世界四大文明 世界四大文明の概要

世界四大文明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/22 13:02 UTC 版)

ここでいう「四大文明」とは、メソポタミア文明エジプト文明インダス文明黄河文明をさす[1]メソアメリカ文明アンデス文明などのアメリカ大陸の文明は含まれていないが、これらを含めて六大文明と解釈することもある。

欧米では、「肥沃な三日月地帯」や前述の六大文明などといった人類の古代文明の発祥の地を「文明のゆりかご」(Cradle of civilization)などと呼ぶ。

起源と影響

「四大文明」の考え方の原型は梁啓超の『二十世紀太平洋歌』(zh:二十世紀太平洋歌)という詩[2]の中にあり、「地球上の古文明の祖国に四つがあり、中国・インド・エジプト・小アジアである」と述べている。ジャーナリスト・政治家であった梁啓超は戊戌の変法が失敗した後日本に亡命しており、1889年末にハワイの同志に会うために太平洋を横断した際の詩を詠んだ。この詩で、梁啓超は世界史の三つの大きな区分を呈示している。第一は大河の周辺に四大文明が出現した「河流文明時代」、第二が地中海紅海黄海などの内海周辺に文明が広がった「内海文明時代」、そして今は大航海時代以降の「大洋文明時代」であるという。

北朝鮮は「大同江文化」を加えて独自に「世界五大文明」だとしている[3]

なお、日本の考古学者江上波夫が「四大文明」は自身の造語であると主張していた、とする見解がある。[4]

縄文文明論

最近進んだ縄文時代の三内丸山遺跡の調査成果を踏まえて、縄文時代を「縄文文明」と呼称し、世界四大文明などの古代文明に匹敵する高度な古代文明社会として位置づけようとする論がある[5]

NHKスペシャル

2000年にNHKスペシャルで『四大文明』というタイトルで特集番組が放送され、関連書籍が出版された。

脚注

関連項目

四大河文明




  1. ^ 四大文明 とは - コトバンク
  2. ^ 壬寅新民叢報彙編・881頁所収(近代デジタルライブラリー)
  3. ^ 평양이 세계 5대 문명 발상지 중 한곳? 「平壌が世界5大文明発祥地の中の1ヶ所?」 東亜ドットコム(東亜日報) 2011年6月24日
  4. ^ 『3─内陸アジア史研究26(2011.3)特集:公開シンポジウム「内陸アジア史研究の課題と展望」内陸アジア史研究の新潮流と世界史教育現場への提言』 p6注14に「「四大文明」というのは, 第二次世界大戦後に日本でそれまでの西洋史と東洋史を統合した高校「世界史」が生まれた時に,西欧中心史観であるユーロセントリスムを打破する目的で江上波夫によって作り出された 概念である」「杉山正明・京大教授より,かつて江上波夫先生と面談した時に直接御本人からそのことを伺った,と教えられた。」とある
  5. ^ 安田喜憲著『縄文文明の環境』吉川弘文館、1997年、梅原猛安田喜憲編著『縄文文明の発見』PHP研究所、1995年など。


「世界四大文明」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「世界四大文明」の関連用語

世界四大文明のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

キャニスタ

奥村五百子

ヒゲ

ヒメケアシホンヤドカリ

OH-6DA

ファテープル・シークリー

ヒメゴホンツノカブト

ウインドガラスブレーカーナイフ





世界四大文明のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの世界四大文明 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS