等速ジョイントとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > 等速ジョイントの意味・解説 

等速ジョイント

英語 constant velocity universal joint

ジョイント入力する回転速度と、出力する回転速度等しジョイントをいう。十字軸ジョイントは、折れ角があると等速性がなく、回転の2次(1回転2サイクル)の速度変動を生じる。等速性をもつジョイント条件は、入力軸と出力軸がなす角の2等分面上動力伝達点があることなので、それを満足するジョイント考案され量産化されている。ダブルカルダン型ジョイントは、上記十字軸ジョイントを2つ合わせて不等速性を相殺したもので、ボールを使ったツェッパ型やクロスグルーブ型、ローラーを使ったトリボード型などが量産車で多く使用されている。軸方向伸縮性をもたせたものも同様の型で量産され、FF車終減速機側に使用されている。

等速ジョイント

反対語 不等速自在継ぎ手
参照 ダブルカルダンジョイント
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「等速ジョイント」の関連用語

等速ジョイントのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




等速ジョイントのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.

©2014 Weblio RSS