反クォークとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 物理学 > クォーク > 反クォークの意味・解説 

反クォーク

記号電荷質量スピンパリティ寿命分類
q ̄-2/3,+1/3いろいろ1/2いろいろクォーク
★記号★

クォーク反粒子強い力感じる。 単体では存在せず中間子反陽子などを形作っている。

クォーク

(反クォーク から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/14 23:12 UTC 版)

クォーク(quark)とは、素粒子のグループの一つである。レプトンとともに物質の基本的な構成要素であり、クォークはハドロンを構成する。クオークと表記することもある[1]




  1. ^ 学術用語集物理学編では「クォーク」を採用している。
  2. ^ "Three quarts for Mister Mark" (マーク氏に3クォートを!)という酒場での掛け声を、韻を踏むように改変した文章であるとゲルマンはしている
  3. ^ M. Gell-Mann (1995). The Quark and the Jaguar: Adventures in the Simple and the Complex. Henry Holt and Co. p. 180. ISBN 978-0-8050-7253-2. 
  4. ^ Quark (subatomic particle)”. Encyclopædia Britannica. 2008年6月29日閲覧。
  5. ^ R. Nave. “Confinement of Quarks”. HyperPhysics. Georgia State University, Department of Physics and Astronomy. 2008年6月29日閲覧。
  6. ^ R. Nave. “Bag Model of Quark Confinement”. HyperPhysics. Georgia State University, Department of Physics and Astronomy. 2008年6月29日閲覧。
  7. ^ R. Nave. “Quarks”. HyperPhysics. Georgia State University, Department of Physics and Astronomy. 2008年6月29日閲覧。
  8. ^ a b B. Carithers, P. Grannis (1995). “Discovery of the Top Quark” (PDF). Beam Line (SLAC) 25 (3): 4–16. http://www.slac.stanford.edu/pubs/beamline/25/3/25-3-carithers.pdf 2008年9月23日閲覧。. 
  9. ^ E.D. Bloom et al. (1969). “High-Energy Inelastic ep Scattering at 6° and 10°”. Physical Review Letters 23 (16): 930–934. doi:10.1103/PhysRevLett.23.930. 
  10. ^ M. Breidenbach et al. (1969). “Observed Behavior of Highly Inelastic Electron–Proton Scattering”. Physical Review Letters 23 (16): 935–939. doi:10.1103/PhysRevLett.23.935. 
  11. ^ K. Nakamura et al. (Particle Data Group) (2010). “Review of Particle Physics: Quarks”. Journal of Physics G 37: 075021. doi:10.1088/0954-3899/37/7A/075021. http://pdg.lbl.gov/2010/tables/rpp2010-sum-quarks.pdf. 


「クォーク」の続きの解説一覧



反クォークと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「反クォーク」の関連用語

反クォークのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



反クォークのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
素粒子事典素粒子事典
(C) Copyright 2019 Sadaharu UEHARA and Junpei SHIRAI
この記事は、「素粒子事典」の2006年8月3日版を転載しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクォーク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS