風玉とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 風玉の意味・解説 

鬼火

(風玉 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/14 03:58 UTC 版)

鬼火(おにび)とは、日本各地に伝わる怪火(空中を浮遊する正体不明の火の玉)のことである。伝承上では一般に、人間や動物の死体から生じた、もしくは人間の怨念が火となって現れた姿と言われている。また、ウィルオウィスプジャックランタンといった怪火の日本語訳として「鬼火」の名が用いられることもある[1]


  1. ^ a b c d e f g h i 神田 1931, pp. 37-67
  2. ^ a b 寺島 1884, pp. 143-144
  3. ^ 根岸 & 江戸時代, p. 402.
  4. ^ 鈴木桃野 「反古のうらがき」『随筆辞典』第4巻、柴田宵曲編、東京堂、1961年(原著天保年間)、66-67頁。NCID BN01579660
  5. ^ a b c d e f g h i 多田 1990, pp. 231-234
  6. ^ 草野巧 『幻想動物事典』 新紀元社、1997年、69頁。ISBN 978-4-88317-283-2
  7. ^ 土佐民俗学会 「近世土佐妖怪資料」『日本民俗文化資料集成』第8巻、谷川健一編、三一書房、1988年(原著1969年)、335頁。ISBN 978-4-380-88527-3
  8. ^ 柳田國男 『妖怪談義』 講談社講談社学術文庫〉、1977年(原著1956年)、212頁。ISBN 978-4-06-158135-7
  9. ^ 国枝春一・広瀬貫之「美濃揖斐郡徳山村郷土誌」、『旅と伝説』5月号(通巻149号)、三元社、1940年5月、 63頁、 NCID AN00139777
  10. ^ 稲田他編 1992, p. 138.
  11. ^ 稲田他編 1992, p. 51.
  12. ^ 西村市郎右衛門 『新御伽婢子』 湯沢賢之助、古典文庫、1983年(原著1683年)、348頁。NCID BN01663100
  13. ^ 水木しげる 『水木しげるの妖怪事典』 東京堂出版、1981年、188頁。ISBN 978-4-490-10149-2
  14. ^ 大藤時彦他 『綜合日本民俗語彙』第4巻、民俗学研究所編、柳田國男監修、平凡社、1955年、1749頁。NCID BN05729787
  15. ^ 相賀徹夫編 『世界原色百科事典』第2巻、小学館編、小学館、1966年、507頁。NCID BN06278399
  16. ^ 新村出編 『広辞苑岩波書店、2008年(原著1955年)、第6版、690-691頁。ISBN 978-4-00-080121-8
  17. ^ 大槻義彦 『火の玉を見たか』 筑摩書房〈ちくまプリマーブックス〉、1991年、181-193頁。ISBN 978-4-480-04154-8
  18. ^ 那谷敏郎 『「魔」の世界』 講談社講談社学術文庫〉、2003年(原著1986年)、186頁。ISBN 978-4-06-159624-5


「鬼火」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「風玉」の関連用語

風玉のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



風玉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鬼火 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS