Cheese! 発行部数

Cheese!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/23 16:27 UTC 版)

発行部数

  • 2003年9月1日 - 2004年8月31日、174,833部[3]
  • 2004年9月 - 2005年8月、155,833部[3]
  • 2005年9月1日 - 2006年8月31日、148,167部[3]
  • 2006年9月1日 - 2007年8月31日、144,750部[3]
  • 2007年10月1日 - 2008年9月30日、133,000部[3]
  • 2008年10月1日 - 2009年9月30日、117,667部[3]
  • 2009年10月1日 - 2010年9月30日、103,917部[3]
  • 2010年10月1日 - 2011年9月30日、90,417部[3]
  • 2011年10月1日 - 2012年9月30日、82,084部[3]
  • 2012年10月1日 - 2013年9月30日、76,334部[3]
  • 2013年10月1日 - 2014年9月30日、70,750部[3]
  • 2014年10月1日 - 2015年9月30日、61,250部[3]
  • 2015年10月1日 - 2016年9月30日、59,417部[3]
  • 2016年10月1日 - 2017年9月30日、51,750部[3]
  • 2017年10月1日 - 2018年9月30日、41,750部[3]
  • 2018年10月1日 - 2019年9月30日、30,833部[3]

脚注

[脚注の使い方]

外部リンク




  1. ^ 「ぴんとこな」の嶋木あこ、Cheese!で新連載!マンガから始まる恋物語”. コミックナタリー (2016年2月24日). 2016年2月24日閲覧。
  2. ^ “「故意ですが恋じゃない」の浅野あやが描く危険な恋、プレミアCheese!で開幕”. コミックナタリー. (2017年1月5日). http://natalie.mu/comic/news/215827 2017年1月6日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 日本雑誌協会JMPAマガジンデータによる1号当たり平均部数。


「Cheese!」の続きの解説一覧

チーズ

(Cheese! から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/02 00:10 UTC 版)

チーズ英語: cheese)とは、乳製品の一種で、水牛山羊ヤクなど鯨偶蹄目反芻をする家畜から得られるを原料とし、乳酸発酵柑橘果汁の添加で酸乳化した後に加熱し固形分(主としてカゼイン)を濾しとる方法や、酵素レンネット)添加により凝固体(カード)となったものをカットやクラッシュしてから布などで濾し、液体成分(ホエー)と分離してさらに脱水して製造した食品。伝統的に乳脂肪を分離したバターと並んで、家畜の乳からつくる保存食として牧畜文化圏で重要な位置を占めてきた。日本語中国語での漢語表記は、北魏時代に編纂された『斉民要術』に記されているモンゴル高原型の乳製品加工の記述を出典とする乾酪(かんらく)である。




  1. ^ No,001- チーズの歴史 - 勝沼醸造株式会社
  2. ^ チーズの歴史って? - オーダーチーズ・ドットコム
  3. ^ 「7000年前にチーズ作り、土器に証拠発見 ネイチャーAFPBB(2012年12月13日)2015年12月20日閲覧
  4. ^ 世界の雑記帳:7500年前にチーズ製造の証拠、土器から発見=研究ロイター毎日新聞(2012年12月13日)2019年11月11日閲覧
  5. ^ ブリュノ・ロリウー著『中世ヨーロッパ 食の生活史』pp82-83 吉田春美訳 原書房 2003年10月4日第1刷
  6. ^ 『チーズと文明』p61 ポール・キンステッド 築地書館 2013年6月10日初版発行
  7. ^ 林弘通『20世紀乳加工技術史』p12 幸書房 2001年10月30日初版第1刷発行
  8. ^ 林弘通『20世紀乳加工技術史』p161 幸書房 2001年10月30日初版第1刷発行
  9. ^ a b c 【業務関連情報】日本人とチーズ”. 独立行政法人農畜産業振興機構. 2015年12月23日閲覧。
  10. ^ 「日本チーズ物語」一般社団法人Jミルク(2015年12月20日閲覧)
  11. ^ 林弘通『20世紀乳加工技術史』p156 幸書房 2001年10月30日初版第1刷発行
  12. ^ a b c d e 「【チーズ】味や香りのちがいとは?どうやってつくられる?」『ニュートン』第33巻第1号、株式会社ニュートンプレス、2013年1月、 120-121頁。
  13. ^ 木村則生『プロフェッショナル・チーズ読本 プロが教えるチーズの基本知識から扱い方まで』p38 誠文堂新光社 2011年11月30日発行
  14. ^ 「アラブ世界のラクダ乳文化」p74 堀内勝/『乳利用の民族誌』所収 雪印乳業株式会社健康生活研究所編 石毛直道・和仁皓明編著 中央法規出版 1992年3月10日初版発行
  15. ^ 話題の「ラクダ」食品、世界に売り込みCNN(2014年11月6日)2015年10月30日閲覧
  16. ^ 牛乳・乳製品の知識 第3章 乳製品のはなし(日本酪農乳業協会)
  17. ^ プロセスチーズ雪印メグミルク(2015年12月20日閲覧)
  18. ^ 松成容子編『チーズポケットブック 2007~2008年版』p126 旭屋出版 2006年11月22日初版発行
  19. ^ ジュリエット・ハーバット監修『世界チーズ大図鑑』p22-23 柴田書店 2011年1月25日初版発行
  20. ^ チーズ | 食育レシピ|meiji - Meiji Co., Ltd.” (日本語). 明治の食育|株式会社 明治 - Meiji Co., Ltd.. 2020年8月25日閲覧。
  21. ^ a b c d e UN Food & Agriculture Organisation (FAO)[1]
  22. ^ Total and Retail Cheese Consumption – Kilograms per Capita”. Canadian Dairy Information Centre. 2013年5月20日閲覧。
  23. ^ Switzerland Cheese Marketing AG, Consommation de fromage par habitant en 2012
  24. ^ USDA, Food and Agricultural Organization, Cheese Statistics
  25. ^ a b 【論説】国産チーズ新局面 需要創造と所得支援を『日本農業新聞』2019年11月15日(3面)
  26. ^ 松成容子編『チーズポケットブック 2007~2008年版』p25 旭屋出版 2006年11月22日初版発行
  27. ^ a b c d チーズの統計”. 日本輸入チーズ普及協会. 2015年12月23日閲覧。
  28. ^ 「日欧EPA半年 国内市場に浸透 チーズ、ワイン2割超増」『日本農業新聞』2019年8月1日(2019年11月20日閲覧)
  29. ^ 林弘通『20世紀乳加工技術史』p31 幸書房 2001年10月30日初版第1刷発行
  30. ^ 「国産消費もっと 東京でチーズフェスタ」『日本農業新聞』2019年11月12日(7面)
  31. ^ 「国産チーズ 世界へ飛躍/国際コンテストに初の本格出品◀栃木の工房、ベスト16に◀東京からも参加/全国の作り手、5年で1.3倍」『日経MJ』2019年11月10日(12面)
  32. ^ 「日本チーズ協会発足へ 認証事業で国産身近に/輸入攻勢 品質で対抗」『日本農業新聞』2019年10月31日(2面)2019年11月11日閲覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Cheese!」の関連用語

Cheese!のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Cheese!のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのCheese! (改訂履歴)、チーズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS