スカイダイビングの事故の一覧とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > スカイダイビングの事故の一覧の意味・解説 

スカイダイビングの事故の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/20 05:22 UTC 版)

スカイダイビングの事故の一覧(スカイダイビングのじこのいちらん)は、日本国内および世界でのスカイダイビングで起こった主要な事故の一覧。スカイダイビングは狭義ではスポーツとなるが、ここではスポーツに限らず、パラシュートを用いたり、高高度から生身に近い状態で人間が降下時に起こした事故も扱う。


注釈

  1. ^ ジョージ・H・W・ブッシュは、80歳、85歳、90歳の誕生日にも、スカイダイビングを行っている。
  2. ^ この時、應蘭芳が死亡したスカイダイバーと同じセスナに乗りスカイダイビングを行っていた[5]
  3. ^ このイベントのスカイダイビングのデモンストレーションには、應蘭芳も参加し、スカイダイビングを行っている[10]
  4. ^ ユルゲン・メレマンの経営する会社に脱税の嫌疑がかけられ、当局が捜査中であった。

出典

  1. ^ a b c d Lieutenant Junior Grade George Bush, USNR”. Naval Historical Center (2001年4月6日). 2014年9月21日閲覧。
  2. ^ “ブッシュ氏、空中散歩 大統領経験者としては初めてスカイダイブに挑戦”. 読売新聞夕刊 (東京): p. 2. (1997年3月26日) 
  3. ^ 押尾一彦、野原茂『日本陸海軍航空英雄列伝 大空の戦功者139人の足跡』光人社、2001年、31-32頁。ISBN 4-7698-0992-1
  4. ^ ジェイミー・ドーラン、ピアーズ・ビゾニー『ガガーリン : 世界初の宇宙飛行士、伝説の裏側で』日暮雅通訳、 河出書房新社、2013年、291-294頁。ISBN 4-30920626-3
  5. ^ a b c d “死のスカイダイビング”. 読売新聞夕刊 (東京): p. 11. (1969年12月15日) 
  6. ^ a b “スカイダイビングで墜落死 自衛隊員”. 読売新聞夕刊 (東京): p. 11. (1970年8月27日) 
  7. ^ “スカイダイビング 外国人が墜落死”. 読売新聞夕刊 (東京): p. 11. (1970年5月17日) 
  8. ^ a b c d “スカイダイビング高校生 利根川に降下し不明”. 朝日新聞(朝刊) (東京): pp. 22. (1972年4月1日) 
  9. ^ “水死体で発見 スカイダイビングで行方不明の高校生”. 朝日新聞(朝刊) (東京): pp. 22. (1972年4月24日) 
  10. ^ a b c d e f “観衆2万、目前の惨事”. 朝日新聞(朝刊) (東京): pp. 19. (1974年8月12日) 
  11. ^ a b c d “スカイダイバー墜死 福井 パラシュート開かず”. 朝日新聞(朝刊) (東京): pp. 22. (1980年10月6日) 
  12. ^ a b c d e f 朝日新聞(夕刊) (東京): pp. 9. (1982年8月17日) 
  13. ^ a b “スカイダイブに失敗、墜死”. 朝日新聞朝刊 (東京): p. 23. (1982年11月1日) 
  14. ^ a b c “パラシュートの降下訓練 着地それ、川で水死”. 朝日新聞朝刊 (東京): p. 23. (1983年11月28日) 
  15. ^ a b c “地上30メートル「死の接触」 スカイダイビング男性墜落”. 読売新聞朝刊 (東京): p. 23. (1986年3月10日) 
  16. ^ “スカイダイビング「死の接触」 女子大生を書類送検”. 読売新聞朝刊 (東京): p. 22. (1986年10月7日) 
  17. ^ a b "Parachutist Dies When He Jumps Without a Chute", ロサンゼルスタイムズ, 1988年4月5日
  18. ^ “スカイダイビングの会社員、稲で命拾い”. 毎日新聞朝刊 (東京): p. 23. (1991年8月18日) 
  19. ^ a b “スカイダイビングに失敗、観客直撃し2人けが”. 毎日新聞朝刊 (大阪): p. 27. (1991年10月21日) 
  20. ^ a b c d e f g “落下1100メートル、でもカスリ傷”. 朝日新聞朝刊 (東京): p. 22. (1993年8月10日) 
  21. ^ “スカイダイビング中の会社員が落下事故でけが”. 朝日新聞朝刊 (栃木). (1997年7月22日) 
  22. ^ “スカイダイブ自衛官事故死 茨城・阿見”. 朝日新聞朝刊 (東京): p. 35. (1997年12月1日) 
  23. ^ “パラシュート開かず墜落死”. 朝日新聞朝刊 (東京): p. 34. (1999年10月25日) 
  24. ^ “地面に激突、会社員死亡”. 朝日新聞朝刊 (栃木): p. 27. (2000年5月1日) 
  25. ^ a b Philippines hijacker bails out”. BBC. 2015年1月12日閲覧。
  26. ^ a b c “スカイダイビングで地面に墜落、2女性重傷”. 朝日新聞朝刊 (埼玉): p. 25. (2001年5月5日) 
  27. ^ a b “予備のパラシュート開かず 連続トラブルか”. 朝日新聞朝刊 (埼玉): p. 29. (2004年1月12日) 
  28. ^ a b “オアフ島でスカイダイブの邦人女性死亡”. 毎日新聞朝刊 (東京): p. 27. (2006年1月8日) 
  29. ^ a b c d e 「「ご難続き」皇宮警察の困惑 ニュース・スピリッツ」『週刊朝日』第40巻第2号、朝日新聞社、2006年7月21日、 142頁。
  30. ^ a b “パラシュート失敗、38歳男性が墜落死/栃木・渡良瀬遊水地”. 読売新聞東京朝刊 (東京): p. 31. (2007年10月7日) 
  31. ^ a b c “桶川でスカイダイビング墜落、重体=埼玉”. 読売新聞朝刊 (埼玉南): p. 31. (2008年11月24日) 


「スカイダイビングの事故の一覧」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スカイダイビングの事故の一覧」の関連用語

スカイダイビングの事故の一覧のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スカイダイビングの事故の一覧のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスカイダイビングの事故の一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS