小柄 小柄の概要

小柄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/01 07:14 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
小刀を装着した小柄(上)。下は
刀の鞘に収めた小柄。

小刀全体を小柄と呼称する場合と区別する意味で、柄の部分を「袋」、刀身の部分を「穗」と呼称することがある。

刀の鍔には、刀身が通る中央部の穴の左右に、小柄と笄を刀を抜かず)出し入れするための穴が開いていることが多い。

通常、本来の用途では、木を削ったりするが、緊急時には、武器として投げ打って、逃げたり仕掛けたりする[2]。刀剣の装飾が発達するにつれて小柄にも精密な細工が施されるようになり、現在では同じく日本刀の鞘に装着すると共に芸術的価値が高まった。

小柄・笄・目貫をあわせて「三所物(みところもの)」と呼び、同じ意匠にしたり共通の主題にしたりすることがある。

備考

手裏剣術は棒状手裏剣で直打法(一回転させず投げる法)によって投げた場合でも9mほどが有効距離であり、改良をほどこした根岸流でも13m以上先に届くのがやっととされる[3]。従って、小柄を手裏剣代わりに投げたとしても10m先に届かないものと考えられる。

関連項目


  1. ^ 小柄とは”. コトバンク. 2017年11月9日閲覧。
  2. ^ 甲野善紀 『武術の新・人間学』 PHP文庫 2002年 ISBN 4-569-57843-8 p.206、小柄でも危急の際には棒状手裏剣の代用として打ったとされる。
  3. ^ 甲野善紀 『武術の新・人間学』 PHP文庫 2002年 pp.205 - 206


「小柄」の続きの解説一覧




小柄と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

小柄のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



小柄のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小柄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS