MG-Mとは? わかりやすく解説

エム‐ジー‐エム【MGM】


Epix

(MG-M から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/13 08:52 UTC 版)

MGM+
所有者Metro-Goldwyn-Mayer
(Amazon MGM Studios)
United States
言語
  • English
  • Spanish (as SAP option)
本社New York City, New York

MGM+は、メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)の子会社であるエピックス・エンターテインメントが所有するアメリカのプレミアムケーブルおよび衛星テレビネットワーク[1][2][3]。 主な放送内容は、新旧の劇場公開映画、オリジナルテレビシリーズ、ドキュメンタリー、音楽・コメディ特番である。

脚注

  1. ^ Cynthia Littleton (2016年7月1日). “John Malone's Interests in Starz and Lionsgate Finally Aligned”. 2017年12月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月9日閲覧。
  2. ^ David Goetzl (2008年12月12日). “New Pay TV Channel Picks Epix, Brand Will Rival HBO, Showtime”. MediaPost Communications. オリジナルの2018年11月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181116075903/https://www.mediapost.com/publications/article/96593/new-pay-tv-channel-picks-epix-brand-will-rival-hb.html 2012年7月18日閲覧。 
  3. ^ Peter Martin (2009年6月9日). “Epix To Give (Some of) You Movies Before They Hit DVD for Free”. AOL. オリジナルの2012年5月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120523182711/http://blog.moviefone.com/2009/06/09/epix-to-give-some-of-you-movies-before-they-hit-dvd-for-free/ 2012年7月18日閲覧。 

メトロ・ゴールドウィン・メイヤー

(MG-M から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/07/02 04:15 UTC 版)

メトロ・ゴールドウィン・メイヤー・スタジオ: Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc.MGM)は、アメリカ合衆国エンタテインメント企業で、主に長編映画やテレビ番組の製作・配給を行っている。現存するアメリカの老舗映画スタジオの一つであり、本社はカリフォルニア州ビバリーヒルズにある。


注釈

  1. ^ 配給部門における劇場映画の運用開始は2023年11月全米公開の『Saltburn英語版』から。
  2. ^ 一方で、2023年9月配信公開の『私がケーキを焼く理由』以降のAmazonオリジナル映画では、オープニング・クロージングのロゴ表記が「AMAZON STUDIOS」もしくは「AMAZON ORIGINAL」から、MGMの「レオ・ザ・ライオン」に変わり、ロゴの下に「AN AMAZON COMPANY」のバイラインが付記されている(『Saltburn』以降の劇場作品も同様。)。
  3. ^ 北米での配給は20世紀フォックスが担当。
  4. ^ 日本国内ではAmazon Prime Videoで2023年8月30日より配信公開。
  5. ^ 日本国内ではAmazon Prime Videoで2023年4月7日より配信公開。
  6. ^ 日本国内ではAmazon Prime Videoで2023年10月20日より配信公開。
  7. ^ 日本国内ではAmazon Prime Videoで2024年1月1日より配信公開。
  8. ^ 日本国内ではAmazon Prime Videoで2023年10月13日より配信公開。
  9. ^ 日本国内ではAmazon Prime Videoで2023年12月22日より配信公開。
  10. ^ 日本国内ではAmazon Prime Videoで2024年3月28日より配信公開。
  11. ^ 日本国内ではAmazon Prime Videoで2024年1月26日より配信公開。
  12. ^ 2020年5月にウォルト・ディズニー・ジャパン(「20世紀スタジオ ホーム エンターテイメント」レーベル)へ発売・販売元を変更。
  13. ^ ただし、ユナイト作品『ラストタンゴ・イン・パリ』(1972年)はビデオマーケットのみの配信が行われているため、引き続きウォルト・ディズニー・ジャパンが担当している。
  14. ^ 2024年5月1日より、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントがビデオグラム化権を保有するすべての作品の映像パッケージの制作及び販売をハピネット(ハピネット・メディアマーケティング)に移管したため[13][14]、ソニー他、投資家グループが買収した2005年 - 2015年の間、一部の作品においてはソニー・ピクチャーズ エンタテインメントから発売・販売されることはなかった。

出典

  1. ^ Scott Eyman (2005). Lion of Hollywood. Internet Archive. Simon & Schuster. ISBN 978-0-7432-0481-1. https://archive.org/details/lionofhollywoodl00eyma 
  2. ^ a b Amazonが映画製作MGM買収 9200億円、動画配信強化(写真=ロイター)”. 日本経済新聞 (2021年5月26日). 2021年11月5日閲覧。
  3. ^ a b アマゾンが映画制作MGMの買収完了、85億ドルの案件に当局反対せず”. Bloomberg.com (2022年3月18日). 2022年3月18日閲覧。
  4. ^ Busch, Anita (2015年10月30日). “James Bond Movie Rights Auction: Where Will 007 Land?”. Deadline. 2016年1月1日閲覧。
  5. ^ Lodderhose, Diana (2017年3月27日). “MGM & Annapurna Seal Multi-Year Movie Distribution Deal”. Deadline. https://deadline.com/2017/03/mgm-annapurna-pictures-movie-distribution-partnership-kathryn-bigelow-megan-ellison-untitled-detroit-project-1202052928/ 2017年6月30日閲覧。 
  6. ^ Littleton, Todd Spangler,Joe Otterson,Cynthia (2021年5月17日). “Amazon Said to Make $9 Billion Offer for MGM” (英語). Variety. 2021年11月5日閲覧。
  7. ^ アマゾン、МGМの1兆円規模の買収完了 「007」も傘下に”. CNN.co.jp (2022年3月18日). 2022年3月20日閲覧。
  8. ^ Spangler, Brent Lang,Todd (2021年5月26日). “Amazon Buys MGM, Studio Behind James Bond, for $8.45 Billion” (英語). Variety. 2021年11月5日閲覧。
  9. ^ “米AmazonがMGMの買収を完了。『007』『ロッキー』など手掛ける老舗映画会社”. PHILE WEB (株式会社音元出版). (2022年3月18日). https://www.phileweb.com/sp/news/d-av/202203/18/54929.html 2022年3月19日閲覧。 
  10. ^ a b MGMとワーナーの海外配給提携でなにが変わる?ティモシー・シャラメ最新作など今後注目の映画たち”. MOVIE WALKER PRESS (2022年8月27日). 2022年8月27日閲覧。
  11. ^ Adam Bankhurst (2022年8月15日). “今後、MGM映画の全世界での公開はすべてワーナー・ブラザースが行うことに ただし、次の「ジェームズ・ボンド」映画は含まず”. IGN Japan. 2022年8月27日閲覧。
  12. ^ ワーナー、MGM作品の海外配給権を獲得”. 映画.com (2022年8月19日). 2022年8月27日閲覧。
  13. ^ 株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントとのビデオグラム包括ライセンス契約締結に関するお知らせ” (PDF). ハピネット (2024年3月22日). 2024年4月20日閲覧。
  14. ^ ソニー・ピクチャーズの映像パッケージソフト、ハピネットが制作・販売へ。スパイダーマンなど全作品対象”. PHILE WEB (2024年3月23日). 2024年3月24日閲覧。


「メトロ・ゴールドウィン・メイヤー」の続きの解説一覧

ヤマハ・MG-M

(MG-M から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/09 00:29 UTC 版)

MG-M(エムジー・エム)は、ヤマハが開発・発売した、日本ロックユニットであるB'zのギタリスト、松本孝弘モデルのエレクトリックギターである。




「ヤマハ・MG-M」の続きの解説一覧

MGM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/25 19:27 UTC 版)

ブルベ」の記事における「MGM」の解説

スペイン4年1度開催される1200kmブルベ。Madrid-Gijon-Madridの言葉通りマドリード-ヒホンとの間を往復するエントリーにはSR取得が必要。

※この「MGM」の解説は、「ブルベ」の解説の一部です。
「MGM」を含む「ブルベ」の記事については、「ブルベ」の概要を参照ください。


MGM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 14:36 UTC 版)

ジョージ・ペパード」の記事における「MGM」の解説

ペパードは、MGMの映画肉体遺産』(1960)のオーディションで役を得たときには、すでにブロードウェイの『The Pleasure of His Company』(1958)への出演決定済みであった。したがって『The Pleasure of His Company』のステージに6ヶ月出演してから映画肉体遺産』の撮影行った。MGMとペパ-ドの間には長期専属契約締結されていた。 『肉体遺産』は、ヴィンセント・ミネリ監督してロバート・ミッチャムがペパードの父親役で出演した名声高い映画だった。興行収入高かったのだが、製作費も膨らんでいたために、営利的成功した作品とはならなかった。 MGMでの次の出演作品は、ジャック・ケルアック1958年小説基づいた地下街住人』(1960)であった興行成績不振であったが、ペパードはその後「この映画原因で、私が罪に問われることはなかった。」と言っていた。

※この「MGM」の解説は、「ジョージ・ペパード」の解説の一部です。
「MGM」を含む「ジョージ・ペパード」の記事については、「ジョージ・ペパード」の概要を参照ください。


MGM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 17:06 UTC 版)

ハワード・キール」の記事における「MGM」の解説

1949年キール映画スタジオMGMと契約するためロンドンウェスト・エンドからハリウッド転居した。1950年アーヴィング・バーリンの『アニーよ銃をとれ』のフランク・バトラー役で映画デビューし、ベティ・ハットン共演した。この映画大ヒットし、キールスター俳優となった1950年、MGMは『Pagan Love Song』を制作しキールエスター・ウィリアムズ相手役演じてヒットした。ただしウィリアムズ主演映画多く大がかり費用がかかるためあまり利益を生まなかった。1951年コメディ映画Three Guys Named Mike』でヴァン・ジョンソンジェーン・ワイマン共演し、3作品連続ヒットとなった1951年、『ショウ・ボート』に出演しキャスリン・グレイソンエヴァ・ガードナー相手役として主演した1952年、『Texas Carnival』で再びウィリアムズ共演した1952年フレッド・マクマレイドロシー・マクガイア共演したコメディ映画『Callaway Went Thataway』がキールのMGM映画において初の失敗作となった1952年、ヒット・ミュージカル『Roberta』を基にした映画Lovely to Look At』で再びグレイソンと共演したが、赤字となった1953年、MGMは『望みなき捜索英語版)』でキール冒険映画出演させてみたが評価低く、続くコメディ映画Fast Company』でも同様であったガードナーおよびロバート・テイラー共演した西部劇荒原疾走英語版)』はこれらよりもヒットした1953年ワーナー・ブラザースは『カラミティ・ジェーン』のためにMGMからキール借りワイルド・ビル・ヒコック役でドリス・デイ相手役演じてヒットした。MGMに戻りキールとグレイソンは『キス・ミー・ケイト (映画)(英語版)』で3度目共演をし、観客には好評であった利益は生まなかった。1954年アン・ブライス共演したローズ・マリー』も同様であった。しかし1954年ジェーン・パウエル共演した掠奪された七人の花嫁』は大ヒットし、MGMは300ドル上の利益得た1954年、『我が心に君深く英語版)』の多くゲスト出演者1人となった1955年ウィリアムズ3度目共演となったJupiter's Darling』においてMGMは200ドル損失となり、ウィリアムズにとって初めての赤字映画となった1955年ブライスと再び共演したキスメット (1955年の映画)(英語版)』で200ドル損失となり、キールはMGMとの契約切られた。

※この「MGM」の解説は、「ハワード・キール」の解説の一部です。
「MGM」を含む「ハワード・キール」の記事については、「ハワード・キール」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「MG-M」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「MGM」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「MG-M」の関連用語

MG-Mのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



MG-Mのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2024by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのEpix (改訂履歴)、メトロ・ゴールドウィン・メイヤー (改訂履歴)、ヤマハ・MG-M (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのブルベ (改訂履歴)、ジョージ・ペパード (改訂履歴)、ハワード・キール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS