悪事とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 隠語辞典 > 悪事の意味・解説 

悪事

読み方:わりごと

  1. 〔的〕悪事のこと。喧嘩吹き掛けることに云ふ。
  2. サクラを使つて客の購買欲をそそる露店商人。或は悪事。
  3. 多くのさくらをつかって、暴利を念とするたちのわるい商売一般わるいことをいう意味もある。〔香具師不良
  4. 〔香〕多くのさくらをつかって、暴利を念とするたちの悪い商売一般。「わいこと」(※「わりこと」か)を意味する。

分類 的、香具師香具師不良

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

(悪事 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/13 02:09 UTC 版)

(あく)とは、文化宗教によって定義が異なるものの、概ね人道に外れた行いや、それに関連する有害なものを指す概念である。


  1. ^ Good and Evil in Chinese Philosophy C.W. Chan
  2. ^ History of Chinese Philosophy Feng Youlan, Volume II The Period of Classical Learning (from the Second Century B.C. to the Twentieth Century A.D). Trans. Derk Bodde. Ch. XIV Liu Chiu-Yuan, Wang Shou-jen, and Ming Idealism. part 6 § 6 Origin of Evil. Uses strikingly similar language to that in the etymology section of this article, in the context of Chinese Idealism.
  3. ^ a b Benedict de Spinoza, Ethics, Part IV Of Human Bondage or of the Strength of the Affects Definitions translated by W. H. White, Revised by A. H. Stirling, Great Books vol 31, Encyclopædia Britannica 1952 p. 424
  4. ^ Stephen Palmquist, Dreams of Wholeness: A course of introductory lectures on religion, psychology and personal growth (Hong Kong: Philopsychy Press, 1997/2008), see especially Chapter XI.
  5. ^ Book website
  6. ^ Philosophy of Religion Charles Taliaferro, Paul J. Griffiths, eds. Ch. 35, Buddhism and Evil Martin Southwold p 424
  7. ^ Lay Outreach and the Meaning of “Evil Person Taitetsu Unno
  8. ^ The Jewel Ornament of Liberation. Gampopa. ISBN 978-1559390927[要ページ番号]
  9. ^ Hans Schwarz, Evil: A Historical and Theological Perspective (Lima, Ohio: Academic Renewal Press, 2001): 42–43.
  10. ^ Schwarz, Evil, 75.
  11. ^ Thomas Aquinas, SUMMA THEOLOGICA, translated by the Fathers of the English Dominician Province (New York: Benziger Brothers, 1947) Volume 3, q. 72, a. 1, p. 902.
  12. ^ Henri Blocher, Evil and the Cross (Downers Grove: InterVarsity Press, 1994): 10.
  13. ^ Gaymon Bennett, Ted Peters, Martinez J. Hewlett, Robert John Russell (2008). "The evolution of evil". Vandenhoeck & Ruprecht. p.318. ISBN 3525569793
  14. ^ Gourevitch, Phillip (1999). We Wish to Inform You That Tomorrow We Will be Killed With our Families. Picador. ISBN 0-31224-335-9. 
  15. ^ Frontline: the triumph of evil.”. 2007年4月9日閲覧。
  16. ^ url=http://www.vatican.va/archive/catechism/p3s1c1a6.htm
  17. ^ Harris, Sam (2004). The End of Faith: Religion, Terror and the Future of Reason. W. W. Norton & Company. ISBN 0-393-03515-8. 
  18. ^ a b Peck, M. Scott. (1983;1988). People of the Lie: The hope for healing human evil. Century Hutchinson.
  19. ^ Peck, M. Scott. (1978;1992), The Road Less Travelled. Arrow.
  20. ^ Peck, 1983/1988,p105
  21. ^ Peck,1978/1992,p298
  22. ^ Martin Luther, Werke, XX, p58
  23. ^ a b Niccolo Machiavelli, The Prince, Dante University of America Press, 2003, ISBN 0-937832-38-3 ISBN 978-0-937832-38-7


「悪」の続きの解説一覧

悪事

出典:『Wiktionary』 (2010/02/26 04:53 UTC 版)

名詞

(あくじ)

  1. わるいおこない
    お前はおれの言いつけに背いて、いつも悪事ばかり働いて来た。(芥川龍之介アグニの神』)

発音

あ↘くじ

関連語

翻訳





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

悪事に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「悪事」の関連用語

悪事のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

プチムーレ・プレーン

田子雅

ED141

高野紙

おれんじ九州

スタンダードデッカー

6050形

EX-Z80





悪事のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
皓星社皓星社
Copyright (C) 2017 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの悪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの悪事 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS