政府保有株とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 政府保有株の意味・解説 

政府保有株

読み方:せいふほゆうかぶ
別名:政府保有株式

政府保有している株式のこと。

政府保有株の対象となる銘柄は主に、経営安定適正な業務遂行を必要とする交通通信などの公共的な役割を果たす企業であることが多い。

日本の政府保有株には日本郵政日本電信電話NTT)、日本たばこJT)、成田国際空港関西国際空港など、およそ20銘柄があるとされる。これらの銘柄については、政府保有株の割合法律により定められている。例えば、日本電信電話場合は「日本電信電話株式会社等に関する法律」の第4条により、『政府は、常時会社発行済株式総数三分の一以上に当たる株式保有していなければならない』としている。

2011年7月現在、日本政府は、東日本大震災被災した復興特区などの復旧復興のための財源賄うために政府保有株の一部売却検討しているとされるちなみに財務省国有財産レポートによれば、政府保有株の時価2010年3月時点で21.8兆円とされる


関連サイト
日本電信電話株式会社等に関する法律
政府保有株式について - 財務省PDF


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「政府保有株」の関連用語

政府保有株のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



政府保有株のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS