ポスト真実とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > ポスト真実の意味・解説 

ポスト真実

読み方:ポストしんじつ
別名:ポストトゥルース
英語:post-truth

客観的事実といえる情報よりも感情訴えかける情報の方が強く世論を動かしていくよう情勢世の流れを指す表現。英語では post-truth age(ポスト真実の時代)のように形容詞として用いられる。

ポスト真実の「ポスト」とは、英語で「後の」という程の意味を持つ語である。「ポストモダニズム」「ポスト構造主義」等、思想史流れで用いられる場合少なくない前後関係における「後」のニュアンス加えて、それ以前流れ前時代的なものに位置付けるニュアンス汲み取り得る場合がある。

2010年代後半以降ソーシャルメディア通じ情報流通拡散広く一般に浸透しており、SNS経由してオールドメディアよりも素早く情報広がる世界になりつつある。時には情報錯綜し、事によっては扇動目的とする虚偽情報フェイクニュース)がばら撒かれる。そのような社会において、単に真実か否かという価値観よりも、訴えてくるものがあるか否かという価値観世論形成しやすくなっている傾向浮き彫りになりつつある。

「ポスト真実」の原語である post-truth は、オックスフォード英語辞書によって2016年の「今年言葉」に選ばれ、同辞書にも収録された。

ポスト‐しんじつ【ポスト真実】


ポスト真実の政治

(ポスト真実 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/18 04:50 UTC 版)

ポスト真実の政治: post-truth politics、真実後の政治[1])、ポスト事実の政治: post-factual politics)とは、政策の詳細や客観的な事実より個人的信条感情へのアピール英語版が重視され、世論が形成される政治文化である[2]


注釈

  1. ^ 「ユーモアのセンスのある暗黒と破滅」(Gloom and doom with a sense of humor)、 「スモッグの中の灯台」(A beacon in the smog)がキャッチコピー。
  2. ^ 「alternative」は元々は「ひとつのことを行ったあとに次のことをする」という意味だったが、現在では「選択肢や可能性として置き換え可能なもの」という意味でも使われている。
  3. ^ 「世界のデジタル化は、人の弱さを助長し、それぞれだけに都合の良い『真実』の生成を加速している。社会に満ちる『真実』の山を見てみるがいい……。(中略)『政治的正しさ』や『価値相対化』というキレイゴトの名の下に、それぞれの『真実』がただ蓄積されていく。(中略)世界は『真実』で飽和する。それが世界を終わらせるのだ。緩やかに。私達はそれを食い止めてあげようって言うの。(中略)我々が価値のある真実を選び取り、残すべき意味を紡いでやる。それがコンテクストの生成。」という愛国者達のセリフがある。[45]

出典

  1. ^ 真実後の政治(Post-truth Politics) 細谷雄一の研究室から 2016年10月16日
  2. ^ ネットニュースの虚実に迫れるか 「Google News」に「ファクトチェック」タグ導入 wired 2016.10.17
  3. ^ a b 日比嘉高 キュレーションサイトの問題は、リサーチャーすべてが直面している問題じゃないのか 日比嘉高研究室 2016-12-12
  4. ^ a b 若林恵 「ニーズ」に死を:トランプ・マケドニア・DeNAと2017年のメディアについて wired 2017.01.03
  5. ^ a b c d e f 日比嘉高 「ポスト真実」と感情化社会 どうして嘘つきがまかり通るのか(2) 日比嘉高研究室 2016-11-21
  6. ^ a b 森本貴彦 ネットの偽ニュース 真実が重視されない時代 佐賀新聞 2016年12月27日
  7. ^ a b c d 津田正太郎 「ポスト事実」の時代をいかに越えるか 擬似環境の向こう側
  8. ^ a b c d 森田浩之 流行語大賞に何が選ばれようと、今年の世相を表す言葉は断固コレだ! 現代ビジネス 講談社
  9. ^ a b c Flood, Alison (2016年11月15日). “'Post-truth' named word of the year by Oxford Dictionaries”. The Guardian. 2016年11月16日閲覧。
  10. ^ Tom Jeffery (2016年6月26日). “Britain Needs More Democracy After the EU Referendum, Not Less”. http://www.huffingtonpost.co.uk/tom-jeffery/britain-needs-more-democr_b_10699898.html 2016年7月11日閲覧。 
  11. ^ “Post-Truth Politics”. (2010年4月1日). http://grist.org/article/2010-03-30-post-truth-politics/ 2016年7月11日閲覧。 
  12. ^ a b "The post-truth world: Yes, I’d lie to you," The Economist Sept 10, 2016
  13. ^ 「ポスト真実」が今年の言葉 英オックスフォード辞書 BBCニュース 2016年11月17日
  14. ^ a b Matthew Garrahan Financial Times 「ピザゲート」が示す偽ニュースの怖さ 「真偽確かめる」男が銃持ち店舗に押し入り 日本経済新聞 2016/12/9
  15. ^ 日比嘉高 どうして嘘つきがまかり通るのか――「ポスト事実の政治 post-truth politics」の時代にどう向き合うか 日比嘉高研究室 2016-11-10
  16. ^ a b John Connor (2014年7月14日). “Tony Abbott's carbon tax outrage signals nadir of post-truth politics”. The Age. http://www.theage.com.au/comment/tony-abbotts-carbon-tax-outrage-signals-nadir-of-posttruth-politics-20140717-ztz2b.html 2016年7月11日閲覧。 
  17. ^ Gay Alcorn (2014年2月27日). “Facts are futile in an era of post-truth politics”. The Age. http://www.theage.com.au/comment/facts-are-futile-in-an-era-of-posttruth-politics-20140227-33m70.html 2016年7月11日閲覧。 
  18. ^ a b Amulya Gopalakrishnan (2016年6月30日). “Life in post-truth times: What we share with the Brexit campaign and Trump”. The Times of India. http://blogs.timesofindia.indiatimes.com/to-name-and-address/everything-but-the-truth-what-we-share-with-the-brexit-campaign-and-trump/ 2016年7月11日閲覧。 
  19. ^ Ian Dunt (2016年6月29日). “Post-truth politics is driving us mad”. politics.co.uk. 2016年7月11日閲覧。
  20. ^ a b “Free speech has met social media, with revolutionary results”. New Scientist. (2016年6月1日). https://www.newscientist.com/article/mg23030763-000-free-speech-has-become-sound-bites-with-revolutionary-results/ 2016年7月11日閲覧。 
  21. ^ Jonathan Freedland (2016年5月13日). “Post-truth politicians such as Donald Trump and Boris Johnson are no joke”. The Guardian. https://www.theguardian.com/commentisfree/2016/may/13/boris-johnson-donald-trump-post-truth-politician 2016年7月11日閲覧。 
  22. ^ Daniel W. Drezner (2016年6月16日). “Why the post-truth political era might be around for a while”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/posteverything/wp/2016/06/16/why-the-post-truth-political-era-might-be-around-for-a-while/ 2016年7月11日閲覧。 
  23. ^ モーゲンスタン陽子 ワード・オブ・ザ・イヤーが映す今の世界 「post-truth」が煽る「xenophobia」 2017年1月3日 NewSphere
  24. ^ a b Christina Pazzanese (2016年7月14日). “Politics in a 'post-truth' age”. Harvard Gazette. http://news.harvard.edu/gazette/story/2016/07/politics-in-a-post-truth-age/ 2017年1月8日閲覧。 
  25. ^ a b c d e f Hayley Miller 「トランプ支持者向けの偽ニュースで700万円稼いだ」マケドニアの若者が証言 ハフィントンポスト 2016年12月13日
  26. ^ a b c d e フェイクニュースが民主主義を壊す Facebookが助長したその実態とは? BuzzFeed Japan 2016/11/23
  27. ^ Facebook、フェイクニュースに勝てる「ニュースの達人」を雇用へ wired 2016.12.14
  28. ^ BEN ZIMMER トランプ政権の「事実」と「代替的事実」 ウォールストリートジャーナル、2017年1月27日
  29. ^ Ned Simons (2016年6月8日). “Tory MP Sarah Wollaston Switches Sides in EU Referendum Campaign”. http://www.huffingtonpost.co.uk/entry/tory-mp-sarah-wollaston-switches-sides-in-eu-referendum-campaign_uk_57587e00e4b0415143693876 2016年7月11日閲覧。 
  30. ^ a b c 英EU離脱 公約「うそ」認める幹部 「投票後悔」の声も 毎日新聞 2016年6月27日
  31. ^ a b c ジョシュ・ロウ 英キャメロン首相「EU離脱派6つのウソ」 Newsweek日本版 2016年6月9日
  32. ^ 米国国務省報告(人権)2013 - 法務省
  33. ^ フィナンシャルタイムズ インド、首相の非を唱えた警察幹部を追放 日本経済新聞 2015/8/21
  34. ^ 悪質キュレーションサイトに騙されないためにプログラマーが提案する「自衛手段」 ニコニコニュース 2016/12/9
  35. ^ 其処當あかり DeNAキュレーションサイト問題。インターネットを「使う」人たちの反応とこれから ハフィントンポスト 2016年12月09日
  36. ^ [キュレーションメディア 盗用された側から見た問題点とは http://mainichi.jp/articles/20161217/k00/00m/040/039000c#csidx289a1cd3c047f1eab608b2b44d7e27a] 毎日新聞 2016年12月17日
  37. ^ 大量拡散の「韓国人による日本人女児強姦」はデマニュースか サイトは間違いだらけ BuzzFeed Japan 2017/01/25
  38. ^ a b 韓国デマサイトは広告収入が目的 運営者が語った手法「ヘイト記事は拡散する」 BuzzFeed Japan
  39. ^ 韓国デマサイト「大韓民国民間報道」が閉鎖に 管理人による書籍もAmazon.co.jpから消滅 ねとらぼ 2017年01月27日
  40. ^ Connor, John (November 2011). “Climate change and post-truth politics”. Waste Management and Environment 22 (10). http://search.informit.com.au/documentSummary;dn=687980493190405;res=IELENG. 
  41. ^ 玉井哲也 政権交代に伴うオーストラリアの環境関連政策の転換 農林水産政策研究所レビュー No.65 2015.5 農林水産省
  42. ^ 許成準『ヒトラーの大衆扇動術』 彩図社、2010年
  43. ^ 上野陽子 要点を絞り込み「知性」よりも「感情」に訴えかけよ プレジデントオンライン、2013年4月30日
  44. ^ Flashback: How 'Metal Gear Solid 2' Foretold Our Post-Truth Future”. Glixel. Rolling Stone. 2017年1月8日閲覧。
  45. ^ 「METAL GEAR SOLID 2 SONS OF LIBERTY」 コナミ


「ポスト真実の政治」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ポスト真実」の関連用語

ポスト真実のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ポスト真実のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのポスト真実の政治 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS