じょうせいとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 人生 > > じょうせいの意味・解説 

情勢

読み方:じょうせい

情勢とは、情勢の意味

情勢とは、物事流れ動き変化の様子のこと。情とは物事の様子を表し、勢は物事流れなどを意味する。つまり、情勢は物事移り変わりその時々状況を表す言葉である。英語表現は「situation」である。

情勢の類語

情勢の類語に「状勢」が挙げられるが、意味はほとんど変わらない。なお、「状況」とも意味が似通うが、情勢が国世界など大規模な物事について使用されるに対し状況はより限定的な範囲使われる言葉である。

情勢の言葉を使った例文、使い分け方



醸成

読み方:じょうせい

醸成とは、醸成の意味

醸成とは、原料発酵させて酒、醤油味噌などを造ること、転じて一定の範囲人々間に少しずつ特定の雰囲気考え方など形成することを意味する言葉である。現在、一般に後者の意で用いられることがほとんどである。主に文章で用いられる、やや硬い漢語である。サ変他動詞化して「醸成する」の形になる読み方は「じょうせい」である。「醸」は「かもす」意、「成」は「なす」意である。醸成は、英語では ferment と表現する

醸成の使い方、例文

醸成の類語

原料発酵させて酒などを造る意の言葉には、「醸成」のほかに「醸造」「吟醸」がある。「醸造」はこの意味で最も一般的な表現で、「醸造所」「醸造酒」「本醸造」のように他の語複合して名詞作りやすい。「吟醸」は、特に吟味され材料製法醸造を行う意である。

人々にある状態を引き起こす意では、「醸成」の類語に「惹起」「涵養」がある。「惹起」は、具体的なよくないものを引き起こすのに用いることが多い一方、「醸成」は漠然とした雰囲気機運生じさせることに用いることが多い(「革命惹起する革命機運醸成する」)。また、惹起」のほうが、それを引き起こすのにかかる時間短く感じられる。「涵養」は、よいものと捉えられる能力意識などを少しずつ育てていく意で、「徳性を涵養する」のように文化的なものについて用いることが多い。したがって、「不安を醸成するとは言えるが、「不安を涵養する」とは言わない

執筆稲川智樹

じょう‐せい〔ジヤウ‐〕【上世】

読み方:じょうせい

おおむかし上代上古


じょう‐せい〔ジヤウ‐〕【上声】

読み方:じょうせい

じょうしょう(上声)1


じょう‐せい〔ジヤウ‐〕【上製】

読み方:じょうせい

つくりが普通より上等であること。また、そのもの。⇔並製


じょう‐せい〔ジヤウ‐〕【城西】

読み方:じょうせい

じょうさい(城西)


じょう‐せい〔ジヤウ‐〕【情勢/状勢】

読み方:じょうせい

変化していく物事の、その時々のようす。今、物事どのように動いていて、今後うなってきそうかという、状況流れ方向。「緊迫した—にある」「国際—」「—判断


じょう‐せい〔ジヤウ‐〕【情性】

読み方:じょうせい

人情性質性情。心。

感情働き


じょう‐せい〔ヂヤウ‐〕【醸成】

読み方:じょうせい

[名](スル)

原料発酵させて酒や醤油などをつくること。醸造。「酒を—する」

ある状態・気運などを徐々につくり出すこと。「不穏な空気が—されつつある」

「醸成」に似た言葉

上星 (じょうせい)




じょうせいと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

じょうせいのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



じょうせいのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
鈴木鍼灸整骨院鈴木鍼灸整骨院
Copyright(C)2022 SUZUKI Acupuncture&Moxibustion&Osteopathy all rights reserved

©2022 GRAS Group, Inc.RSS