飯尾宗祇とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 芭蕉関係人名集 > 飯尾宗祇の意味・解説 

いいおそうぎ いひを- 【飯尾宗祇】 ○

宗祇そうぎ

飯尾宗祇

いいおそうぎ

応永28年(1421)~文亀2年(1502)7月30日享年82歳)

室町後期連歌師古典文学者。紀州和歌山生れ別号、自然斎・種玉庵・見外斎。連歌宗砌専順心敬らに、和歌飛鳥井雅親に、故実一条兼良学び東常縁(とうのつねより)から古今伝授を受けた。三条西実隆とも親交北野連歌会所奉行および将軍家師範
西行能因法師と並んで芭蕉が最も尊敬していた詩人一人古典文学に関する高い教養持ち在来連歌の上古今和歌集幽玄さを加えて連歌革新を図った。折しも応仁の乱から戦国時代にかけて大名各地割拠するようになると、畿内諸大名言うに及ばず周防大内越後の上若狭武田氏など成り上がり戦国大名らは京の文化教養への憧憬宗祇提唱する連歌革新中に見つけたそのため宗祇全国各地から招かれて、旅する連歌師ともなったのである芭蕉憧れた旅に死す 生き方こういう時代の中で育まれたものである有心(うしん)連歌大成連歌古典新撰菟玖波集 』を編集した。
1502年越後から美濃に向かう旅の途次箱根湯本死去静岡県裾野市桃園定輪寺に葬られた。
連歌作品として『水無瀬三吟百韻』、『湯山三吟百韻』、『葉守千句』、『吾妻問答』、『浅茅』。句集に『萱草わすれぐさ)』『老葉わくらば)』、『下草したくさ)』など、紀行文に『白河紀行』、『筑紫道記』など。
宗祇終生髯を伸ばしていた。そこで髭宗祇池に蓮ある心かな素堂)というくらいであった。

宗祇の代表作

関こえて爰も藤しろみさか哉(『あら野』)


宗祇

(飯尾宗祇 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/30 04:59 UTC 版)

宗祇(そうぎ、応永28年(1421年)- 文亀2年7月30日1502年9月1日[1])は、室町時代連歌師。号は自然斎、種玉庵。姓は飯尾(いのお/ いいお)というが定かではない。生国は、紀伊とも近江とも言われている。


  1. ^ 島津忠夫『連歌師宋祇』安江良介、1991年8月28日、269, 299-300。ISBN 4-00-002516-3


「宗祇」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「飯尾宗祇」の関連用語

飯尾宗祇のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



飯尾宗祇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
芭蕉DB芭蕉DB
Copyright (C) 2019 芭蕉DB All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宗祇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS