主催大韓民国芸能芸術賞において「芸能芸術発展の姿」賞を受賞している。 2020年には、 ブロックベリー・クリエイティブ に所属する今月の少女ミニアルバム「#」「12:00」のプロデュース手がけた他の事務所歌手アルバム参加したことは異例のことだった。今月の少女が、SM所属グループであるNCT 127の曲『Cherry Bomb』のダンスカバーを2019年5月発表し、この動画見て可能性がある判断したのがきっかけだった。 2021年5月にはアメリカ大手制作会社MGM Worldwide Televisionマークバーネット(Mark Burnett)プロデューサーと共にNCT-Hollywoodのローンチのため、アメリカオーディションプログラムを発表した2022年2月には、世界最大仮想資産取引所であるバイナンスメインネットNFTファンド造成などブロックチェーン分野包括的パートナーシップに関する業務協約(MOU)を締結プロデューサー創案し概念であるPlay2Createでブロックチェーン基盤参加型創作文化先導及び収益モデル提示した

※この「レコード制作者の道へ」の解説は、「李秀満」の解説の一部です。
「レコード制作者の道へ」を含む「李秀満」の記事については、「李秀満」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「レコード制作者の道へ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

レコード制作者の道へのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



レコード制作者の道へのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの李秀満 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS