ワンマン運転とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ワンマン運転の意味・解説 

ワンマン運転

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/12 16:27 UTC 版)

ワンマン運転(ワンマンうんてん)とは、車掌が乗務せず、運転士一人によるバス旅客列車の運行方法である。 車掌の業務である運賃授受や発車時の安全確認などは運転士が兼務する。バスの場合はワンマンバス、列車の場合はワンマン列車ワンマンカーと呼ばれる[1][2]


[ヘルプ]
  1. ^ a b ワンマン運転と区別するため、運転士と車掌が乗務している運行をツーマン運転もしくはツーメン運転と呼ぶことがある。
  2. ^ 千歳篤・奥野和弘「函館市電ワンマンカー運転進む」『鉄道ファン Vol.9 No.98 1969年8月号』、交友社、pp.52-54、1969年。『世界の鉄道’73』、朝日新聞社、pp.44・70・72・80・91・95、1973年。東京工業大学鉄道研究部 『路面電車ガイドブック』、誠文堂新光社、pp.201-211・278、1976年など。
  3. ^ 鈴木文彦『高速バス大百科』p200(1989年8月9日初版・ISBN 4924420360
  4. ^ 第2章北海道バス懇和会の誕生(北海道バス協会)
  5. ^ 澤内一晃「ワンマン運転の歴史過程」『鉄道ピクトリアル No.887 2014年3月号』、電気車研究会、p.11、2014年。
  6. ^ 交友社鉄道ファン (雑誌)』1986年4月号(通巻300号)p94 GROUP ALL STATES LINE プラスバス
  7. ^ 京成電鉄の資料「京成電鉄85年のあゆみ」では1957年に市川 - 松戸線のバスで自社が行ったのが最初という記述があるが、これは大阪市交の先行事例や、1957年以前に複数の事業者が導入していることから、誤った記述である。
  8. ^ 1999年(平成11年)の労働基準法改正まで、看護師(看護婦)など一部の職種を除き、22時から翌朝5時までの深夜帯に女性の勤務はできなかった。近年まで鉄道やバスの車掌や運転士などの乗務員、駅員が男性ばかりだったのは深夜時間帯の勤務があったことによる。
  9. ^ 札幌市交通局では雇用確保の観点からワンマン化に消極的で、この時期は市営バスのごく一部のみへの導入にとどまっている。同局でワンマン化が進むのは、市電が1969年(昭和44年)、バスに至っては1972年(昭和47年)の札幌オリンピック終了後となる。
  10. ^ 『鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション12 路面電車の時代 1970』、電気車研究会、pp.23・56、2007年。
  11. ^ 我が社(日立電鉄)のワンマン運転とその背景川崎勉日立電鉄)、2001.6 運転協会誌Vol.43, No.6, Page17-20、リンク先は科学技術振興機構の文献検索JDreamII)
  12. ^ 澤内一晃「ワンマン運転の歴史過程」『鉄道ピクトリアル No.887 2014年3月号』、電気車研究会、pp.17-18、2014年。
  13. ^ ホームドア東京都交通局における正式名称である。
  14. ^ 基本的にハウステンボス号の早岐―ハウステンボス間ならびに2両編成の気動車列車が対象で、多客期に増結される場合は車掌も乗務する。
  15. ^ 運転士が使用する携帯時刻表では全ドアが開扉する駅では停車場名(駅名)の横に丸印の「全」という赤文字の押印がされている。


「ワンマン運転」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ワンマン運転」の関連用語

ワンマン運転のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

榊原鍵吉

バドミントン

桐紋雁金鍵透図鐔

タンキリマメ

ゲヴュルツトラミナー

富士箱根伊豆国立公園

てん

600形





ワンマン運転のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのワンマン運転 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS