ロードレース世界選手権125ccクラスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > ロードレース世界選手権125ccクラスの意味・解説 

ロードレース世界選手権125ccクラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 05:40 UTC 版)

ドミニク・エガーター」の記事における「ロードレース世界選手権125ccクラス」の解説

ロードレース世界選手権125ccクラスには、2006年シーズン終盤にマルチメディア・レーシングより同郷のヴァンサン・ブライヤールの代役として2戦に出場したのがデビューとなった2007年より同チームよりフル参戦開始したラファエレ・デ・ロサとシモーネ・グロツキーをチームメイト戦ったこの年は、ウェットレースとなった15日本GP11位に入ったのがベストリザルトとなり、シリーズランキング23位を記録した2008年にはアジョ・モータースポーツ移籍チームメイトこの年チャンピオンとなるマイク・ディ・メッリオだった。ディ・メッリオがファクトリー仕様デルビ・RSA125を駆った一方、エガーターに与えられたのはカスタマー仕様のRSW125だったが、3度8位に入ったのがベストリザルトとなり、シリーズ16位と成績伸ばした2009年もアジョに残留チームメイトサンドロ・コルテセ迎え、このシーズン2人ともにRSA125が与えられた。エガーターはウェットレースとなった第4フランスGPでベストリザルトの6位を記録、全レース完走する安定度見せてシリーズ13位に入った

※この「ロードレース世界選手権125ccクラス」の解説は、「ドミニク・エガーター」の解説の一部です。
「ロードレース世界選手権125ccクラス」を含む「ドミニク・エガーター」の記事については、「ドミニク・エガーター」の概要を参照ください。


ロードレース世界選手権125ccクラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/16 05:43 UTC 版)

小山知良」の記事における「ロードレース世界選手権125ccクラス」の解説

2005年よりアジョ・モータースポーツよりロードレース世界選手権125ccクラスにフル参戦開始プライベーターながら2度表彰台獲得する好成績残しルーキー・オブ・ザ・イヤー賞を獲得した2006年アジョ・モータースポーツ母体とするマラグーティワークスチーム(実質プライベータ-)、マラグーティ・アジョコルセより参戦戦闘力の低いマシン苦戦強いられたが、2007年実力高く評価したKTMワークスチーム移籍トップクラスマシン得たことで成績大きく向上し、第7戦カタルーニャGP初優勝達成した。 しかし2008年不振続き第16戦オーストラリアGP前に突如所属チームISPA KTM アラン)を解雇されてしまう。理由メインスポンサーであるスペイン電話会社「11888」から、シーズン残りの3戦にスペイン人選手起用するよう求められたことによる。第17戦かKTMワークス起用され復帰したが、結局シリーズ17位にとどまった2009年中国メーカーのロンシンに移籍した。しかしマシン完成度低くエンジンがいつ焼き付いてもおかしくなかったため常にクラッチレバーに指を掛けて走行するほどであり、完走ままならずリタイヤ続きで、シリーズ24位と結果出せなかった。 2010年はレーシング・チーム・ジャーマニーに移籍し引き続き125ccクラス参戦したマシン型落ちアプリリアRSW125、これは小山にとって全日本時代から数えると通算6つめのメーカーとなった最新型ファクトリーマシンのRSA125が多数参戦する中、開幕戦からシングル順位フィニッシュ続け健闘見せチーム地元レースの第8戦ドイツGPでは2位フィニッシュ果たし2007年マレーシアGP以来となる表彰台立ったこの年シリーズランキングでは8位、これはRSW勢の中でトップRSA14人中7人上回る成績となった。 翌2011年シーズンに向けて小山はレーシング・チーム・ジャーマニーに残留し最新のRSA125を駆る方向で話が進んでいた。しかし前年ランキング7位のサンドロ・コルテセ20ユーロ以上のスポンサー資金持ち込んでチーム加入した小山この影響を受け、これまで資金持ち込み無しで話が進んでいたが、新たに35ユーロ要求されることとなり交渉決裂グランプリ参戦継続断念することとなった

※この「ロードレース世界選手権125ccクラス」の解説は、「小山知良」の解説の一部です。
「ロードレース世界選手権125ccクラス」を含む「小山知良」の記事については、「小山知良」の概要を参照ください。


ロードレース世界選手権125ccクラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/06 09:41 UTC 版)

ヤコブ・コーンフェール」の記事における「ロードレース世界選手権125ccクラス」の解説

ルーキーズカップの2009年シーズン閉幕後、コーンフェールはロードレース世界選手権125ccクラスにデビュー果たしたアレクシ・マスボー代わりロンシンチームのレギュラーシート確保し小山知良チームメイト第13戦サンマリノGP以降の終盤5戦に出場したマシンパフォーマンス低かったこともあり、ベストリザルトは第16戦マレーシアGPでの19に留まりポイント獲得果たせなかった。 翌2010年シーズン小山と共にレーシング・チーム・ジャーマニーに移籍型落ちアプリリア・RSW125を駆ることになったベテラン小山ほどの活躍残せなかったが、コーンフェールはウェットレースとなった第10戦地元チェコGPでベストリザルトとなる5位に入賞年間ランキングでは17位を記録した2011年はオンガッタ・セントロ・セタチームに移籍引き続きRSW125を駆ってフル参戦2年目シーズンに臨む。

※この「ロードレース世界選手権125ccクラス」の解説は、「ヤコブ・コーンフェール」の解説の一部です。
「ロードレース世界選手権125ccクラス」を含む「ヤコブ・コーンフェール」の記事については、「ヤコブ・コーンフェール」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ロードレース世界選手権125ccクラス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ロードレース世界選手権125ccクラス」の関連用語

ロードレース世界選手権125ccクラスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ロードレース世界選手権125ccクラスのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのドミニク・エガーター (改訂履歴)、小山知良 (改訂履歴)、ヤコブ・コーンフェール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS