春秋左伝とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 春秋左伝の意味・解説 

しゅんじゅうさでん〔シユンジウサデン〕【春秋左伝】


春秋左氏伝

(春秋左伝 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/21 02:53 UTC 版)

春秋左氏伝』(しゅんじゅうさしでん、旧字体春秋左氏傳拼音: Chūnqiū Zuǒshìzhuàn)は、孔子の編纂と伝えられている歴史書『春秋』(単独の文献としては現存しない[1])の代表的な注釈書の1つで、紀元前700年頃から約250年間の国の歴史が書かれている。通称『左伝』。『春秋左氏』『左氏伝』ということもある。現存する他の注釈書『春秋公羊伝(公羊伝)』『春秋穀梁伝(穀梁伝)』とあわせて春秋三伝(略して三伝)と呼ばれている。前漢末の劉歆によって、後漢では三伝の中で『左伝』が一番高く評価された。これは撰者の左丘明が孔子の弟子であるためとされた。




  1. ^ 野間文史『春秋経文について』p.22 。
  2. ^ 史記 卷十四 十二諸侯年表 第二 に「魯の君子左丘明、弟子人人端を異にし、各々其の意に安んじ其の眞を失はんことを懼る。故に孔子の史記に因り、具に其の語を論じ、左氏春秋を成す。」(魯君子左丘明懼弟子人人異端,各安其意,失其真,故因孔子史記具論其語,成左氏春秋。) 中国語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります:史記/卷014
  3. ^ 劉歆伝:漢書卷三十六 楚元王傳 第六 向少子 歆 中国語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります:漢書/卷036
  4. ^ Karlgren, Bernhard (1926). “On the Authenticity and Nature of the Tso-Chuan”. Göteborgs högskolas arsskrift (32). 小野忍訳 『左伝真偽考』1939年 文求堂書店。
  5. ^ 津田左右吉『左伝の思想史的研究』東洋文庫、1935年。
  6. ^ 野間文史『春秋経文について』p.23 。
  7. ^ 福澤諭吉述『福翁自傳』矢野由次郎 口述筆記、時事新報社、1934年11月(原著1899年6月)、13頁。
  8. ^ 訓読文(ウィキソース入力途中)
  9. ^ おぐらよしひこ、1927年生、学習院大学名誉教授。著書に『小倉芳彦著作選』全3巻 論創社 ほか
  10. ^ いわもとけんじ、1947年生、跡見學園女子大學名誉教授。
  11. ^ のまふみちか、1948年生。広島大学名誉教授(2012年 - )。二松學舎大学文学部教授(2019年 - )。


「春秋左氏伝」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「春秋左伝」の関連用語

春秋左伝のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



春秋左伝のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの春秋左氏伝 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS