UnicodeCategory 列挙体とは?

UnicodeCategory 列挙体

文字Unicode カテゴリを定義します。

名前空間: System.Globalization
アセンブリ: mscorlib (mscorlib.dll 内)
構文構文

メンバメンバ
 メンバ説明
.NET Compact Framework によるサポートClosePunctuation文字が、かっこ、角かっこ、中かっこなどの区切り記号ペア終了文字であることを示します。Unicode表記 "Pe" (punctuation, close) によって指定します。値は 21 です。 
.NET Compact Framework によるサポートConnectorPunctuation文字が、2 つの文字接続する接続区切り記号であることを示します。Unicode表記 "Pc" (punctuation, connector) によって指定します。値は 18 です。 
.NET Compact Framework によるサポートControl文字が制御コードであることを示します。その Unicode 値は、U+007F であるか、U+0000 から U+001F または U+0080 から U+009F の範囲です。Unicode表記 "Cc" (other, control) によって指定します。値は 14 です。 
.NET Compact Framework によるサポートCurrencySymbol文字が通貨記号であることを示します。Unicode表記 "Sc" (symbol, currency) によって指定します。値は 26 です。 
.NET Compact Framework によるサポートDashPunctuation文字がダッシュまたはハイフンであることを示します。Unicode表記 "Pd" (punctuation, dash) によって指定します。値は 19 です。 
.NET Compact Framework によるサポートDecimalDigitNumber文字が 0 から 9 の範囲10 進数数字であることを示します。Unicode表記 "Nd" (number, decimal digit) によって指定します。値は 8 です。 
.NET Compact Framework によるサポートEnclosingMark文字が囲み記号であることを示します。これは、基本文字まで (基本文字を含む) のすべての先行文字を囲む非スペーシング組み合わせ文字です。Unicode表記 "Me" (mark, enclosing) によって指定します。値は 7 です。 
.NET Compact Framework によるサポートFinalQuotePunctuation文字が終了引用符または最後引用符であることを示します。Unicode表記 "Pf" (punctuation, final quote) によって指定します。値は 23 です。 
.NET Compact Framework によるサポートFormat文字が形式指定文字であることを示します。これは、通常表示されませんが、テキストレイアウトまたはテキスト処理の動作影響与え文字です。Unicode表記 "Cf" (other, format) によって指定します。値は 15 です。 
.NET Compact Framework によるサポートInitialQuotePunctuation文字が開始引用符または最初引用符であることを示します。Unicode表記 "Pi" (punctuation, initial quote) によって指定します。値は 22 です。 
.NET Compact Framework によるサポートLetterNumber数字の 5 がローマ数字では "V" となるように、文字が 10 進数数字ではなく文字によって表される数値であることを示します。Unicode表記 "Nl" (number, letter) によって指定します。値は 9 です。 
.NET Compact Framework によるサポートLineSeparator文字がテキストの行を区切るために使用されることを示します。Unicode表記 "Zl" (separator, line) によって指定します。値は 12 です。 
.NET Compact Framework によるサポートLowercaseLetter文字が小文字であることを示します。Unicode表記 "Ll" (letter, lowercase) によって指定します。値は 1 です。 
.NET Compact Framework によるサポートMathSymbol文字が、"+" または "=" などの算術記号であることを示します。Unicode表記 "Sm" (symbol, math) によって指定します。値は 25 です。 
.NET Compact Framework によるサポートModifierLetter文字が修飾子文字であることを示します。これは、先行文字修飾を示すフリースタンディング スペーシング文字です。Unicode表記 "Lm" (letter, modifier) によって指定します。値は 3 です。 
.NET Compact Framework によるサポートModifierSymbol文字が修飾子記号であることを示します。これは、囲んでいる文字修飾示します。たとえば、分数スラッシュは、左側数値分子で、右側数値分母であることを示します。Unicode表記 "Sk" (symbol, modifier) によって指定します。値は 27 です。 
.NET Compact Framework によるサポートNonSpacingMark文字が基本文字修飾を示す非スペーシング文字であることを示します。Unicode表記 "Mn" (mark, nonspacing) によって指定します。値は 5 です。 
.NET Compact Framework によるサポートOpenPunctuation文字が、かっこ、角かっこ、中かっこなどの区切り記号ペア開始文字であることを示します。Unicode表記 "Ps" (punctuation, open) によって指定します。値は 20 です。 
.NET Compact Framework によるサポートOtherLetter文字が大文字小文字タイトル文字、または修飾子文字以外の文字であることを示します。Unicode表記 "Lo" (letter, other) によって指定します。値は 4 です。 
.NET Compact Framework によるサポートOtherNotAssigned文字が Unicode カテゴリ割り当てられていないことを示します。Unicode表記 "Cn" (other, not assigned) によって指定します。値は 29 です。 
.NET Compact Framework によるサポートOtherNumber文字が分数の 1/2 のように、10 進数数字でも文字数字でもない数値であることを示します。Unicode表記 "No" (number, other) によって指定します。値は 10 です。 
.NET Compact Framework によるサポートOtherPunctuation文字が接続区切り文字ダッシュ区切り文字開始区切り文字終了区切り文字最初引用区切り文字、または最後引用区切り文字以外の区切り文字であることを示します。Unicode表記 "Po" (punctuation, other) によって指定します。値は 24 です。 
.NET Compact Framework によるサポートOtherSymbol文字が算術記号通貨記号、または修飾子記号以外の記号であることを示します。Unicode表記 "So" (symbol, other) によって指定します。値は 28 です。 
.NET Compact Framework によるサポートParagraphSeparator文字が段落区切るために使用されることを示します。Unicode表記 "Zp" (separator, paragraph) によって指定します。値は 13 です。 
.NET Compact Framework によるサポートPrivateUse文字がプライベート文字であることを示します。その Unicode 値は、U+E000 から U+F8FF の範囲です。Unicode表記 "Co" (other, private use) によって指定します。値は 17 です。 
.NET Compact Framework によるサポートSpaceSeparator文字が制御文字または形式指定文字以外のグリフのない空白文字であることを示します。Unicode表記 "Zs" (separator, space) によって指定します。値は 11 です。 
.NET Compact Framework によるサポートSpacingCombiningMark文字がスペーシング文字であることを示します。これは、基本文字修飾示し、その基本文字グリフの幅に影響与えます。Unicode表記 "Mc" (mark, spacing combining) によって指定します。値は 6 です。 
.NET Compact Framework によるサポートSurrogate文字が上位サロゲートまたは下位サロゲートであることを示します。サロゲート コード値は、U+D800 から U+DFFF の範囲です。Unicode表記 "Cs" (other, surrogate) によって指定します。値は 16 です。 
.NET Compact Framework によるサポートTitlecaseLetter文字がタイトル文字であることを示します。Unicode表記 "Lt" (letter, titlecase) によって指定します。値は 2 です。 
.NET Compact Framework によるサポートUppercaseLetter文字が大文字であることを示します。Unicode表記 "Lu" (letter, uppercase) によって指定します。値は 0 です。 
解説解説

Unicode Standard は、次のことを定義しています。

サロゲート ペアとは、2 つのコード単位からなる単一抽象文字を表すコード化文字表現です。ペア最初単位上位サロゲート、2 番目の単位下位サロゲートとなります。上位サロゲートは U+D800 ~ U+DBFF の範囲Unicode コード ポイントであり、下位サロゲートは U+DC00 ~ U+DFFF の範囲Unicode コード ポイントです。

組み合わせ文字シーケンスとは、1 つ基本文字1 つ上の組み合わせ文字組み合わせです。サロゲート ペアは、基本文字または組み合わせ文字を表すことができます組み合わせ文字は、スペーシングまたは非スペーシングのいずれかにできます。スペーシング組み合わせ文字は、表示されるときにそれ自体余白位置占めます。これに対して、非スペーシング組み合わせ文字は、余白占めません。発音区別符は、非スペーシング組み合わせ文字一例です。

修飾子文字とは、組み合わせ文字のように、先行文字修飾を示すフリースタンディング スペーシング文字です。

囲み記号とは、基本文字まで (基本文字を含む) のすべての先行文字を囲む非スペーシング組み合わせ文字です。

形式指定文字とは、通常表示されませんが、テキストレイアウトまたはテキスト処理の動作影響与え文字です。

Unicode Standard は、各種区切り記号を定義しています。たとえば、ハイフンには、U+002D (ハイフン - マイナス)、U+00AD (ソフト ハイフン)、U+2010 (ハイフン)、または U+2011 (改行なしハイフン) のように、ハイフンを表す複数コード値のいずれか使用できますダッシュ空白文字、および引用符についても同様です。

Unicode Standard は、U+0030 (ゼロ) および U+0660 (アラビアインドゼロ) のように、特定の文字または言語固有10 進数表現にもコード割り当てています。

この列挙体は、Unicode Standard, Version 3.1 に基づいています。

詳細については、http://www.unicode.org の「Unicode Standard」を参照してください

この列挙体は、IsUpper などの Char メソッドサポートするために使用します。

プラットフォームプラットフォーム
バージョン情報バージョン情報
参照参照
関連項目
System.Globalization 名前空間
System.Text.UnicodeEncoding


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「UnicodeCategory 列挙体」の関連用語

UnicodeCategory 列挙体のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



UnicodeCategory 列挙体のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本マイクロソフト株式会社日本マイクロソフト株式会社
© 2020 Microsoft.All rights reserved.

©2020 Weblio RSS