あけびとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > > > あけびの意味・解説 

あけび [0] 【〈木通〉・〈通草〉】

アケビ科つる性落葉低木山地自生は五小葉から成る四月ごろ,薄紫色の小花が咲く。果実楕円形で,秋,熟すと縦に裂ける。果肉甘く食べられるが三小葉から成るものをミツバアケビという。つるを利用して,椅子(いす)細工物などを作る木部利尿鎮痛薬とする。 [季] 秋。 〔「あけびの花」は [季]春〕

もく つう [0] 【木通】

アケビ漢名。また,アケビ木部生薬名。消炎性の利尿薬として用いられる。

あけび (通草)

Akebia quinata

Akebia quinata

Akebia quinata

Akebia quinata

Akebia quinata

わが国各地をはじめ、朝鮮半島中国分布しています。山野にふつうに生え、とくに暖かい地方でよく見られます。長く伸びて3メートル以上になり、掌状複葉小葉が5個あります4月から5月ごろ、淡い紫色から淡い黄白色の花を咲かせます。雌雄同株です。果実秋に熟して食べられます。
アケビ科アケビ属落葉蔓性木本で、学名Akebia quinata。英名はありません。
アケビのほかの用語一覧
アケビ:  五葉通草  三葉通草  通草
ムベ:  郁子

あけび

  1. 処女を失つた娘、秋になると紫色口を開く植物のあけびよりの連想

分類 学生


通草

読み方:あけび

  1. 眼。〔第二類 人物風俗
  2. 眼。(形状近似より)。
  3. 眼のこと。(形が似ていること)。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

明比

読み方
明比あけび

明日

読み方
明日あけび

アケビ

(あけび から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/05 15:47 UTC 版)

アケビ(木通、通草)は、アケビ科蔓性落葉低木の一種(学名: Akebia quinata)であるが、アケビ属(学名: Akebia)に属する植物の総称でもある。本記事ではこの種の方を扱う。


[ヘルプ]
  1. ^ a b 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). “「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)”. 2012年4月22日閲覧。
  2. ^ 池本敦「地域活性化を目指したアケビ種子抽出油脂研究会の活動」、『ビックあきた』第300巻、財団法人あきた企業活性化センター。
  3. ^ 大塚敬節 『漢方医学』 創元社〈創元医学新書〉、1990年(原著1956年)、第3版、229・238・253頁。ISBN 4-422-41110-1


「アケビ」の続きの解説一覧

  • 画数:14
  • 音読み:トウ、 ツ
  • 訓読み:あけび
  • ピンイン:tong1
  • 対応する英語:paperplant, aralia papyrifera
※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.





あけびと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「あけび」の関連用語

あけびのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



あけびのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2018 shu(^^). All rights reserved.
文部科学省文部科学省
食品成分値は文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告「五訂増補 日本食品標準成分表」、 科学技術庁資源調査会編「改訂日本食品アミノ酸組成表」によります。 食品成分値を複製又は転載する場合は事前に文部科学省への許可申請もしくは届け出が必要となる場合があります。 連絡先:文部科学省科学技術・学術政策局政策課資源室 電話(03)5253-4111(代)
皓星社皓星社
Copyright (C) 2018 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアケビ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2018 Weblio RSS