たまがわとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > たまがわの意味・解説 

たま‐がわ〔‐がは〕【多摩川/玉川】

読み方:たまがわ

[一]関東南部流れる川。秩父山地笠取山に源を発し東京都入り下流神奈川県との境を流れて東京湾に注ぐ。河口付近六郷(ろくごう)川ともいう。長さ138キロ東京の上水道水源古称調布(たつくり)の玉川

[二](多摩川)中塚一碧楼の第4句集昭和3年(1928)刊行


たま‐がわ〔‐がは〕【玉川】

読み方:たまがわ

[一]川の名全国に6か所あり、総称して六玉川(むたまがわ)という。宮城県塩釜市多賀城市流れる、野田の玉川東京都流れる、調布(たつくり)の玉川(多摩川)。滋賀県草津市流れる、野路の玉川京都府綴喜(つづき)郡を流れる、井手の玉川大阪府高槻市流れる、三島千鳥)の玉川。和歌山県高野山奥院付近流れる、高野(こうや)の玉川。[歌枕

[二]六玉川題材とする箏曲(そうきょく)・浄瑠璃などの題名、または通称


たま‐がわ〔‐がは〕【玉皮】

読み方:たまがわ

打ち上げ花火外殻多く紙製半球二つ合わせたもので、中に火薬詰める。

玉皮の画像

玉川(たまがわ)


玉川

読み方:たまかわ,たまがわ

  1. 花柳界にて水のことをいふ。〔花柳語〕
  2. 花柳界にて水のことをいふ。
  3. 水道水のことをいふ。
  4. を云ふ。往時江戸玉川上水より出たる語。
  5. をいふ。
  6. 花柳界水のこと。〔花柳界
  7. 水道東京水道玉川上水引き入れたのにはじまり、木道代名詞となる。〔花〕
  8. 花柳界水のことをいう。「玉川上水」より。

分類 せんぽ、花柳界花柳語、花/風俗

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「たまがわ」の関連用語

たまがわのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



たまがわのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
環境省環境省
Copyright © 2024 Kankyosho All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2024 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS