騎士号とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 騎士号の意味・解説 

ナイト

(騎士号 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/29 02:03 UTC 版)

ナイト: Knight)は、主にヨーロッパキリスト教国家において勲章の授与に伴い王室または教皇から授与される、中世の騎士階級に由来した栄誉称号である[1]


注釈

  1. ^ 坪内逍遥版『十二夜』の配役に「士爵《サー》トービー・ベルシ」「士爵《サー》アンドルー・エーギューチーク」とある[9]
  2. ^ 実業家から画家に転じたマット・ラム(Lamb, Matt, 1932年-2012年)の例は伝記[18]に記載がある。
  3. ^ 「チーズ鑑評騎士」[20]
  4. ^ 「ベルギービール名誉騎士」[21]
  5. ^ Sir が「卿」と誤訳されるに至った経緯などは、植松靖夫「LordとSirの訳語をめぐって」『』[要出典]および植松靖夫「『卿』とは何か——LordとSirの訳語をめぐって——」『東北学院大学論集』[27]に詳しい。

出典

  1. ^ Jesus D. Rodriguez-Velasco (2010) (英語). Order and Chivalry, Knighthood and Citizenship in Late Medieval Castille. University of Pennsylvania Press. pp. [要ページ番号] 
  2. ^ 「社說 十九世紀の勳爵士起てよ」『女学雑誌』第244号、女学雑誌社、東京、1890年12月、p501-505(コマ番号0002.jp2-0004.jp2)、doi:10.11501/1749634 
  3. ^ 石田銈吉、メルタンス「一 ベルギー勞働組合の先驅者 §(ニ)勞働勳爵士」『日本読書協会会報』第66号、東京 : 日本読書協会、238-238 (コマ番号0124.jp2)、doi:10.11501/3560233 
  4. ^ Stevenson, Robert Louis (1850-1894) 著、西村孝次 訳『バラントレイの若殿』 4巻、八雲書店、東京〈スティヴンソン全集(マイクロ)〉、1948年。国立国会図書館内限定、図書館・個人送信対象、遠隔複写可。doi:10.11501/1708060 
  5. ^ 作者不詳 著「跪いた勳爵士」、大山定一、谷, 友幸 編『恋愛学講座』京都 : 世界文学社、1949年、195-219 (コマ番号0106.jp2-0118.jp2)頁。 
  6. ^ 米沢, 富美子、辻, 和彦「デイム・コマンダー勲爵士」『人物でよむ物理法則の事典』朝倉書店、東京、2015年、 469頁。ISBN 9784254131161全国書誌番号:22676484https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I026914858-00 
  7. ^ にほんのかわ編集委員会(編)「井口昌平東京大学名誉教授の勲爵士受勲章を祝う」『にほんのかわ』第90号、日本河川開発調査会、2000年7月、8-9 (コマ番号0007.jp2)、doi:10.11501/3249311 
  8. ^ 『教官名並学士爵名改正ニ関スル伺書』文部省 : [書写資料]、1872年(明治5年)、1,3頁。 
  9. ^ シェークスピヤ (William Shakespeare 著、坪内逍遙 訳『十二夜』 20巻、中央公論社〈新修シェークスピヤ全集〉、1933年(昭和8年)。doi:10.11501/1237635 『Twelfth Night, 1599』。
  10. ^ ハッガード, ライダー 著、宮井安吉 訳「第一回 士爵カーチスとの邂逅」『大宝窟』 上、博文館〈世界文庫 ; 第15,16編〉、1894年(明治27年)、1 (コマ番号0006.jp2)頁。 
  11. ^ 新渡戸稲造; 笠井脩「第一回 英国水師提督士爵ウィリアムペンの嫡男ウキリアムペン生誕の事」『建国美談 : 一名・ウィリアム・ペン小伝』新渡戸稲造 [ほか]、1895年、1-28 (コマ番号0009jp2-0023.jp2)頁。doi:10.11501/782460全国書誌番号:40019367 
  12. ^ 渋江易軒「第18章 神霊の実体化−即ち神霊の示現 中 §クルックス士爵の実験」『最近接神術 : 原理応用』大学館、1909年(明42年)、(コマ番号0081.jp2-)頁。doi:10.11501/759871全国書誌番号:40004911 
  13. ^ フエレンツ・モルナアル 著、鈴木善太郎 訳「靑顎の士爵」『開かれぬ手紙 : 戯曲集』第一書房、1928年(昭和3年)、155-169 (コマ番号0082.jp2-0089.jp2)頁。doi:10.11501/1193325全国書誌番号:47031398 
  14. ^ ロッド・スチュワートさん、ナイト爵に”. BBCニュース (2016年10月12日). 2022年9月20日閲覧。
  15. ^ Tagore, Rajah Sir Sourindro Mohun (1884) (英語). The Orders of Knighthood, British and Foreign with a Brief Review of the Titles of Rank and Merit. Stanhope Press. pp. [要ページ番号] 
  16. ^ van Duren, Peter Bander (1995) (英語). Orders of Knighthood and of Merit : The Pontifical, Religious and Secularised Catholic-founded Orders and their relationship to the Apostolic See. Buckinghamshire: Colin Smythe. pp. [要ページ番号]. OCLC 33047051 . ISBN 9780861403714, 9780861403806, 0861403711, 0861403800
  17. ^ How to… become a papal knight” (英語). Catholic Herald (2019年7月4日). 2022年9月19日閲覧。
  18. ^ Speer R. Matt Lamb : The Art of Success. Hoboken: Wiley; 2013. OCLC 97257, ISBN 9781118450826, 9781118450789, 1118450825, 1118450787.
  19. ^ Republic Act No. 646”. chanrobles.com. 2018年7月19日閲覧。
  20. ^ 「チーズ鑑評騎士・デクーさん」『文芸春秋』第67巻第9号、1989年8月、(コマ番号0038.jp2)、doi:10.11501/3198547 
  21. ^ 富江 弘幸「プロと話しながら傾けるベルギービール。: ベルギービール広報センター代表 ベルギービール名誉騎士 佐藤ひとみ ブラッセルズ株式会社取締役事業本部長 ベルギービール名誉騎士 滝沢健二」『東京人』第29巻10 (通号343)、都市出版、東京、2014年9月、21-23頁、ISSN 0912-0173 
  22. ^ THE BRITISH HONOURS SYSTEM.” (英語). The Churchill Society London. 2018年6月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月22日閲覧。
  23. ^ 小川賢治『勲章の社会学』晃洋書房、2009年3月、[要ページ番号]頁。 
  24. ^ Types of honours and awards”. イギリス政府language=en. 2018年7月22日閲覧。
  25. ^ The Monarchy Today > Queen and public > Honours > Knighthoods”. 2008年6月8日閲覧。 英王室公式ウェブサイトのナイトについての解説ページ(英語)
  26. ^ “BRITISH DECORATIONS.; What They Mean When Conferred Upon American Leaders”. The New York Times. (1918年8月15日). http://query.nytimes.com/mem/archive-free/pdf?_r=2&res=940CE0D81739E13ABC4D52DFBE668383609EDE&oref=slogin&oref=slogin 2008年6月8日閲覧。  『ニューヨークタイムズ』紙の、アメリカ人がイギリス国王から叙勲された場合に「サー」の敬称をつけて呼ばれないことを解説した記事(英語、PDF)
  27. ^ 植松, 靖夫「「卿」とは何か--LordとSirの訳語をめぐって」『東北學院大學論集. 英語英文学』第92号、東北学院大学学術研究会、2004年2月、1-13頁、ISSN 0385-406XCRID 1520572359442432768 掲載誌別題『Tohoku Gakuin University review. Essays and studies in English language and literature』。
  28. ^ Pope Francis to receive Knights of Malta grand master Thursday” (英語). ansa.it. 2020年8月28日閲覧。
  29. ^ Multilateral relations” (英語). orderofmalta.int. 2020年8月28日閲覧。
  30. ^ The Orders of Saint John 1991, pp. &#91, 要ページ番号&#93,
  31. ^ National Institutions” (英語). orderofmalta.int. 2020年8月28日閲覧。
  32. ^ Membership in the American Association” (英語). orderofmaltaamerican.org. 2020年8月28日閲覧。
  33. ^ Humanitarian & Medical Works” (英語). orderofmalta.int. 2020年8月28日閲覧。
  34. ^ [[#CITEREFThe_Orders_of_Saint_John1991[要ページ番号]Category:出典のページ番号が要望されている記事|The Orders of Saint John, 1991 & [要ページ番号]]], Sainty, Guy Stair
  35. ^ a b c The Orders of Saint John 1991, pp. &#91, 要ページ番号&#93,
  36. ^ ナイトの称号、「時代遅れ」で廃止に オーストラリア」『CNN』 CNN.co.jp、2015年11月3日。「政府の発表によると、閣議でも「ナイトとデイムは現代の褒章制度にそぐわない」との認識で一致した。オーストラリア勲章からナイトとデイムを外すことについては、女王も了承していると説明。既に授与された称号には影響は及ばないとしている。」
  37. ^ ダニエル・デイ=ルイス ウィリアム王子からナイト爵を授けられる」『』シネマトゥデイ、2014年11月17日。2014年11月18日閲覧。
  38. ^ “The Queen Awards Honorary Knighthood to Seattle Resident”. British Consulate-General, San Francisco. (2007年9月28日). http://www.britainusa.com/sf/articles_show_nt1.asp?i=41003&L1=36000&L2=36014&a=47067 2007年11月11日閲覧。  タダタカ・ヤマダのKBE叙任を伝える在サンフランシスコ英国領事館のプレスリリース(英語)





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「騎士号」の関連用語

騎士号のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



騎士号のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのナイト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS