こてとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 武具 > 篭手 > こての意味・解説 

こ‐て【小手】

読み方:こて

ひじと手首との間の部分また、手先。「—をおさえる」


こ‐て【籠手/小手】

読み方:こて

弓を射るとき、左のひじを保護するために掛ける革製覆い弓籠手(ゆごて)。手纏(たまき)。

鎧(よろい)の付属具で、肩先から腕を覆うもの。袋状の布地鉄金具や鎖をとじつけてある。

剣道で、指先からひじのあたりまでを覆う防具

剣道で、相手の手首のあたりを打つ技。「—を取る」


こて【×鏝】

読み方:こて

壁土セメントを塗る道具多く鉄製で、平たい板に握り柄をつけたもの

和裁で、熱して布地しわをのばしたり、折り目つけたりする鉄製道具焼きごて

頭髪ウエーブをつけるために熱して用いる、はさみ状整髪具。ヘアアイロン

鋳掛けはんだづけなどに使う、先のとがった金属の棒に柄をつけた道具

鏝の画像
(2)鏝台 (3)丸鏝 (4)笹鏝 (5)鏝釜

こて

モルタルコンクリートを塗るための金属製道具で、左官工事に主に用いられる

主な種類]  鏝には以下のような種類があり、用途によって使い分けられる。

中塗り鏝  最も一般的な鏝で、平坦な部分用いる、長さ20cm強。

柳刃鏝  小型の鏝で、細かい部分や隅などに用いる。

レンガ鏝  「おかめ鏝」とも呼ばれる丸く面が広い鏝。レンガ積み際に用いられるが、モルタル練ったり、鏝板移したする際にも使われる長さ20cm弱。

ブロック鏝  ブロック積み使われる三角形をした鏝。この形は、ブロック上にモルタル塗ったりブロックの穴にモルタル詰めたりするのに都合がいい長さ20cm弱。

 以上は金属製金鏝だが、木鏝呼ばれる木製の鏝もある。これは主にコンクリート均するときに用いられる



~こて

方言共通語使用例または説明
~こて~でした死んだこて」(死んでしまいました

~こて、こてね

方言共通語使用例または説明
~こて、こてね~ですよおめぇさんのこと好きっなったこて」(貴方のことを好きになったんですよ)

こて・てこ

大阪弁 訳語 解説
こて・てこ おこしがね、へら 起こし金梃子お好み焼き食べるときに使う金属製ヘラ調理用は大テコで、食事用は小テコ。「こてこ」が縮まり、通称「こて」。


おんうし、おんた、こて

大阪弁 訳語 解説
おんうし、おんた、こて おうし 雄牛牡牛。「こて」は、古語「ことい」に由来し近畿出雲九州言い方。「おんうし」は近畿四国での言い方で、「おんた」は近畿言い方南関東では「おすうし」、「おうし」は点在するのみ。北関東甲信越、北北陸で「おとこうし」、奥羽で「おとこべこ」、房総で「やろううし」、丹波播磨以西中国四国で「ことい」、能登で「ごって」、北琉球で「くてぃ」「うーうし」、南琉球で「びきうし」と言う


こて

  1. 牡牛壮健なるものをいふ。関東の方言。こつていうしに同じ。

分類 関東

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

小手

読み方
小手こて

コテ

(こて から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/13 19:06 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

こてコテ



こて

出典:『Wiktionary』 (2021/07/29 09:56 UTC 版)

名詞:鏝

こて

  1. セメント漆喰などを塗ったり表面平らにならしたりして仕上げ平たい板に握り柄を取り付けた道具金篦かなべら
  2. 裁縫道具一つアイロン一つ和裁などで熱して布地しわをのばしたり、折り目つけたりして縫い代ぬいしろ整えたり印を付けたりする鉄製道具焼き鏝
  3. 頭髪ウエーブをつけるために熱して用いはさみ状の整髪具。ヘアアイロン
  4. 鋳掛けはんだづけなどに使用する先のとがった金属の棒に柄をつけた焼き鏝
  5. 小形のシャベル移植こて。

翻訳

名詞:小手

こて小手、甲手、籠手篭手

  1. 手先腕先
  2. 手首と肘の間。
  3. 剣道銃剣道短剣道なぎなた等の防具のうち、手から腕を防護するもの。
  4. 剣道銃剣道短剣道なぎなた等における技。3.を正面から打つもの。
  5. 小具足一つ肩から腕を防護するもの。手覆い手蓋い。
  6. 弓を射るときに袖が弓弦触れないように肩から左手にかけておおう布または革製のこて。ゆごて。いごて。たまき。弓射籠手







※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「こて」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



こてと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

こてのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



こてのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人日本造園組合連合会社団法人日本造園組合連合会
JAPAN FEDERATION OF LANDSCAPE CONTRACTORS 2022 All rights reserved
新潟県田上町の方言新潟県田上町の方言
Copyright (C) 2022 Akira Hasegawa All rights reserved.
全国大阪弁普及協会全国大阪弁普及協会
Copyright (C) 2000-2022 全国大阪弁普及協会 All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコテ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのこて (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS