最大余震とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 最大余震の意味・解説 

最大余震

読み方:さいだいよしん

余震の中で最も規模大きいもの。

大規模地震は、単発ではなく群発発生することが多い。群発地震の中で最も規模大きな揺れが「本震」と呼ばれ、本震続いて発生する揺れが「余震」と総称される。

最大余震の規模は、本震規模伴って大きくなるが、一般的には、本震マグニチュードから1引いた値より小さくなるとされる巨大地震の最大余震は、余震とはいえ大地震である。

最大余震が発生するタイミングは、本震直後とは限らず数日後数ヵ月後に発生する場合もある。事後評価であるため予見難しい。なお、発生状況によっては、以前発生した地震余震と見るか、別の地震本震と見るかで、意見分かれる場合もある。

2007年スマトラ島沖地震では、2007年9月12日本震マグニチュード8.5)が発生翌日9月13日に最大余震(マグニチュード7.9)が発生している。

2010年チリ地震では、2010年2月27日本震マグニチュード8.8)が発生翌月3月11日に最大余震(マグニチュード6.9)が発生している。

2011年3月11日日本三陸沖発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)では、本震マグニチュード9.0)の発生1ヵ月の間にマグニチュード7クラス余震が5回以上発生している。4月20日現在、気象庁今後さらに巨大余震発生するおそれがあるとして警戒呼びかけている。

余震

(最大余震 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/20 18:21 UTC 版)

余震(よしん、: aftershock)とは大きな地震の後に、近接地域で引き続いて多数発生する地震である。最初の大きな地震を本震と言い、本震より前に発生する地震を前震という。震源の浅い規模の大きな地震のほとんどは、余震を伴う。余震の規模は本震より小さいが、本震に近い規模の余震が発生することもある。一般的には最大余震のマグニチュードは本震のそれよりも1程度小さいとされる。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ ただし、総称して「広義の余震」と呼ばれる場合もある。

出典

  1. ^ 長谷川昭・佐藤春夫・西村太志『地震学』共立出版〈現代地球科学入門シリーズ〉,2015年
  2. ^ 宇津徳治『地震学(第3版)』共立出版,2001年
  3. ^ Aftershocks Associated With Impaired Health Caused by the Great East Japan Disaster Among Youth Across Japan: A National Cross-Sectional Survey. Interact J Med Res 2013;2(2):e31 doi: 10.2196/ijmr.2585
  4. ^ a b c d e 大地震後の地震活動の見通しに関する情報のあり方”. 地震調査研究推進本部 地震調査委員会 (2016年8月19日). 2016年10月21日閲覧。
  5. ^ 気象庁、地震予測「余震」使わず 熊本地震受け”. 2016年9月6日閲覧。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「最大余震」の関連用語

最大余震のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



最大余震のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの余震 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS