タイの文化とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > タイの文化の意味・解説 

タイの文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/07/25 12:35 UTC 版)

タイの文化インド起源のバラモン文化を中心にし、それに仏教思想の影響を受けたものが多い。例えば彫刻はほとんどが仏像に限られ、建築も仏教寺院建築が主である一方、寺院の壁画にヒンドゥーの起源の説話が挿入されていたり、ヒンドゥー教の神々・生物が装飾として置かれていたりと美術面ではヒンドゥー的要素がむしろ顕著である。絵画も主なものは寺院の壁画である。古典劇及び古典文学もこれらの影響を強く受けており、伝統的タイ文学はほとんどが韻文である。




  1. ^ 多数の村落がまとまった社会
  2. ^ 多数のムアンが家系や交易、文化交流などによって緩やかにまとまった社会
  3. ^ 中央大学政策文化総合研究所監修、柿崎千代訳、世界の教科書シリーズ6『タイの歴史-タイ高校社会科教科書』明石書店 2004年1月 51ページ


「タイの文化」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「タイの文化」の関連用語

タイの文化のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

陸奥宗光

伊勢和紙

デオ800系

山奈

VT667J/3FD3

チギレフシエラガイ

ツルハシ

ダブルリボン





タイの文化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのタイの文化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS