アルカリフォスファターゼとは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > 血液用語 > アルカリフォスファターゼの意味・解説 

ALP(アルカリフォスファターゼ) ( alkaline phosphatase )

肝臓でつくられるリン酸化合物分解(より正確に言えばアルカリ性環境さまざまな化合物有機リン酸エステルから無機リン遊離させる働き)をする酵素。ALPは主として肝臓から胆汁のなかに排泄されるため、この値が高い場合には、胆道系病変閉塞狭窄)が疑われます。また、肝臓以外でおもにつくられている臓器には骨・小腸胎盤などがありますこのため、骨の病気妊娠中はこの値が上昇します。さらに、骨がつくられる過程多く生産するところから、正常であっても成長期にある子どもは高めにでることもあります。しかし、悪性腫瘍骨転移した場合にも同様の現象みられるため、成長期の子どもといえども注意が必要です。

アルカリフォスファターゼ

Alkaline phosphatase

【概要】 いわゆる肝機能検査生化学検査のひとつの項目。業界では「アルフォス(AlP)」と略す。色々な臓器細胞に含まれている酵素一つアルカリ側の条件リン酸化反応触媒する酵素。特に肝臓腸管、骨に多い。成長期活性が高い。 

【詳しく】 測定法により正常範囲異なるので、数字だけを記録しても共通性がないことに注意胆石症では黄疸になる前から高くなる。エイズでは全身性の非定型抗酸菌症で特に高くなる。参考までに酸性フォスファターゼというものもある。

《参照》 ビリルビン肝機能検査


アルカリフォスファターゼ(ALP)【あるかりふぉすふぁたーぜ】

主に肝機能や骨の異常を診断するための検査のこと。もともと肝臓、骨、腸、腎臓乳腺胎盤などに多く存在する酵素で、これらの臓器障害を受けると血液中に流れ出てきて、高い値となります。胆石黄疸肝機能、骨の病気などについて調べることができます。QUPiO では15~359IU/l を正常値としています。

アルカリホスファターゼ

(アルカリフォスファターゼ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/10 01:27 UTC 版)

アルカリホスファターゼ(Alkaline Phosphatase、略号:ALP;EC 3.1.3.1)はアルカリ性条件下でリン酸エステル化合物を加水分解する酵素である。最適pHは10.2である。




「アルカリホスファターゼ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アルカリフォスファターゼ」の関連用語

アルカリフォスファターゼのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アルカリフォスファターゼのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
e-血液.come-血液.com
Copyright 2019(c) Medical Science Publications,. Inc. All rights reserved
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2019, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
QUPiOQUPiO
Copyright © 2019 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアルカリホスファターゼ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS