5000形とは?

5000形

5000形

1969年就役2600形に代わる大型高性能車として、制御装置2400形の改良タイプ採用し、中高速域の運転性能を向上させました。また、初め冷房装置導入現在の車両は、車いすスペース設置や座席のバケットシート化など改良が行われています。


5000形

5000形
 昭和50年デビューした通勤車両で、現在40編成136保有しており、同一車両形式としては当社でもっとも多い車両です。また、ラッシュ時には特急としても運用される、天神大牟田線主力車両です。
  先頭部は前面窓に切妻構造採用し、運転席前面窓には曲面窓を使用して視野拡大を図っています。また、この形式より過去外部色を一新し、現在のアイスグリーン色の車体にボンレットの帯を配したデザインとなりました。
  昭和57年新造車からは、静止形インバータ採用し、省電力・省保守化を図っています。また、出入口は、片側3扉とし、座席全てロングシートとしており通勤時の輸送力の向上を図っています。
  現在、車体更新工事継続中で、平成13年3月竣工5121-5321-5521号車より座席幅の拡幅行い1人当りの座席幅を450とし、ゆとりのある乗車が可能となっています。また座席中央部には7000形同様のスタンションポール併せて新設サービスの向上に努めています。

編 成 40編成136
★印は車いすスペース設置車両平成21年4月現在)
 3両×24編成72
Mc M Tc -
★5101 5301 ★5501 -
★5102 5302 ★5502 -
★5103 5303 ★5503 -
5104 5304 5504 -
5111 5311 5511 -
★5112 5312 ★5512 -
★5113 5313 ★5513 -
5114 5314 5514 -
★5115 5315 ★5515 -
★5116 5316 ★5516 -
★5117 5317 ★5517 -
★5118 5318 ★5518 -
★5119 5319 ★5519 -
★5120 5320 ★5520 -
5121 5321 ★5521 -
★5122 5322 ★5522 -
★5123 5323 ★5523 -
★5124 5324 ★5524 -
★5125 5325 ★5525 -
★5126 5326 ★5526 -
★5127 5327 ★5527 -
★5128 5328 ★5528 -
★5129 5329 ★5529 -
★5130 5330 ★5530 -
 4両×10編成40
Tc1 M1 M2 Tc2
5005 5205 5305 5505
★5006 5206 5306 ★5506
5007 5207 5307 5507
5008 5208 5308 5508
5009 5209 5309 5509
5010 5210 5310 ★5510
★5032 5232 5332 ★5532
★5033 5233 5333 ★5533
★5034 5234 5334 ★5534
5035 5235 5335 5535
 4両×6編成24
Mc M T Tc
★5131 5331 5431 ★5531
5136 5336 5436 5536
★5137 5337 5437 ★5537
5138 5338 5438 5538
5139 5339 5439 5539
★5140 5340 5440 ★5540

諸 元
 3両×24編成72
項目 Mc M Tc -
車体 長さ 19500mm -
2740mm -
高さ 4060mm 4220mm 4060mm -
扉数(片側) 3扉  
定員(座席) 140(50)名 150(60)名 140(50)名 -
制御方式 - 抵抗 - -
モーター出力 135kw×4台 135kw×4台 - -
ブレーキ方式 空制・電制 空制・電制 空制 -
製造初年 昭和50年 -
 4両×10編成40
項目 Tc1 M1 M2 Tc2
車体 長さ 19500mm
2740mm
高さ 4060mm 4060mm 4220mm 4060mm
扉数(片側) 3扉
定員(座席) 140(50)名 150(60)名 150(60)名 140(50)名
制御方式 - - 抵抗 -
モーター出力 - 135kw×4台 135kw×4台 -
ブレーキ方式 空制 空制・電制 空制・電制 空制
製造初年 昭和52年
 4両×6編成24
項目 Mc M T Tc
車体 長さ 19500mm
2740mm
高さ 4060mm 4220mm 4060mm 4060mm
扉数(片側) 3扉
定員(座席) 140(50)名 150(60)名 150(60)名 140(50)名
制御方式 - 抵抗 - -
モーター出力 135kw×4台 135kw×4台 - -
ブレーキ方式 空制・電制 空制・電制 空制 空制
製造初年 昭和60年

5000形 赤がえる

5000形赤がえる
昭和29年東急東横線デビューし、同線沿線で「青がえる、がえる」のニックネーム親しまれた。
昭和56年当社線に入線し、赤色塗装したため地元鉄道マニアから「赤がえる」として親しまれた。
現在1編成(2両)が岳南富士岡駅留置されている。12年鉄道の日に岳富士岡駅メイン会場として行われた「岳沿線赤がえるまつり」では、江尾駅吉原駅間の1往復運行した。

1000形(120) 3000形(300・315・325・335) 5000形(500)

1000形ー120
1000形
大正15年製造
ことでん弊社車両
3000形315
1000形
大正15年製造
ことでん弊社車両
5000形ー500
1000形
昭和3年製造
ことでん弊社車両

高松琴平電気鉄道開業時から走り続けている車両で、1000形と3000形大正15年に、その増備型である5000形は昭和3年デビューしました。いずれも半室運転台で3扉車です。1000形は汽車曾車で5両が製造され、当時戸袋窓が楕円形になっていました。また、車内ニス塗りから水色ペンキ塗装変更されています。
3000形日本車輌で5両が製造され、外観は1000形とほぼ同様であるが、相違点窓枠が1000形にはRがついているに対して3000形は角張っているほか、ウインドヘッダー取り付けられています。また、パンダグラフ当初から琴電琴平寄り設けられています。
5000形は加藤車両で3両が製造され、当時付属車で片運転台でした。1000形・3000形との相違点テールライト正面上部移動され、前面貫通扉横引きになったほか、戸袋窓は当初から原型のままです。その後昭和28年からは電動車改善され、同時に運転台化されました。
昭和42年から1000形・3000形更新改造工事始まり戸袋窓・貫通扉乗降扉の更新がされたほか、1000形はパンダグラフ高松築港寄りから琴平寄り変更されました。一方3000形では315号が運転台拡張工事行いました。さらに335345号は昭和58年860号や890形などの単独Tc車と組むために主電動機パワーアップおこないました。
琴平線大型車導入に伴い長尾線志度線への転出平成2年完成しました。この間に、昭和51年志度線にて1000形同士110号・140号)が正面衝突事故廃車となりました。
また、5000形520号は琴平線1070形投入に伴い昭和59年平成10年からの長尾線志度線600形投入に伴い、1000形100号・130号、3000形345号及び5000形510号がそれぞれ廃車となりました。

3000形325号車は平成18年9月6日引退


5000系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/02/12 20:02 UTC 版)

(5000形 から転送)

5000系(5000けい)とは、5000の数値を使用するないしは4桁の数値の内上1桁目が「5」を使用する体系を持つものを指す。




「5000系」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

5000形に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「5000形」の関連用語

5000形のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

7050形

5000形

1000形

7000形

1200形

6050形

ED501

1000形





5000形のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
小田急電鉄小田急電鉄
Copyright 2016 Odakyu Electric Railway Co., Ltd. All Rights Reserved.
西日本鉄道西日本鉄道
Copyright(C) 2000-2016 by Nishi-Nippon Railroad Co., Ltd.
岳南鉄道岳南鉄道
Copyright (C) 2016 岳南鉄道 All rights reserved.
ことでんことでん
Copyright(C)2016 BY THE TAKAMATSU-KOTOHIRA ELECTRIC RAILROAD Co.,Ltd.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの5000系 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS