各事件および編毎の登場人物とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > 各事件および編毎の登場人物の意味・解説 

各事件および編毎の登場人物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 02:28 UTC 版)

DEAD Tube」の記事における「各事件および編毎の登場人物」の解説

大島佐柳おおしま さなぎ) 「映研編」に登場した、智浩が所属していた映画研究部監督で、巨乳つり目を持つ美女尊大な口調で話す。本性極悪な上にヤリマン」と称されるほど奔放で、智浩以外の男子部員ほとんどと関係を持っていた。すでにDEAD Tube足を踏み入れており、他の部員達と共謀して智浩を陥れて作品作ろうとしたが、智浩にトリック見抜かれ舞に殺される。智浩曰く映画監督としての才能はないらしい。 ジョージ・L(ジョージ・エル) 「15動画編」に登場した壮年男性。智浩のファン自称し彼に自分が望む残虐な映像撮らせるために活躍教員として花菜の通う中学赴任して言葉巧みに生徒達をDeatTubeに引き込みチーム凶煉座を金で引き入れて中学校惨劇の場と化す出所不明ながら莫大な資産を持つ模様で、10億円報奨金提示していた。「バルス婦人」が彼を評して曰く金払いはいいが変人すぎ、キモい」。凶煉座が全滅した後、智浩と生き残った生徒たちにより葬られるサイ ジョージ・L秘書スーツ着た美女真面目な性格だが、「15動画編」の後半ではジョージ・L陰茎噛んでいたことから裏ではかなりの変態とされる。彼を7回射精させた後は、車を回そうとするも周り警備全員殺されていることに衝撃を受けている間に首を斬ら死亡した。なお、当初はスーツズボン履いていたが、後半ではスカート着用していため下着丸見えの状態で彼を興奮させていた。 チーム凶煉座チームきれんざ) 「15動画編」に登場した「プロデッドチューバー」を名乗る女性達グループ本名不明でハンドルネーム思しき名を名乗りいずれも殺人平然と行う常軌を逸した精神並外れた身体能力を持つ。スカジャンで顔に傷があるゲス乙女」、褐色肌筋肉質でマイクロビキニスタイルの「榊原G」、貴婦人のようないでたちの「バルス婦人」、巨体の「DX48」、セーラー服姿で刀を使うまっちょん」の5名からなるジョージ・L雇われ花菜の通う中学校生徒教員倒した。「DX48」は金子銀に、「まっちょん」は舞に逆襲されて倒されるが、残った3人花菜倒した怒った智浩の指揮により残り3人倒された。 バルス婦人 ヨーロッパ風ドレスを着た美女性格残忍極まりない外道後半では攻撃回避した瞬間ガーターベルトを身につけた姿を披露する中学校生徒人質にして多数殺害するも、最期真っ二つにされ死亡した金子銀(かねこ ぎん) 花菜同級生男子で、中学生ながら体格大きく腕っ節も強い。花菜惚れており彼女を助けよう奔走していたが果たせず、「バルス婦人」と相討ち形で死亡ジャスティスメン 18歳筋肉質な少年。「正義を実行する」ことに憧れていたが現実平和な世界で満たされないことに不満を抱きコスチュームまとって自分が「悪」と決めつけた対象の人物殺害していく。 有村天 ジャスティスメン行動を共にする女性で、彼と関係を持っている。 松村カオルチーム凶煉座の「まっちょん」。チーム唯一生存しジャスティスメンチームメンバーとなる。マジメ係長陥れる目的で彼に処女捧げるマジメ係長 人気のデッドチューバーだが、殺人などは行わず公のゴシップネタの論評主な活動当初は自分陥れるためやってきたサキ相思相愛になってしまう。

※この「各事件および編毎の登場人物」の解説は、「DEAD Tube」の解説の一部です。
「各事件および編毎の登場人物」を含む「DEAD Tube」の記事については、「DEAD Tube」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「各事件および編毎の登場人物」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

各事件および編毎の登場人物のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



各事件および編毎の登場人物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのDEAD Tube (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS