復興特区とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 復興特区の意味・解説 

復興特区

読み方:ふっこうとっく
別名:復興特別区域

主に、2011年3月発生した東日本大震災復旧復興対象になっている地域のこと。

復興特区は、岩手県宮城県福島県の3県が挙げられる。なお、復興特区の中でも特に被害大きかった市町村特定被災復興地区と呼ぶ。

復興特区では、復興期間中にさまざまな規制緩和や税財政上の優遇措置設けられるとされる

復興特別区域

(復興特区 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/04 14:18 UTC 版)

復興特別区域(ふっこうとくべつくいき)、略して復興特区(ふっこうとっく)とは、東日本大震災の復興対策のひとつとして、規制や税制などを優遇される地域の総称である。






「復興特別区域」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「復興特区」の関連用語

復興特区のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



復興特区のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの復興特別区域 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS