フェタとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 食べ物 > 料理 > チーズ > フェタの意味・解説 

フェタ

フェタ

タイプ フレッシュ 原産国 ギリシャ
容量 200g 乳種 羊、山羊
フェタ

世界一チーズを食べる国は、どこかご存知ですか
フランスイタリア?いいえ、実はギリシアなんです
そもそも古代文化発達したギリシアではチーズ作りも盛んで、神話にも登場するぐらい古くからチーズ文化栄えていたようですヨーロッパチーズ広めたのはローマ帝国といわれますが、そのローマ帝国チーズ伝えたのは、ほかでもないギリシアなんです
それほどチーズの歴史が古いギリシアだから、チーズ消費量世界一というのもうなずけます。

さて、そのギリシアで、一番人気のあるチーズがこのフェタ。消費されるチーズのうち、約50%がこのフェタです。
アテネ近郊羊飼い作り始めたとされ、その誕生紀元前もの昔!なんと、現存する世界最古チーズといわれます。古代ギリシア人も食べていたのかと思うと、その味わいもまたひとしお・・・。
フェタは、もろもろとした食感で、淡白中にも羊乳独特のコクありますそれほどクセはありませんが、このコクがなぜかやみつきになるおいしさです。高濃度塩水につけて作られているので、食べるときは塩抜きを。塩水につけるのは、暑いギリシア保存性を高めるための知恵なんです塩抜き方法カンタン牛乳にひたし、冷蔵庫一晩おけばOKです。牛乳を使う方が、っぽくならないのでおすすめです。塩抜きした後は日持ちしないので、使う分だけ塩抜きし、早めに食べきってください

フェタを使った料理で、一番有名なのはサラダお好み野菜に、フェタをほぐしてちらせばできあがりそのほかオムレツに入れたり、衣をつけてフライにしたりと、ギリシア食卓には欠かせません。お酒おつまみももちろんフェタ。角切りしたものオリーブオイルをかけて、白ワイン片手ににぎやかに飲んでいます。



フェタチーズ

(フェタ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/16 23:51 UTC 版)

フェタチーズ (φέτα, feta) は、あるいは山羊の乳からつくられるチーズのひとつ。フェタとも。




「フェタチーズ」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「フェタ」の関連用語

フェタのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ピエダングロワ

バラカ

ダブルデボンクリーム

レッドチェダー12ヶ月熟成

フェタ

メルバトースト

サントモール・ド・トゥーレーヌ

ルブロッション





フェタのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本マイセラ日本マイセラ
COPYRIGHT© CHEESE CLUB.
チーズ一覧
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフェタチーズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS