日本大学商学部・大学院商学研究科 大学院

日本大学商学部・大学院商学研究科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/01 07:08 UTC 版)

大学院

  • 商学研究科
    • 商学専攻
    • 経営学専攻
    • 会計学専攻

商学部のカリキュラム

以下が商学部の主なカリキュラムである[3]

  • カリキュラムは、「専門基礎科目」、「総合科目」、「コース科目」に分かれている[注 1]
  • 1年次は、豊かな人間性と柔軟な思考・理解力・対応力を養う「総合教育科目」、ビジネスを学ぶ上で基本となる商学・経営学・会計学・経済学の「専門基礎科目」を学ぶ。
  • 2年次から、「学科所属科目」と「コース専門科目」を選択し、ビジネスの理論と実践力を養っていく[注 2][注 3]
  • 3年次から、他の学部の講義を相互履修することができる。
  • 少人数制のゼミナール教育(ゼミ)は大学2年からスタートする。そこで学生たちは卒業するまでの3年間、社会で不可欠な教養(物事を総合化できる知恵)を身につけていく。
  • 学生たちの視野を広げる為に、社会の第一線で活躍する実務家たちが大学で講義をする「寄付講座」がある。
  • 衛星放送を使った遠隔講義がかつて行われていた。

海外留学・研修プログラム

日大商学部には学生の希望に応じた半年から一年といった長期留学プログラム、休み期間を利用した短期の語学研修プログラムが用意されている。対象国はアメリカオーストラリアフランスなど多岐にわたり、学生たちの語学力の向上、異文化の交流・体験に大きな役割を果たしている。

取得可能な教員免許状

以下が商学部における取得可能な教員免許状である[4][注 4]

  • 高等学校一種普通免許状
    • 商業

注釈

  1. ^ 卒業要件は、124単位である。
  2. ^ 2年次からゼミナール研究室に所属し、「ゼミナールI」「ゼミナールII」「卒業論文」の講義を受講することが可能である。
  3. ^ 2年次から選択する各コースには、「マーケティング・コース(Mk)」、「トレード&エコノミー・コース(TE)」、「ファイナンス・コース(FL)」、「マネジメント・コース(Mg)」、「ベンチャー&経営情報・コース(VI)」、「アカウンティング・コース(Ac)」、「職業会計人・コース(Pa)」がある。
  4. ^ 3年次からの教職課程の履修は認められない。

出典

  1. ^ a b 日本大学商学部百年史編纂委員会 『日本大学商学部百年史』 2004年、122-130頁
  2. ^ “新校舎紹介”. 商学部. http://www.bus.nihon-u.ac.jp/commercial/newschoolhouse/index.html 2015年11月21日閲覧. "2011年9月、新3号館と新体育館棟が完成" 
  3. ^ “カリキュラムの特徴”. 商学部. http://www.bus.nihon-u.ac.jp/commercial/curriculum/index.html 2015年11月21日閲覧。 
  4. ^ “教職課程”. 商学部. http://www.bus.nihon-u.ac.jp/commercial/teachertraining.html 2015年11月21日閲覧。 
  5. ^ “カリキュラム 博士前期課程・博士後期課程”. 商学部. http://www.bus.nihon-u.ac.jp/graduate_school/curriculum.html 2015年11月21日閲覧。 





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本大学商学部・大学院商学研究科」の関連用語

日本大学商学部・大学院商学研究科のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



日本大学商学部・大学院商学研究科のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本大学商学部・大学院商学研究科 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS