ロードレースライダー時代とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > ロードレースライダー時代の意味・解説 

ロードレースライダー時代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 09:01 UTC 版)

青木拓磨」の記事における「ロードレースライダー時代」の解説

兄弟ふたりと同じくポケバイミニバイクレース経て1990年にロードレースデビュー。1991年国際A級に特別昇格し全日本ロードレース選手権GP250クラス参戦兄弟ふたりが海外進出しても国内残り1994年GP500クラス廃止により国内最高峰となったスーパーバイククラスへ転向1995年はホンダワークスのHRC入り全日本チャンピオン獲得したまた、NSR500乗りワイルドカード出場したロードレース世界選手権日本GP3位表彰台獲得した1996年はスーパーバイククラスの連覇達成1997年には世界GPGP500クラス(現MotoGP)にレプソル・ホンダよりフル参戦NSR500に比べ戦闘力の劣るNSR500Vながら、開幕戦マレーシアGP一時トップ走行イモラでは宣篤と兄弟表彰台に立ち、最終戦オーストラリアアレックス・クリビーレ優勝争い僅差2位フル参戦初年度ながら表彰台3回獲得し年間ランキング5位を獲得した1998年シーズン前結婚し公私ともに充実した時に事故見舞われる2月栃木にあるホンダテストコーステスト走行中、右コーナーハイサイド起こしバイクタンク乗りかかる格好でコースアウト速度は50km/hも出ていなかったが、バリア頭部から突っ込み脊髄損傷のため下半身不随となる。

※この「ロードレースライダー時代」の解説は、「青木拓磨」の解説の一部です。
「ロードレースライダー時代」を含む「青木拓磨」の記事については、「青木拓磨」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ロードレースライダー時代」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ロードレースライダー時代」の関連用語

1
10% |||||

ロードレースライダー時代のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ロードレースライダー時代のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの青木拓磨 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS