ロードレース世界選手権250ccクラスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > ロードレース世界選手権250ccクラスの意味・解説 

ロードレース世界選手権250ccクラス ( 2005 - 2008 )

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/15 05:14 UTC 版)

高橋裕紀」の記事における「ロードレース世界選手権250ccクラス ( 2005 - 2008 )」の解説

前年チャンプ獲得により、高橋ホンダ若手選手育成のために創設した「ホンダレーシングスカラシップ」の第2期生に選ばれ2005年よりロードレース世界選手権250ccクラスにフル参戦できることとなったスカラシップ受け皿となったチーム・スコットよりRS250RWを駆りデビュー果たした初年度のベストリザルトは第12戦日本GPでの4位年間ランキングでは11となった2006年も同チーム残留、第5戦フランスGPグランプリ初優勝遂げたその後第10戦ドイツGPにも勝利し、2勝を挙げて年間ランキング6位に成績伸ばした。しかしこの年7月には鈴鹿8耐に向けて練習走行中の転倒左腕骨折し1戦を欠場最終戦バレンシアGPではフリー走行での転倒大腿骨骨折重傷を負う等、怪我に泣かされシーズンでもあった。 2年スカラシップ期間を終えフル参戦3年目迎えた2007年シーズンチーム残留した大腿骨骨折後遺症でリアブレーキのコントロール苦しみ第4戦中GPではマシントラブルから転倒喫して前年傷めた左腕を再び骨折してしまう等、前年から続いて怪我との戦いとなってしまった。結局この年一度も表彰台に立つこともなくランキング11位に終わったチーム在籍4年目となった2008年シーズン高橋勝利こそ挙げられなかったものの、開催され16戦中15戦をポイント圏内完走、3戦で表彰台に立ち、クラス自己ベストとなる年間ランキング5位を記録した

※この「ロードレース世界選手権250ccクラス ( 2005 - 2008 )」の解説は、「高橋裕紀」の解説の一部です。
「ロードレース世界選手権250ccクラス ( 2005 - 2008 )」を含む「高橋裕紀」の記事については、「高橋裕紀」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ロードレース世界選手権250ccクラス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ロードレース世界選手権250ccクラス」の関連用語

ロードレース世界選手権250ccクラスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ロードレース世界選手権250ccクラスのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの高橋裕紀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS