BJとは?

BJ

BJ
BJ
BJ
BJ
BJ
BJ
BJ
BJ

認定型式

BB-SA24J

車体打刻型式

SA24J

エンジン型式

A138E

全長全幅全高

1,670mm/630mm/1,005mm

軸間距離

1,140mm

シート高最低地上高

725mm/85mm

車両重量

75kg

燃費・定地走行テスト値

58.0km/L(30km/h)

最小回転半径

1.8m

エンジン種類

空冷・2ストローク・クランク室リードバルブ

気筒数配列/総排気量

単気筒/49cm3

内径×行程

40.0mm×39.2mm

圧縮比

7.3 : 1

最高出力

4.6kW(6.3PS)/7,000r/min

最大トルク

6.6N・m(0.67kgf・m)/6,500r/min

始動方式

セル・キック併用

潤滑方式

分離給油

オイルタンク容量

1.1L

燃料タンク容量

4.6L

キャブレター型式

Y14P×1

点火方式

C.D.I.式

バッテリー容量/型式

12V-3.2Ah(10h)/GT4L-BS(MF)
12V-3.0Ah(10h)/YTX4L-BS(MF)

1次減速比

3.692

2次減速比

3.230

クラッチ形式

乾式内拡遠心

変速機形式

Vベルト式無段変速

変速比

2.183~0.896

フレーム形式

パイプバックボーン

キャスタートレール

26°30′/67mm

タイヤサイズ 前・後

90/90-10 41J・90/90-10 41J(前後チューブレス)

制動装置 前・後

ドラムリーディングトレーリング)・ドラムリーディングトレーリング

ヘッドライト

キセノンバルブ(30W/30W)

乗車定員

1名

※都合により製品の仕様を予告なく変更する場合あります

(注:この情報は2008年8月現在のものです)

BJ

英語 Birfield joint

バーフィールドジョイント。前輪駆動用のドライブシャフトに使う等速ジョイントのことで、車輪側のジョイントとして使用する。アウターインナー間に6個のボール配置し、屈曲角が大きくとれ、等速性をもつユニバーサルジョイントである。ツェッパ型ジョイントともいう。伸縮可能タイプはダブルオフセット型という。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

BJ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/02/27 22:15 UTC 版)

BJ

bj


.bj

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/06/11 22:48 UTC 版)

.bj
ベナンの旗
施行 1996年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 Network Information Center - Benin
後援組織 ベナン郵便・電気通信事務局
利用地域 ベナンに関連する団体・個人
使用状況 ベナンで少し使われている。
登録の制限 管理者への連絡先がベナン国内にあることが必要。
階層構造 第二レベルに直接登録することも可能だが、分類用第二レベルの下に登録することも可能。
ウェブサイト nic.bj
  

.bjは、国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)の一つで、ベナンに割り当てられている。このドメインは、ベナン郵便・電気通信事務局によって運営されている。

外部リンク





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「BJ」の関連用語

BJのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

CVキャブレーター

SR400 30th Anniversary Limited Edition

シフトフォーク

グランドマジェスティ250

カムプロフィール

シグナスX SR

クッション材

RZ50





BJのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ヤマハ発動機ヤマハ発動機
Copyright(C)2016 Yamaha Motor Marketing Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのBJ (改訂履歴)、.bj (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS