カール・ウィットフォーゲルとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 学者・研究者 > 歴史学者 > ドイツの歴史学者 > カール・ウィットフォーゲルの意味・解説 

ウィットフォーゲル【Karl August Wittfogel】

[1896〜1988米国経済史家。ドイツ生まれ1934年米国亡命東洋社会、特に中国農業社会研究。著「解体過程にある中国の経済社会」など。


カール・ウィットフォーゲル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/04 23:36 UTC 版)

カール・アウグスト・ウィットフォーゲル(Karl August Wittfogel、1896年9月6日 - 1988年5月25日)は、ドイツで生まれアメリカに帰化した社会学者、歴史学者。ドイツ語では「ヴィットフォーゲル」とも表記される。


  1. ^ Robbins, Paul (2010). Political Ecology : A Critical Introduction. Wiley. ISBN 9780470657324. p.56-57
  2. ^ Needham, Joseph (1959). "(Review) Oriental Despotism". Science and Society. 23 (1): 59. JSTOR 40400613.


「カール・ウィットフォーゲル」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カール・ウィットフォーゲル」の関連用語

カール・ウィットフォーゲルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カール・ウィットフォーゲルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカール・ウィットフォーゲル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS