ランドクルーザーとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 乗り物 > > トヨタの車種 > ランドクルーザーの意味・解説 

ランドクルーザー

ランドクルーザー

 AX“GセレクションAX
車両型式重量性能
車両型式 
CBA-
UZJ200W-
GNAAK *1
車両重量kg
2,5002,460
車両総重量kg
2,9402,900
最小回転半径m
5.9
燃料消費率
10・15モード走行
国土交通省審査値)
km/L
6.6
主要燃費向上対策可変バルブタイミング
エンジン
型式2UZ-
FE
種類V型8気筒DOHC
使用燃料無鉛プレミアムガソリン
総排気量L
4.663
内径×行程mm
94.0×84.0
圧縮比10.0
最高出力ネットkWPS]/r.p.m.
212288]/5,400
最大トルクネットN・mkg・m]/r.p.m.
448[45.7]/3,400
燃料供給装置EFI電子制御式燃料噴射装置
燃料タンク容量L
93
寸法定員
全長mm
4,950
全幅mm
1,970
全高mm
1,880 *2
ホイールベースmm
2,850
トレッド
mm
1,640
mm
1,635
最低地上高mm
225
室内
mm
2,715
mm
1,640
mm
1,200
乗車定員
8
■ステアリング・サスペンション・ブレーキ・駆動方式
ステアリングラック&ピニオン
サスペンションダブルウィッシュボーン式独立懸架
トレーリングリンク車軸式
ブレーキベンチレーテッドディスク
駆動方式4輪駆動フルタイム4WD
トランスミッション変速比減速比
トランスミッションフレックスロックアップ付スーパーインテリジェント5速オートマチック<5 Super ECT
第1速3.520
第2速2.042
第3速1.400
第4速1.000
第5速0.716
後退3.224
減速比4.100
変速比1.000
2.618

*1 AX“Gセレクション”は車両型式末尾に−Gが付きます。
*2 HDDナビゲーション装着した場合は1,925mmとなります。
燃料消費率定められた試験条件のもとでの値です。お客様使用環境気象渋滞等)や運転方法急発進エアコン使用等)に応じて燃料消費率異なります。
(注:この情報2008年7月現在のものです)

ランドクルーザー

英語 Land cruiser

landcruiser結び付け、陸の巡洋艦を表す。

1951年8月にトヨタ・ジープ(BJ型)として送り出しクルマを、54年6月にランドクルーザーと名称変更し現在に至る。ジープという名称は、アメリカ・ウィルス社の商標判明改称した。BJ型のエンジン当初トラック用のガソリン仕様6気筒3878cc・95ps搭載

55年11月新設計のF型ガソリンエンジン(直6・3878cc、出力は105ps)を載せたFJ20系を発表BJ(ディーゼルエンジン搭載車)と併売した。FJ乗用車的で、2種類のホイールベースがあった。この20系山岳地帯の多い中南米諸国砂漠地帯中近東諸国東南アジアなどに輸出花形となった。トヨタにとって重要な存在だった。

60年初め一時期30系販売したが、8月にはFJ40系へとモデルチェンジエンジンF型後期タイプ使用。3タイプホイールベースをもち、ショートロング各種ボディも豊富だった。74年2月にはディーゼルエンジン車も登場した。B型直4・2977cc・85psエンジンを積んだBJ40系モデルで、第一次オイルショックということもあり、一般ユーザーに受けた。

80年8月、バンタイプをフルモデルチェンジ、FJ60に進化、より乗用車的になった。搭載エンジンは2F型直6・4230CCガソリンと、3B直4・3431ccディーゼル2種

84年11月40系24年ぶりにモデルチェンジ、FJ70系となった。当初3B直4・4230ccディーゼルエンジン搭載85年10月70系ショートボディに、ターボ付きディーゼルの2L-T型直4・2446ccエンジンを積んだ、SX5というクルマデビューした。サスペンションベース車のリーフスプリングタイプに変えて、新設計のコイルスプリングを4輪に採用乗り心地悪路走破性を高めた。のちのプラド1号車ともいうべきワゴン誕生だった。同時期、60系にも新開発の12H-T型直6・3980ccディーゼルターボエンジンを搭載したVXグレードをバリエーションアップ。60系一部車種日本初デフロック機構オプション設定した。

88年8月、もっとも大型60系に、3ナンバー登録のワゴンVX追加した。エンジンガソリンの3F-E型直6・3955ccを搭載ミッションは2ウェイOD付き4速ATだけ。折りたたみができる3列めシート持ち定員は8名。

89年10月60系ロングボディのフルモデルチェンジがあり、一回り大きくなって80系へとステップアップした。エンジンバン系がディーゼルの直6・4163cc自然吸気(NA)とターボ、ワゴンタイプには既存ガソリン3F-E型を継続した。4WDベベルギヤセンターデフを持つフルタイム方式サスペンションリーフスプリングから、前リーディングアーム式リジッド/後トレーリングアーム式3リンクヘと変わった

90年4月70系マイナーチェンジし、2ドア車だけだったこのシリーズ4ドア車を追加ワゴン型はプラドというサブネームが付いて独立した。エンジンはディーゼルターボ2L-TE型2.5Lを積み、4速ECT組み合わせた。パートタイム4WD仕様。5人乗りと8人乗りがあり、4ドアの3列シートリクライニング折りたたみができた。

92年8月には、80系ワゴンエンジンガソリン直6・OHV・4Lからガソリン直6・DOHC24バルブ・4.5Lに載せ替えた。70プラド系にはワイドが新登場。両モデルにサイドドアビーム、ハイマウントストップランプシートベルト装着警告灯などが標準装備となった。

70系プラド93年5月マイナーチェンジ、ディーゼルターボエンジンを従来の2.5Lから3Lに変えた。80系マイナーチェンジもあり、新色ボディカラーバリエーション追加があった。その後マイナーチェンジ続け全体として乗用車化が進んだ。

96年5月フルモデルチェンジプラドとして2世代目に入った。3ドア・ショート、5ドア・ロングとも、従来型よりホイールベース延長標準型とワイドの各寸法拡大し、5ナンバーサイズはなくなった。3ドアは丸型、5ドアは角型ヘッドランプで顔を変えた。エンジン新たにV6DOHC24バルブ・3.4Lのガソリン採用従来からの3Lディーゼルターボにはインタークーラー装着した。4WDシステムセンターデフロック付きフルタイム方式変わったサスペンションも前ダブルウイッシュボーン/後ラテラルロッド付き5リンクに改めた。

97年4月プラド直4DOHC・2.7Lのガソリンエンジン追加5ドア車のサードシートを脱着可能タイプにした。2000年7月には、3Lのディーゼルターボエンジンを一斉に直噴変更、低燃費化と振動騒音大幅減をはかった。エンジンイモビライザーシステムの採用もあった。一方80系ワゴン98年1月フルモデルチェンジ100系生まれ変わった。高級化が顕著であり、大型化もした。エンジン新開発V8・4.7Lを搭載8ナンバー登録のキャンパー・アクティブバケーションも設定99年1月、さらに高級なシグナス100系追加ヘッドランプ形状異なった。本革シート、ウォルナットパネルなどが標準で付いた。6月には、アクティブTRCというデバイスや、車両安定制御VSC採用して走破性を高めモデル(オプション)が登場し、2000年5月にははっドアガラス、ワイヤレスリモコン・ドアロック、エンジンイモビライザーシステムの採用など、装備充実をはかった。

2002年8月100系マイナーチェンジがあり、内外装のリファイン同時にミッションを4速ATからスーパーインテリジェント5速ATにチェンジしたほか、ギヤ比可変ステアリングシステムの採用ナイトビジョンオプション設定などプレステージ性を高め改良施した。

2002年10月プラドが新モデル移行3ドア/5ドアボディに、V6・3.4L、直4・2.7L、3L直噴ディーゼルターボエンジン搭載という組み合わせ従来型と変わらないが、ボディ寸法拡大した。ホイールベースで85mm~115mm、全長25mm~85mm、全幅55mm大きくなり、もちろんトレッドも65mm~70mm広がったことで、居住性乗降性アップした。新し技術としては、センターデフ新開発トルセンLSDや高度な登坂制御を行うアクティブTRCさらにはH∞-TEMSとリヤ電子制御エアサスペンション採用することで、走行性能快適性が高まった。車種3ドア・5人乗りRXRZの2グレード5ドア・8人乗りTXTZ、TZGセレクションがあり、TXには5人乗り設定もある。

なお、プラド(Prado)とはボルトガル語で平原の意。シグナス(Cygnus)は白鳥座を意味する。

ランドクルーザー

ランドクルーザー_2

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

トヨタ・ランドクルーザー

(ランドクルーザー から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/07 15:38 UTC 版)

ランドクルーザーLAND CRUISER)は、トヨタ自動車が製造する最上級モデルの大型クロスカントリー車である。日本では「ランクル」と通称される[注釈 1]




  1. ^ [1]
  2. ^ 1955年1月登場・命名の「クラウン」の62年4か月、1954年登場・1956年7月命名の「トヨエース」の60年10か月よりも古い。
  3. ^ LEXUS、フラッグシップSUV「LX」を新発売 ―LEXUS SUVラインアップの頂点LX570を日本導入― - トヨタ自動車プレスリリース(Aug. 20, 2015版 / 2015年9月30日閲覧)
  4. ^ a b c TOYOTA、ランドクルーザー“70”シリーズ誕生30周年を記念し、期間限定発売 -同時にランドクルーザー、ランドクルーザープラドに特別仕様車を設定- - トヨタ自動車 ニュースリリース 2014年8月25日
  5. ^ a b 文章で読む75年の歩み 第1部 第2章 第5節 戦時下の研究と生産 第8項 各種自動車の試作 - トヨタ自動車75年史。
  6. ^ 日本国内でも200系へのディーゼルエンジンの導入を熱望する声は多いものの、コストなどの関係から見送られている。
  7. ^ “TOYOTA、ランドクルーザーをマイナーチェンジ” (プレスリリース), トヨタ自動車株式会社, (2015年8月17日), http://newsroom.toyota.co.jp/en/detail/9025707 2015年8月17日閲覧。 
  8. ^ JNCAP|予防安全アセスメント|試験車種一覧(すべて) - 独立行政法人 自動車事故対策機構(JNCAP)
  9. ^ “TOYOTA、トヨタ店創立70周年記念の特別仕様車を発売 -クラウン、ランドクルーザー、ランドクルーザープラドに設定-” (プレスリリース), トヨタ自動車株式会社, (2016年8月29日), http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/13295732 2016年8月29日閲覧。 
  10. ^ “TOYOTA、ランドクルーザーを一部改良” (プレスリリース), トヨタ自動車株式会社, (2017年7月20日), http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/17831166 2017年7月20日閲覧。 
[ヘルプ]
  1. ^ トヨタ自身もWeb広告に「ランクルなら辿り着ける世界がある。(2014〜15年)」、「ランクル史上最高傑作(プラド、2016年)」と言うキャッチコピーを使用しており、半ば公式略称の様相を呈している。
  2. ^ 主に業務用途と言う表現は、ピックアップトラックを有すること、及び、バンタイプのバックドアに上下開きが存在しないことをその理由とする。また、70ヘビー系、70ライト系の表現は、70プラドが存在していた1990年代のトヨタ新型車解説書の表記に基づいている。
  3. ^ ただし、日本国内向けにおいては、2002年(平成14年)以降、排出ガス規制の強化に伴ってガソリンエンジン車が販売の主軸となり、70系は国内販売を終了、200系の日本国内向けにもディーゼルエンジンは設定されていない。
  4. ^ 車両総重量3.5トン以下の小型貨物自動車及び乗用自動車等に対し「追突時突入防止装置」の装着が必要。
  5. ^ ただし、L型エンジンはこの時点でハイエース バン・トラックタウンエース バン・トラックダイナ/トヨエースなどトヨタの商用車に幅広く使われている。トヨタのワンボックスバンやトラックは建設関連の業者に多用されたため、特に4WDモデルはSUVほどではないものの、充分な頑丈さとある程度の不整地走破能力が求められた。
  6. ^ A343Fは、乗用車的な使われ方をし、走行距離に比して発進・停止頻度の少ない北米の交通事情にマッチしたもので、米国製SUVのATの仕様も大同小異であり、耐久性に遜色はない。これに対してA442Fは、長距離のオフロード走行や業務用途、架装による車両総重量の増加をも視野に入れた設計である。
  7. ^ 『90年代国産車のすべて』三栄書房 46頁参照。







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ランドクルーザー」の関連用語

ランドクルーザーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ステアリングセンサー

クイックデリバリー200

S2000

タウンエース バン

スロットル

クラウン アスリート

ステッピングモーター

センチュリー


自動車メーカー一覧
トヨタの車種一覧

 ALLION

 ALPHARD

 auris

 AVENSIS SEDAN

 AVENSIS WAGON

 bB

 BELTA

 BLADE

 CAMRY

 Century

 COASTER

 COMFORT

 COROLLA Axio

 COROLLA FIELDER

 COROLLA RUMION

 CROWN ATHLETE

 CROWN COMFORT

 CROWN HYBRID

 CROWN MAJESTA

 CROWN ROYAL

 CROWN SEDAN

 ESTIMA

 HARREIER HYBRID

 harrier

 HILUX SURF

 IPSUM

 ISIS

 ist

 LAND CRUISER

 LAND CRUISER PRADO

 LITE ACE TRUCK

 LITE ACE VAN

 MARKX

 MARKX ZiO

 NOAH

 PASSO

 Porte

 PREMIO

 PRIUS

 Probox VAN

 Probox WAGON

 QUICKDELIVERY200

 RACTIS

 RAUM

 RAV4

 RUSH

 SIENTA

 SUCCEED VAN

 SUCCEED WAGON

 TOWN ACE TRUCK

 TOWN ACE VAN

 VANGUARD

 VELLFIRE

 Vitz

 VOXY

 WISH

 アイシス

 アベンシス セダン

 アベンシス ワゴン

 アリオン

 アルファード

 イスト

 イプサム

 ウィッシュ

 ヴァンガード

 ヴィッツ

 ヴェルファイア

 ヴォクシー

 エスティマ

 エスティマハイブリッド

 オーリス

 カムリ

 カローラ アクシオ

 カローラ フィールダー

 カローラ ルミオン

 クイックデリバリー200

 クラウン アスリート

 クラウン セダン

 クラウン ハイブリッド

 クラウン マジェスタ

 クラウン ロイヤルサルーン

 クラウンコンフォート

 コンフォート

 コースター

 サクシード バン

 サクシード ワゴン

 シエンタ

 センチュリー

 タウンエース トラック

 タウンエース バン

 ノア

 ハイラックス サーフ

 ハリアー

 ハリアー ハイブリッド

 パッソ

 プリウス

 プレミオ

 プロボックス バン

 プロボックス ワゴン

 ポルテ

 ビービー

 ブレイド

 ベルタ

 マークX

 マークX ジオ

 ライトエース トラック

 ライトエース バン

 ラウム

 ラクティス

 ラッシュ

 ランドクルーザー

 ランドクルーザー プラド




ランドクルーザーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
TOYOTATOYOTA
©1995-2017 TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトヨタ・ランドクルーザー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS