過去の気温変化 過去の気温変化の概要

過去の気温変化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/11/23 08:30 UTC 版)

この項目では、様々な時間スケールでの大気海洋温度の変動について示す。もっとも精密な気温情報は、1850年以来の温度計の記録を基にした系統だった観測が始まってからである。それ以前の時代、更新世氷期の終了以降、特に完新世では様々な見積もりがされている。

産業革命以降の世界的な気温変化

計測器による地球表層の気温データ
過去10年の月間地球表面気温変化(水平線は0.2°C間隔)。NASAゴダード宇宙科学研究所による観測結果で青線が測候所、赤線が衛星観測による海表面気温を含む気温指数。太線は12か月中心移動平均法による季節調整値。1951-1980の平均気温が基準。

一般に温度計による直接的な観察は1850年頃から始まったとされ、これ以来、地表面付近の準地球規模の気温の信頼できる記録が得られるようになった。それ以前にも温度計で計測された気温の記録が存在するが、温度計の普及率と規格化の問題があり信頼度は低い。

19世紀20世紀初頭の観測範囲は非常に少ないが、現在では気象予報に用いられるため世界中の様々な地域の気象学的な情報が得られる(例:[1])。気温の変化は規模や地域で異なるため、異なった様々な箇所からのデータを合わせて、地球規模での平均的な変化を見積もることになる。

これらのデータから、19世紀後半以降、1910年から1945年1976年から2000年の間にかけて大規模な温暖化が起こったことがわかっている[2]。現在、地球温暖化が問題となっているが、その原因が自然のものか人為的なものかが重要な問題となっている。

温度計を使った地表面の気温データが得られるようになったのと同様に、船上でも海水温が計測されるようになった[3]。これらのデータでも、1860年以来の陸上の観測地点で認められた温暖化と同様の傾向が見られた[4]にも示されている。

これらの観測地点から得られたデータから、平均の地球表層の気温は20世紀の間に0.6±0.2℃上昇したことを示す。気候変動に関する政府間パネル(IPCC)では「もっとも信頼できる見積もりによると、地球表層気温変化は19世紀後半以降に0.6℃の上昇、95%信頼区間で0.4から0.8℃上昇した」[5][6]と結論付けている。

アメリカ国立科学アカデミーの2002年およびその後の報告書でも、20世紀の世界的な温暖化の証拠を強く支持している。

温度計を使った気温の測定には、その誤差による不確実さの指摘もある。これには観測点が地球上全ての地域をカバーしているわけではないという点や、温度計の仕組みや観測方法が変化していることの影響、観測地点の土地利用の変化の影響の問題も含まれる。

船舶による海洋観測で得られた記録は、陸上で問題になる影響が少ないながら、これらもまた、観測方法が変化しているという問題がある(布製のバケツで海水を採取する方法から、エンジンの取水口から採取して計測する方法へ変化)。しかし、少なくとも都市のヒートアイランド現象の影響を受けていないという利点もある[7]

二次的データ

気温変化に影響されて起こったと思われる現象を観察することによっても、気温変化の二次的な証拠が得られる。降雪量、雪氷面積の広がり[8]海水面の上昇降水量[9]の分布[10]エルニーニョ(ENSO)、異常気象[11]などである。例えば、衛星データでは1960年代以来雪氷面積が10%減少していることがわかっている[12]。また、北半球の春と夏の海氷面積が1950年代から10%から15%減少し、20世紀を通して山岳氷河が縮小していることが認められている[13]

地域差

気温変化の原因が自然現象でも人為的なものだとしても、世界的な気温変化は一様ではなく、今後もそうであると思われる。一般には高緯度地域の変化が顕著であるといわれている。例えばアラスカの北方沿岸域は地球全体の平均よりもはるかに劇的な気温の上昇がみられる[14]。また、南極の場合、南極半島の観測地点では過去50年に2.5℃の上昇がみられる一方、東南極では特に温暖化の影響は現れていない[15]

気温変化と関連して変化する現象

気温変化と関連して変化する現象は、気温変化に影響を与えている、または気温変化に影響を受けている可能性があると考えられる。気温変化に似た変化傾向を示すものにはいくつかのデータがある。

  • 大気中の二酸化炭素濃度[16][17](気温と関連、40万年前から、または1960年以降)
  • 大気中のエアロゾル濃度[18](気温と関連、40万年前から)
  • 大気中のメタン濃度[19](酸素同位体濃度(気温変化と関連していると考えられている)と関連、3万5000年前から)
  • 太陽活動の周期[20][21](北半球の気温・表面海水温(SST)と関連、1860年以降)
  • 太陽黒点の個数[22](気温・冬の気温・北極寒気団の勢力(冬の気温と関連すると考えられている)と関連、1600年以降)
  • 宇宙線量[23](雲量(雲量増加が気温低下と関連すると考えられている)と関連、1980年以降)(スベンスマーク効果
  • 太陽磁場流束[24](気温と関連、1860年以降)
  • 太陽放射量[25](気温と関連、1600年以降)



[ヘルプ]






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「過去の気温変化」の関連用語

過去の気温変化のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

モリブデン鉛鉱

ウメイロ

マップケース

皇太子殿下御成婚記念500円白銅貨幣

フサヒメホウキタケ

さんふらわあ さっぽろ

ゼニガタフシエラガイ

ヨモギ





過去の気温変化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの過去の気温変化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS