何かとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 何か > 何かの意味・解説 

なん‐か【何か】

連語「なにか」の音変化。「何か欲しいものはありませんか


なに‐か【何か】

連語

【一】代名詞「なに」+助詞「か」》

《「か」は副助詞感覚願望などの内容はっきりしない事物をさす。「何かがありそうだ」「お茶か何か飲みたい」

《「か」は係助詞感動詞的に用いる》

相手言葉気持ち確認ようとする意を表す。「それなら何か、君のほうが正しいというのだな」

今まで述べてきたことや相手言葉などを否定して、それとは反対趣旨を述べるときに用いる。いやいやとんでもない。

「—。この歌よみ侍らじとなむ思ひ侍るを」〈九九

【二】副詞「なに」+助詞「か」》

《「か」は副助詞》はっきりした訳もなく、ある感情が起こるさま。どことなく。なんだか。「何か気味が悪い

《「か」は係助詞

疑問の意を表す。なぜ…か。どうして…か。

あしひきの山も近きほととぎす月立つまでに—来鳴かぬ」〈・三九八三〉

反語の意を表す。どうして…か、いやそんなことはない

「命だに心にかなふものならば—別れ悲しからまし」〈古今離別


なに‐か【何彼】

代名詞「なに」+代名詞「か」から》種々雑多事物まとめていう。あれやこれや。いろいろ。

「ただ大方のしつらひ、—のことばかりをなむ営ませ給ひける」〈源・御法

「—の御礼も申さっしゃと申しまする」〈浄・歌念仏


どれ【何】 か

(「か」は不定の意を表わす助詞不定物事をさす。だれか。どこか。いずれか。どれぞ。

浮世草子好色盛衰記(1688)一「けふの仏さまどれか存ぜぬといふ」


なに‐か【何━】

連語

[一] (代名詞「なに」に助詞「か」の付いたもの

① (「か」は係助詞不特定のものを指示し、疑問反語表現用いる。どのようなものが(…するだろうか)。どんなことを(…することがあろうか)。

書紀720斉明四年五月歌謡今城なる 小山が上に だにも 著く立たば 那爾柯(ナニカ)嘆かむ」

古今(905‐914)雑下・九三三世の中はなにか常なるあすか川昨日の淵ぞ今日は瀬になる〈よみ人しらず〉」

② (「か」は副助詞) 明確には指定できないが、確かに存在する、または、存在し得る事物事態を示す。指定することをさけていう場合もある。なにがしかまた、多く、「…やなにか」「…かなにか」の形で、それそのものではないが、それに類するもの、の意でも用いる。→助詞「なんか」。

宇治拾遺(1221頃)一一いかにかくはあつまる。なにかあらん様のあるにこそ、あやしきことかな」

夜明け前(1932‐35)〈島崎藤村第一部「諸大人のために何かの役に立ちに行くといふことは」

③ (「か」は副助詞) ある事物事態指定しえないまま、しかるべきことばを模索する気持表わす。どう言えばいいか。どう形容したらよいか。

*虎寛本狂言茫々頭室町末‐近世初)「何か内裏女臈と見へまして、芥子の花を餝た様に大勢参られまするによって」

洒落本遊子方言(1770)発端「あれは何かおかしなもので、御座りますぞへ」

[二] (副詞「なに」に助詞「か」の付いたもの

① (「か」は係助詞原因理由問い疑問反語表現用いる。どうして(…することがあろう)。なぜ(…するのか)。

万葉(8C後)八・一四八七「霍公鳥(ほととぎす)思はずありき木の暗(くれ)の斯くなるまでに奈何(なにか)来鳴かぬ」

太平記14C後)一八「何か苦く候べき。御息所を忍で此へ入進(まゐら)せられ候へとて」

② (「か」は副助詞原因動機不明ままある事態成り立った時、それ以上詮索せず不明原因として指示するのに用いる。どういうわけか。どういう風の吹きまわしか。

浮世草子本朝桜陰比事(1689)四「おのづか町人形気になりて人皆心をゆるし、勝手までも出入するに、何か見かぎらるる事もなし

[三] (代名詞「なに」に係助詞「か」の付いたもの感動詞のように用いて

相手発言が、納得できなかったり、誤解を含んでいると思われたりする時に相手発言をさえぎる気持表わすどうしてどうしてとんでもない。

*竹取(9C末‐10C初)「なにか、心もなくて侍らんにふとみゆきして御覧ぜん御覧ぜられなんと奏すれば

相手のことばや気持を、確認ようとする気持表わす。つまり(…なのだな)。要するに(…のつもりなのか)。

浄瑠璃関取千両幟(1767)二「むむ、そんなら何か。踏まれても撲たれても、言分ないといふのか」


なん‐か【何━】

連語〕 「なにか(何━)」の変化した語。

落語戒名万金丹(1890)〈禽語楼小さん〉「其処在るものを何んか出して持ってって遣れ」


など‐か【何━】

〔副〕 (副詞「など」に助詞「か」の付いてできたもの) 「など」の疑問反語の意を強めいい方

万葉(8C後)一九・四二一〇「藤波の繁り過ぎぬあしひきの山ほととぎす奈騰可(ナドカ)来鳴かぬ」


何か

作者岩切大介

収載図書ショートショートの広場 13
出版社講談社
刊行年月2002.2
シリーズ名講談社文庫


伺か

(何か から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/19 04:30 UTC 版)

伺か(うかがか)はデスクトップ常駐型アプリケーションの一つで、デスクトップマスコットと呼ばれるソフトウェアの一種である。「伺か」と言った場合にはどちらかというとコミュニティやジャンル全体をさすが、本家のベースウェア(本体アプリケーション)であるMATERIA(マテリア)をさして言う場合もある。MATERIAは、歴史的経緯から偽春菜・任意・何か等の旧名称で呼ばれる場合もある。




「伺か」の続きの解説一覧



何かと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「何か」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||




9
94% |||||


何かのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



何かのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの伺か (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS