各事件および編毎の登場キャラクターとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > 各事件および編毎の登場キャラクターの意味・解説 

各事件および編毎の登場キャラクター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/29 17:45 UTC 版)

怪物事変」の記事における「各事件および編毎の登場キャラクター」の解説

女将さん 声 -乃神亜衣子 鹿の子荘の女将。隠神のクライアントまた、夏羽の叔母であり育ての親夏羽普通の人間とは異な体質を持つことが原因で彼に学校にも行かせずに畑仕事をさせるなど、人らしい生活はさせなかった。13年前に夏羽母親である姉から突然預けられ、甥の夏羽妖怪屍鬼)と人間半妖であると知っているため、自分息子弥太郎も、いつ襲われるかという不安を抱いていた。 日下 弥太郎 (くさか やたろう) 声 - 金元寿子 女将さん息子であり夏羽従弟陽気だ生意気で底意地の悪い性格の少年東京憧れており、現在住んでいる田舎離れて将来東京生活したい夢見ている。母親夏羽叔母)を含む地元住民夏羽疎んでいるのをいいことに同年代友達ともども夏羽を「泥田坊」と呼びいじめていた。 夜野 (よるの) 声 - 岸尾だいすけ あるきっかけ怪物マオ恋したメガネ冴えないサラリーマン男性マオ 声 - 伊瀬茉莉也 猫又女性美女化け人間誘惑し徐々に化させる見る人が見れば美人で、夜野に惚れられている。 三姉妹(かのんば さんしまい) / レイカ(かが - )、エリカ(かが - )、モモカ(かが - ) 声 -南條愛乃小宮有紗楠木ともり 電子企業ブラック労働牛耳っていた妖怪三姉妹昭夫(たでまる あきお) 声 - 石田彰 織の叔父(織の父親の弟)で、穏やかな性格をしたメガネ男性一人称「僕」民俗学者でもあり、怪物詳しい。義理の姉に当たる組が亡くなったとして、身寄りがなかった織を養育し表面上は良好な関係を築いていた。 しかし裏の顔自己顕示欲まみれた下劣な人間。織と綾の故郷伝わる錦蜘蛛伝説再現することを目的しており、「自身の名を後生に残すためだけに組を織を人質状態にして様々な交配実験強要させる」「一度実験目撃した織を殴って気絶させた後に適当な嘘をついた上、その過程産まれた直接的な血の繋がりはない義理の娘に当たる)綾を金儲け道具扱いにし、逆らえ暴力を振るう」など、冷酷非道かつ卑劣な本性見せており、その事について隠神や織に追求されても「素晴らし研究」「織と組が何不自由なく生活できるよう最善尽くした」と発言しており、組とその子どもたちへの罪悪感微塵もない。また一年前、綾の高い治癒力をもつ金の糸宣伝するために市場に出回るようにしたが、怪物存在公になることを恐れた稲生一味がその存在握りつぶし始末しようとするも、隠神によって止められている。その際始末されない代わりにブラックリスト入りされていた両親真実を知るために覚悟決めた織たち怪物屋を当初は快く受け入れ、「織の両親亡くなり、織は母親失ったことでトラウマになった」と嘘の説明をした。その夜前々から怪しんでいた隠神によって追求を受け、組が凄惨な実験行っていた小屋真相知った織や調査来ていた野火丸によって拘束されるも、実験過程産み出され100を超える織の異父弟妹の怪物たち差し向け、母との再会願っていた織に戦意喪失追い込む。その直後に「(織と組の)親子の絆」を弄んだことに怒り露にした夏羽によって怪物たち全滅し、再び拘束される駆け付けた綾に繭=組の隠し場所聞かれ、それをエサ生き汚く逃げようとするミハイによって隠し場所突き止められそれでもなお組や綾を道具扱いする言動したため、織に鉄拳制裁を受け放逐される。最終的にすべてを失った後もまったく懲りず新たな怪物産み出そう画策をした際、野火丸によって焼き殺されるという因果応報末路遂げる。

※この「各事件および編毎の登場キャラクター」の解説は、「怪物事変」の解説の一部です。
「各事件および編毎の登場キャラクター」を含む「怪物事変」の記事については、「怪物事変」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「各事件および編毎の登場キャラクター」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

各事件および編毎の登場キャラクターのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



各事件および編毎の登場キャラクターのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの怪物事変 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS