ふといとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 草木 > 太藺 > ふといの意味・解説 

ふと・い【太い】

読み方:ふとい

[形][文]ふと・し[ク]

棒状のものの径が大きい。周囲が大きい。また、肢体などに肉や脂肪ついている。「—・いパイプ」「首が—・い」⇔細い。

線状のものの幅が大きい。「—・い線」⇔細い。

声量豊かであるまた、低く重々しい声である。「—・い声」⇔細い。

大胆であるまた、落ち着いている。「神経が—・い」⇔細い。

横着である。ずうずうしい。「食い逃げとは—・い奴だ」「—・い了見

物事規模大きい。勢い盛んである。⇔細い。

苦心して—・くした身代を」〈木下尚江良人の自白

[補説] 動詞ふとしく」の誤用から生じたシク活用の例が近世以降認められる

埋もれ木のふとしきを掘り得れば」〈読・莠句冊

[派生] ふとさ[名]


ふと‐い〔‐ゐ〕【太×藺/×莞】

読み方:ふとい

カヤツリグサ科多年草池沼などに生える。は高さ1〜2メートル円柱状太く中空鱗片(りんぺん)状で、褐色帯びる。夏、黄褐色の穂をつける。おおい。おおいぐさ。まるすげ。《 夏》「放牧の馬あり沢に—あり/虚子


ふとい (太藺)

カヤツリグサのほかの用語一覧
ハリイ:  黒慈姑
ヒトモトススキ:  一本薄
ホタルイ:  三角藺  太藺  寒枯藺  油茅  浮き矢柄

Futoi

読み方:ふとい

  1. 多い。

分類 露店商

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ふとい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/25 16:06 UTC 版)

広島弁」の記事における「ふとい」の解説

大きいの意。「ぶちふといはめ(はみ)がおったで(とても大きマムシがいたよ)」(西部

※この「ふとい」の解説は、「広島弁」の解説の一部です。
「ふとい」を含む「広島弁」の記事については、「広島弁」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ふとい」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ふとい

出典:『Wiktionary』 (2019/05/15 21:21 UTC 版)

形容詞

ふといい】

  1. 胴回りおおきい肉付きがよく肥えている
  2. 幅や直径などが大きい。
  3. 声が低く大きい。
  4. 物事に動じない大胆である。
  5. 図々しいふてぶてしいとんでもない
  6. 金額大きい。金払い良い

活用

語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形 活用
ふと かろ かっ
けれ 口語

関連語

翻訳

名詞

ふとい】【

  1. イネ目カヤツリグサ科多年草

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「ふとい」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ふといと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ふといのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ふといのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2022 shu(^^). All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの広島弁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのふとい (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS