ちょとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 接辞 > 接尾語 > ちょの意味・解説 

ちょ

接尾多く「っちょ」の形で用いられる名詞形容詞の語幹に付いて、…である者、…のものの意を表す。「尼っ―」「横っ―」「太っ―」


ちょ【×佇】

読み方:ちょ

[音]チョ(漢) [訓]たたずむ

立ち止まってじっとしているたたずむ。「佇立

[補説] 「竚」は異体字


ちょ【×儲】

読み方:ちょ

人名用漢字] [音]チョ(漢) [訓]もうける もうけ

たくわえておく。「儲

跡を継がせるために備えおく人。跡継ぎもうけのきみ。「儲君儲嗣皇儲国儲


ちょ【×猪】

読み方:ちょ

人名用漢字] [音]チョ(呉)(漢) [訓]い いのしし

動物の名。イノシシ。「猪突野猪

[補説] 「猪」「猪」ともに人名用漢字

名のり]しし

難読猪牙船(ちょきぶね)・猪口(ちょく・ちょこ)・豪猪(やまあらし)


ちょ【緒】

読み方:ちょ

⇒しょ


ちょ【緒】

読み方:ちょ

いとぐち。はじめ。端緒。しょ。


ちょ【著】

読み方:ちょ

[音]チョ(呉)(漢) チャク(漢) ジャク(ヂャク)(呉) [訓]あらわす いちじるし つく つける

学習漢字6年

[一]チョ

書きつける書物にあらわす。「著作著者著述著書著録共著・編著

あらわした書物。「遺著旧著高著新著拙著大著名著

目立つ。いちじるしい。「著効著聞著名顕著

[二]チャク〉つく。つける。「著心・著到」

[補説] 「着」はもと「著」の俗字であるが、[一]を「著」、[二]を「着」と使い分けるようになった

名のりあき・あきら・つぎ・つぐ


ちょ【著】

読み方:ちょ

書物書きあらわすこと。また、その書物著書。「新進作家の―になる書物

明らかであること

「微を見ること―の如くなったならば」〈中島敦名人伝


ちょ【貯】

読み方:ちょ

[音]チョ(呉)(漢) [訓]たくわえる たくわえ

学習漢字5年

金や物をためておく。「貯金貯蔵貯蓄貯水池

名のり]もる


~ちょ

甲州弁意味用例
~ちょ~するなみちょ、きちょ、しちょ(見るな、来るな、するな)

ちょ、ちょっ

大阪弁 訳語 解説
ちょ、ちょっ おい
wait
ちょっと待って」「ちょっと何これ/それ/おまえ?」などの「ちょっと」から。転がっていくお金や人の行為に驚く際、瞬間的に使う。「ちょちょちょちょちょ…!」のように連続することも。


ちよ

読み方:ちょ

  1. 浄水。〔第七類 雑纂
  2. 水の事を云ふ。
  3. 水のことをいう。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方
ちょ

ちょ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/10 06:54 UTC 版)

ちょ』は、日本のバンドB-DASHの2枚目のシングルである。2002年6月26日発売。発売元はXTRA LARGE RECORDS。




「ちょ」の続きの解説一覧

「ちょ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ちょ」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

ちょのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ちょのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
うっち~の甲州弁研究所うっち~の甲州弁研究所
Copyright(c) うっち ~の甲州弁研究所 All rights reserved.
全国大阪弁普及協会全国大阪弁普及協会
Copyright (C) 2000-2023 全国大阪弁普及協会 All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2023 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのちょ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS