月が導く異世界道中 設定・用語

月が導く異世界道中

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/06 14:22 UTC 版)

設定・用語

国・地域

魔族支配領域、四大国、地の果ては日本の本州から九州に類似した形を持つ。 ただし、瀬戸内海はほぼ山脈を形成し、地の果てである九州は南部はどこまで続くか確認が取れていない。

亜空
真と巴の契約で生じた領域で世界とは別の空間。最初に、ハイランドオーク、エルダードワーフ、ミスティオリザード、アルケーが住人となる。真の魔力の増大で領域が拡がり、真やエマの許可で入居する種族は増加中。真か巴の意思で出入りは可能で、この世界の女神(程度)では存在さえわからない。亜空での品物をそのまま直接外部に売る場合のリスクを考え、クズノハ商会で扱う品物の認知度を上げる目的で定期的に部外者を迷わせるように呼び込んで土産を持たせて印象を広める「蜃気楼都市」としての活動を行っている。
緊急避難で呼び込んだヒューマンが事故を起こしてからは隔離した区画内に来訪者を呼び込む形になり、接触する者も一定以上の実力者のみに限定した。
スサノオ、大黒天、アテナの3柱は自力でこの亜空に入り、真と友好的に話し歓待を受ける。
魔族支配領域
東北地方北部辺りに該当し、極寒で作物が育たない地域[注釈 30]。この地域から脱する為に、女神が眠っていたことでヒューマンへの加護が無くなった事を活かし侵攻を開始する。当時五大国の1つで、最も女神への信仰の篤かった国とその衛星国家を滅ぼし、その半分の地域を支配下に入れる。魔王は統治を優先するためにそれ以降は侵攻をせず、外交(対亜人)・諜報を主体とした活動を行っている。10年ぶりに女神が目覚め、慌てて勇者を召喚した事の対策として、女神の加護を無効にする使い捨ての技術を開発し再侵攻を開始する。
リミア王国
東北地方日本海側南部から北陸に位置する。四大国のひとつで、勇者響を擁する四大国の上位国。王はもちろん宰相等も世襲制で、国家の運営は無能な者が行なっているのが現状。勇者響の近くで接する者はその影響で、王、王子、ホープレイズ家次男イルムガンドなどは、その現状を打破した国作りの必要性を認識し行動しつつある。
グリトニア帝国
東北地方太平洋側南部から関東・東海に位置する。四大国のひとつで、勇者智樹を擁する四大国の上位国。後述の宗教国家・エリュシオンの滅亡から女神の存在に疑念を抱いており[注釈 31]、リリ皇女が主体となって人体実験を行い、それは勇者智樹にさえ及んでいる。
アイオン王国
北陸・近畿北部・中国地方に位置する。四大国のひとつで、国外へ赴く商人を諜報に積極的に利用する国。真が最初に訪れた大きな街ツィーゲもアイオン王国に所属していた。諜報に使われる事を嫌った真は、ツィーゲに店を構えるのではなくレンブラント商会に間借りした。
ローレル連邦
東海・近畿南部・四国に位置する。四大国のひとつで、四大国では唯一連邦国家であり巫女が統一の要。過去において日本人が「賢人」として国の重要な部分を担っている。氏名の多くが日本人的な名前であるが、「賢人文字」と呼ばれる漢字は国の極限られた上位の者しか知られていない。
ロッツガルト
四大国に対し均等になる外交を持つ独立した学園都市。学園の卒業生が各国で重要な戦力として招かれる(就職)為、学生はエリートとして扱われるが、真が感じる学生達の実力は荒野の冒険者や亜人たち比べに大きく劣るものでしかない。
エリュシオン
東北地方北部にかつて存在した五大国の一つ。女神への敬虔の篤い宗教国家。女神の睡眠により加護が失われた10年前に、魔族の侵攻により滅亡。主要地域は魔族に占領される。
ケリュネオン
エリュシオンを宗主国とした属国のひとつ。魔族軍の前進基地として「ステラ砦」が設置されていたが亜空勢によって陥落し、国家として再建が始まる。
地の果て(荒野)
九州に位置する。その北部は荒野と呼ばれ、冒険者が集い一攫千金の魔物討伐、資材収集の機会が多い為、冒険者のレベルが高い事は各国に伝わっている。冒険者ギルドに寄せられる仕事は過剰で、成功率は低く失敗により失われる命も多い。ツィーゲより3つ目の街・絶野は巴、澪の二人により壊滅したが、荒野の危険さを知る者にとってそれは不自然な事とは思われていない。ヒューマンによる迫害、搾取を避ける為、不毛な地にも拘らず荒野に敢えて住居・村落を構える亜人も少なくなかったが、生活する場としては苦しい場所であり、亜空への移住は喜んで従う者が多い。南部はヒューマンはおろか亜人もほとんどおらずどれだけ広大か不明の地域。

言語

共通語
ヒューマンたちが使用する言語。学習することで巴や澪を始め亜人にも使える者が存在する。ただし、ヒューマンの場合は生誕後に神殿に詣でるうちに話せるようになる。このことを聞いた真からは「語学じゃない」と言われた。当然ながら話せるようになる際の個人差も「女神の贔屓」によるもの。
理解
女神が真にダメ出しをして世界の果てに放逐する際に「お情け」で与えた能力。「ヒューマンの使う共通語以外の言語」を文字通り理解し、ヒューマン以外の種族となら問題なく意志疎通を行える。各種魔術言語も日常会話レベルで使えるほか、亜人のみならず魔獣の類とも会話できる。
真は共通語の読み書きまでは習得したが発音だけはできなかったため、言霊の極みを得るまで共通語は「筆談(魔術で空中に文字を書く)」でコミュニケーションを取っていた。
言霊の極み
王国、帝国の両首都を襲撃した魔族軍から「勇者を助けろ」と女神から命じられた際に「共通語が通じるようにしろ」と取引して与えられた。
大黒天曰く、本来は限られた聖人にのみ与えられる「悟り」に相当する物で、本来は俗人に与えられる物ではないが、女神は一部を削除することで真に押し込んだ。与えられた時点でも真の受け入れることのできる限界ギリギリの容量だったが魔力容量を増やすことで解決可能とのこと。
コモンチャント
一般に知られる魔術詠唱言語。下位の古代言語で習得することは比較的容易だが、魔力を1で済むのに10消費しているなど効率はかなり悪い。漫画版では呪文内容にも具体性の欠如や無駄な重複があるほか、精霊に働きかけるこの世界の魔術には無関係な女神に対する余計な修飾・賛美の言葉が多い。
ノーブルチャント
攻撃魔術特化言語。扱える者は学園都市でも稀で、使える冒険者は一流の魔術者とされる。
グラフチャント
コモンチャントの上位汎用言語。扱える者は学園都市でも稀で、使える冒険者は一流の魔術者とされる。
ウェアードチャント
ノーブルチャント、グラフチャントよりも上位の古の詠唱言語であるが失われた部分が多く、ロッツガルトで分かる者はいない。ごく限られた研究者以外では、ミスティオリザードが使っているくらい。
フォルカチャント
コモンチャントが使える者ならば詠唱可能で、ウェアードチャントより少し上位と言える。ただし、一度使うと以後女神の祝福を一切失う禁忌の言語である。
ロストチャント
威力は高く詠唱時間も短いが、魔力消耗が激しく継承が難しかった。これの劣化版[注釈 32]をエマは使用し、真はこれのオリジナルに近いものを改造して使っている。エマも逆に真からオリジナルに近いもの教わり使い始めた。

  1. ^ 日本基準では十人並。
  2. ^ しかもこの時既に、自分の好みの顔を持った者数名を独断で勇者として召喚した後であり、真に対しては「保険を掛けといてよかったわ」と嘲笑したうえ、禁じた時に「汚い種をまき散らすんじゃねぇぞ」と破った際には本気で殺すという脅しまでかけた。
  3. ^ 遥か天空から落ちていくよう叩き出し、配下のニンフたちに「徹底的に洗浄しときなさい! また湧いてきたらたまんないわ!」と忌々しく吐き捨てている。
  4. ^ 月読命も女神の我儘と増長まで読み切れなかったことを後悔し、真へのあまりの仕打ちに苦々しく感じていた。
  5. ^ 月読曰く、元の世界では「深海の底」か「灼熱の溶岩の中」という不毛な環境で暮らしていたようなもの。
  6. ^ 所謂普通の容姿以下では醜いというのが、作品世界での美的判断基準。
  7. ^ 魔力を感知できるヒューマンからは、魔王が列をなしてきた様な脅威に見られる。
  8. ^ 多数決で決定。
  9. ^ 適性は水・闇・火・土・雷の順で高い。
  10. ^ RPGでいえば、ほぼカンスト寸前のレベルで最弱モンスターと戦っても経験値が溜まらないということ。
  11. ^ 巴曰く、稀に「死の淵を臨んで生き返る」といった臨死体験をした者が魔力を増大させた例がある。
  12. ^ 真を慕う亜人たちからも「容姿自体は異世界におけるヒューマンの基準からは外れている(曰く、かろうじてヒューマン種)」と認識されてはいる。
  13. ^ 最終的に、魔力を使用した文字会話に落ち着く
  14. ^ この時はまだ巴の名はない。
  15. ^ アニメ版ではもっと沢山いる。
  16. ^ 加護を与えられた側は1ランクアップし、相手側は1ランクダウンと、数が互角だったとしても「3倍の戦力差」になる。
  17. ^ 獣人といえるレベルの種族はともかく、大抵の種族はヒューマンにはない意匠(耳の形や肌の色、角や尻尾など)を備えているというだけで真視点で見れば十分以上に整っている。
  18. ^ 本来、容姿と人間性は無関係ではあるが、なまじ整った容姿だけに下種な悪人は尚更憎たらしく見える。なお、この世界の人間は自分たちが美形だという認識はないが、前述の通り自分たちの基準以下は醜いと認識している。
  19. ^ しかも、召喚時はかなりの超高度から真を落としている(ろくな加護の無い真だと、身体能力は強化されてもかなり危険)上に、地面に激突して死んでくれるのならそれに越した事は無いと言わんばかりの言動まで見せており、事態を知った月読が助けなければ、かなり危うかった。
  20. ^ エルドワと巴に略して呼称される。
  21. ^ 当時巴の名は付けられていない。
  22. ^ 書籍化の際に行き違いで正確な読みが伝わっておらず、書籍3巻では「しんき」とルビが振られている。
  23. ^ 真たちクズノハ商会メンバーの実力(戦闘力)から、これまでの既得権益全てを叩き壊す代わりに心置きなく商取引が可能になることを夢見ている。
  24. ^ 妹のルリアと共に、共和政期の始祖として後世にまで語られる事が確定事項となっている。
  25. ^ 真に会うことはなかった。
  26. ^ これは父親からモデルを含めた業界は甘くないと釘を刺されていたのを真に受けて、周囲が「自分の才能に負けておもねってきた」のを仕事を都合した親に対するものと勘違いしていたため。
  27. ^ 友人の意中の相手に告白されるが断っており、元々勉強に対して熱意がなく、友人との交遊を優先して成績が低下しているのを「自分に合わせて手を抜いている」と思われていた。
  28. ^ 薬物や宗教による奴隷化している人物に近い。その後、魅了は掛かった相手から更に多くのヒューマンに伝播していく伝染病に近い代物に進化している。
  29. ^ テレビアニメのエンディングクレジットでは御剣で表記されている。
  30. ^ 北海道があるかどうかは不明。
  31. ^ 前述の通り、例え道理の通った側でも女神の加護を得られるわけではないことから、女神には何らかの「偏った基準」が存在し、それはヒューマンにとって利益になるとは限らないと気づいている。
  32. ^ 威力は減少するが消耗も軽減。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「月が導く異世界道中」の関連用語

月が導く異世界道中のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



月が導く異世界道中のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの月が導く異世界道中 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS