野蒜築港とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 野蒜築港の意味・解説 

野蒜築港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/02 05:14 UTC 版)

野蒜築港(のびるちくこう)は、明治初期に仙台湾石巻湾)に面する桃生郡(現・東松島市)を中心に行なわれた港湾建造事業。鳴瀬川河口に内港、浜市村に新市街、野蒜村に外港を設けるという港湾建設のみならず、運河鉄道道路の新設も行って水上・陸上の物流ネットワークをつくり上げる計画であった。


[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 東名・野蒜地区と宮戸島との間にあった海峡。大量の漂砂により砂州が発達して閉塞した。戦後、潜ヶ浦水道(地図)が開削されて再開通した。

出典



「野蒜築港」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「野蒜築港」の関連用語

野蒜築港のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



野蒜築港のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの野蒜築港 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS