ナチュラルチーズとは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 酪農用語 > ナチュラルチーズの意味・解説 

ナチュラルチーズ


ナチュラルチーズは、原料乳のたんぱく質脂肪などを酵素レンネット)や乳酸菌スターター)などで固め、加塩後に水分を切ったもの、また水分切りの後に熟成させたものなどをいいます。ナチュラルチーズは、脂肪含量熟成のさせ方、原料乳やカビ種類などによって分類されます。

ナチュラルチーズ フレッシュタイプ
熟成させずに、原料乳を固めホエー水分)を切ったただけのチーズで、「モッツアレラ」「カッテージ」などがあります

ナチュラルチーズ カビ・青カビタイプ
カビ青カビなどで熟成させたタイプで、「カマンベール」や「ブリー」、「ロックフォール」や「ゴルゴンゾーラ」などがあります

ナチュラルチーズ ウォッシュタイプ
チーズ表面塩水お酒などで洗いながら最近熟成させるために「ウォッシュ」と呼ばれ、外皮たくましく強い香りを放っています。

ナチュラルチーズ セミハードタイプ
固め原料乳を圧搾して整型し、加塩後に酵素乳酸菌でじっくり熟成させるチーズで、「ゴーダ」や「ラクレット」などが代表的です。

ナチュラルチーズ ハードタイプ
セミハードより固く、長く熟成させるため深い味わい特徴です。「チェダー」や「パルミジャーノ・レジアーノ」などがこのタイプです。

ナチュラルチーズ シェ−ブルタイプ
山羊の乳から作るチーズ総称を「シェーブル」といいます。山羊乳独特の強い香り特徴で「サントモール」などが代表的です。


<「売場で役立つ牛乳知識 VOL.5」より>

参考ナチュラルチーズの知識


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ナチュラルチーズ」の関連用語

ナチュラルチーズのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ナチュラルチーズのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
一般社団法人中央酪農会議一般社団法人中央酪農会議
(C) 2020 Japan Dairy Council All right reserved.
文部科学省文部科学省
食品成分値は文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告「五訂増補 日本食品標準成分表」、 科学技術庁資源調査会編「改訂日本食品アミノ酸組成表」によります。 食品成分値を複製又は転載する場合は事前に文部科学省への許可申請もしくは届け出が必要となる場合があります。 連絡先:文部科学省科学技術・学術政策局政策課資源室 電話(03)5253-4111(代)

©2020 Weblio RSS