リンゴ 果実

リンゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/29 09:08 UTC 版)

果実

産地

リンゴの生産国トップ10
(単位 t)
順位 2010年 2011年 2012年
1 中国 33,263,000 35,985,000 37,000,000
2 アメリカ合衆国 4,214,599 4,275,108 4,110,046
3 トルコ 2,600,000 2,680,075 2,889,000
4 ポーランド 1,877,906 2,493,078 2,877,000
5 インド 1,777,200 2,891,000 2,203,000
6 イタリア 2,204,972 2,411,201 1,991,312
7 イラン 1,662,430 1,842,972 1,700,000
8  チリ 1,624,242 1,588,347 1,625,000
9 ロシア 992,000 1,200,000 1,403,000
10 フランス 1,778,433 1,857,349 1,382,901
世界 60,271,191 65,800,145 63,454,495
出典:UN Food & Agriculture Organization[64]

FAO(国際連合食糧農業機関)の統計によると、2013年の世界のりんご生産量は8,080万トンであった[17]。2013年の生産量では中国がトップでアメリカ合衆国トルコポーランドインドと続く[17]

中国

中国ではリンゴの生産が急増しており、世界の5割弱の生産量を占めるに至っている[17]

2016年時点では、全生産高の約70%が日本で品種改良されたふじである[65]

中国北部の黄土高原渤海湾地域は日照時間や昼夜の温度差などの環境条件から、世界最大のリンゴ適地生産区となっている[17]。中国では、生産規模・主要品種・気候条件などにより6つのリンゴ生産区に分けられている[20]。特に主要なリンゴ生産区は渤海湾リンゴ生産区と中部リンゴ生産区である[20]

渤海湾リンゴ生産区
遼寧省南部・遼寧省西部・山東省東部を中心に、河北省・北京市・天津市などを含めた地域[20]
中部リンゴ生産区
北緯35度以南の江蘇省から陝西省にかけての地域[20]

中国では特に生食用果樹園と加工用果樹園の区分はなく、生食用として市場で売れなかった分を加工工場に送るのが一般的である[20]

日本

日本におけるリンゴの収穫量、出荷量(2015年)[66]
都道府県 収穫量(単位 t) 出荷量(単位 t)
全国 811,500 727,700
青森県 470,000 427,300
長野県 157,200 139,000
山形県 50,600 44,400
岩手県 48,600 41,800
福島県 26,300 23,100
秋田県 22,900 20,300
群馬県 9,280 8,270
北海道 7,660 7,080
宮城県 3,740 3,190
岐阜県 1,990 1,790
富山県 1,510 1,320
広島県 1,420 1,360
山梨県 913 782
石川県 754 658

日本では、1962年(昭和37年)から1971年(昭和46年)の10年間に100万トンを超えたが、価格は低迷し、この時期から減少傾向となっている[17]

日本国内での主な産地は次の通り。青森・長野の上位2県が、全国生産量のおよそ75%を占め、ミカンとは対照的に冷涼な気候で育つ果樹の代表格である。

上記の道県以外にも、新潟県佐渡市、石川県金沢市、鳥取県大山町などに小規模な産地がある。

りんごを自治体の花・木に指定していることも多い。

  • 北海道
    • 余市町、釧路町、七飯町
  • 青森県
    • 青森県、弘前市、黒石市、平川市
  • 長野県
    • 長野市、飯田市、飯綱町

貯蔵・保存

生産地

低温倉庫または低温加湿倉庫で保存する。長期保存の場合、低温酸素二酸化炭素雰囲気(CA貯蔵)で行われる[67][リンク切れ][68]

消費者

水分の蒸発を抑えるため、できるだけ密閉し冷蔵庫の野菜室などに入れることが望ましい。

栄養価

りんご 皮むき 生[69]
100 gあたりの栄養価
エネルギー 240 kJ (57 kcal)
15.5 g
デンプン 正確性注意 12.4 g
食物繊維 1.4 g
0.2 g
飽和脂肪酸 0.01 g
多価不飽和 0.03 g
0.1 g
ビタミン
ビタミンA相当量
(0%)
1 µg
(0%)
12 µg
チアミン (B1)
(2%)
0.02 mg
ナイアシン (B3)
(1%)
0.1 mg
パントテン酸 (B5)
(1%)
0.03 mg
ビタミンB6
(3%)
0.04 mg
葉酸 (B9)
(1%)
2 µg
ビタミンC
(5%)
4 mg
ビタミンE
(1%)
0.1 mg
ミネラル
カリウム
(3%)
120 mg
カルシウム
(0%)
3 mg
マグネシウム
(1%)
3 mg
リン
(2%)
12 mg
鉄分
(1%)
0.1 mg
(3%)
0.05 mg
他の成分
水分 84.1 g
水溶性食物繊維 0.4 g
不溶性食物繊維 1.0 g
ビオチン (B7) 0.5 µg
有機酸 0.5 g

ビタミンEはα─トコフェロールのみを示した[70]。廃棄部位:果皮および果しん部
%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標 (RDIの割合。

果実は、ブドウ糖果糖蔗糖などの糖類と、リンゴ酸クエン酸酒石酸コハク酸などの有機酸のほか、ペクチンフラボノイドクエルセチン)、ビタミンAB1Cプロリンなどのアミノ酸、その他芳香物質を含んでいる[15]食物繊維やビタミンC、カルシウム鉄分カリウムが豊富で、カリウムは高血圧予防によく、食物繊維のペクチンには整腸作用がある[5]。有機酸や糖によるのどの渇き止め、清涼作用の効果と、タンニンがもたらす収斂作用により整腸・下痢止め作用がある[15]。滋養や保健に役立つとされ、食欲増進、消化促進、下痢の予防などの滋養保健に果実を生食するのがよく、常食すれば動脈硬化に役立つといわれている[15]

「1日1個のリンゴは医者を遠ざける」(An apple a day keeps the doctor away.) というがあるように、リンゴは栄養価が高い果実として食されてきた。リンゴに含まれるリンゴポリフェノールには脂肪の蓄積を抑制する効果があるともいわれる[71]。生産者の間では広く知られているが、5月から6月に摘果した直径3 cm程度の未熟果の一部は、秋まで土の上で腐らず残っている。この成分はポリフェノールの一種が関係していることが研究の結果明らかになった。

リンゴの蜜

完熟したリンゴの断面中央の種子のまわりに現れる琥珀色の部分はソルビトールという物質で、俗にリンゴの「蜜」とよばれる[5]。蜜の部分は甘くないが、蜜入りリンゴは完熟しているため、全体が甘く感じる[5]。リンゴの品種によって蜜の入り方に違いが見られ、「サンふじ」や「スターキング」は蜜が入りやすく、「ゴールデンデリシャス」や「つがる」は蜜が入りにくい[5]


注釈

  1. ^ 1999年で五割のシェア。
  2. ^ 旧農林省園芸試験場東北支場。
  3. ^ AppleパソコンMacintosh」の名前の由来。

出典

  1. ^ McNeill, J.; Barrie, F.R.; Buck, W.R.; Demoulin, V.; Greuter, W.; Hawksworth, D.L.; Herendeen, P.S.; Knapp, S.; Marhold, K.; Prado, J.; Reine, W.F.P.h.V.; Smith, G.F.; Wiersema, J.H.; Turland, N.J. (2012). International Code of Nomenclature for algae, fungi, and plants (Melbourne Code) adopted by the Eighteenth International Botanical Congress Melbourne, Australia, July 2011. Regnum Vegetabile 154. A.R.G. Gantner Verlag KG. ISBN 978-3-87429-425-6. http://www.iapt-taxon.org/nomen/main.php?page=art19  Article 19.5, ex. 5
  2. ^ a b 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Malus domestica Borkh. セイヨウリンゴ(標準)”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2023年2月1日閲覧。
  3. ^ a b 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Malus pumila Mill. var. domestica (Borkh.) C.K.Schneid. セイヨウリンゴ(シノニム)”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2023年2月1日閲覧。
  4. ^ a b 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Malus pumila Mill. セイヨウリンゴ(シノニム)”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2023年2月1日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n 猪股慶子監修 成美堂出版編集部編 2012, p. 212.
  6. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Malus asiatica Nakai”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2020年6月13日閲覧。
  7. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Malus baccata (L.) Borkh.”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2020年6月13日閲覧。
  8. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Malus baccata (L.) Borkh. var. baccata”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2020年6月13日閲覧。
  9. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Malus baccata (L.) Borkh. var. mandshurica (Maxim.) C.K.Schneid.”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2020年6月13日閲覧。
  10. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Malus doumeri (H.Boissieu) A.Chev.”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2020年6月13日閲覧。
  11. ^ 檎とは? 部首・画数・読み方・意味(goo辞書)
  12. ^ 藤堂明保編学研漢和大字典 1978,p.675.
  13. ^ 檎-ウィクショナリー日本語版 https://ja.wiktionary.org/wiki/檎 2021年3月16日閲覧。
  14. ^ a b c d e f 貝津好孝 1995, p. 78.
  15. ^ a b c d e f g h i j k l m 田中孝治 1995, p. 164.
  16. ^ a b 村端五郎、Apple -その「実」と「名称」をめぐって- 国際社会文化研究 2006/12/31, hdl:10126/2996
  17. ^ a b c d e f g h i りんご くだもの辞典”. うるおいのある食生活推進協議会. 2017年2月7日閲覧。
  18. ^ 【食材ノート】果肉赤いリンゴ 生でも/健康志向で機能性注目『日経MJ』2018年2月12日(フード面)
  19. ^ 【仰天ゴハン】中まで赤~いりんご(青森県五所川原市)情熱の花が開く果肉『読売新聞』朝刊2018年10月7日(別刷り・よみほっと)。
  20. ^ a b c d e f g 中国におけるリンゴの生産・流通事情調査報告書 中央果実基金・海外果樹農業情報 No.84, p.33-36, 2005 (PDF) 中央果実協会
  21. ^ a b 『本草綱目』第30巻「林檎」
  22. ^ 高坂リンゴ 八十二文化財団
  23. ^ 『越前松平試農場史』
  24. ^ 藩主近習の小川仙之助『御参勤御供中日記』
  25. ^ 『広報いたばし』2009年3月21日
  26. ^ Apple production in 2021; from pick lists: Crops/World Regions/Production Quantity”. FAOSTAT, UN Food and Agriculture Organization, Statistics Division (2023年). 2023年4月23日閲覧。
  27. ^ a b c 猪股慶子監修 成美堂出版編集部編 2012, p. 216.
  28. ^ a b c 日本放送協会. “規格外の野菜・果物=安い、は古い?”. NHKニュース. 2021年7月10日閲覧。
  29. ^ ジャスモメート液剤 三井化学アグロ株式会社
  30. ^ 増田哲男, 今河茂, 田村勉、「リンゴ果実の着色に関する研究 : 第1報 着色系品種におけるアントシアニン生成と果実の発育段階について」 『北海道大学農学部邦文紀要』 1980年 12巻 2号 p.109-114, hdl:2115/11944, 北海道大学
  31. ^ 小原繁、「「葉とらずリンゴ」生産の条件と適正樹相の検討 (特集 落葉果樹の目的別仕立て方と整枝せん定)」 『農耕と園芸』 53(2), 154-156, 1998-02, NAID 40003137141
  32. ^ 荒川修、石川勝規、小原繁、小野田和夫、福田博之「ギ酸カルシウム剤によるリンゴの摘花(栽培管理・作型)」『園芸学研究』第1巻第4号、園芸学会、2002年12月10日、259-262頁、NAID 110001815931 
  33. ^ 河田道子, 石川勝規, 鈴木哲 ほか、「リンゴわい性台木JM1,JM7の利用法」 『東北農業研究』 55号, p.153-154(2002-12), ISSN 0388-6727, 東北農業試験研究協議会
  34. ^ 黒田治之、千葉和彦「M.26 わい性台木利用リンゴ樹における生産構造と光環境に及ぼす栽植密度の影響」『園芸学会雑誌』第71巻第4号、園芸学会、2002年7月15日、544-552頁、doi:10.2503/jjshs.71.544NAID 110001816642 
  35. ^ a b c 副島,淳一 吉田,義雄 羽生田,忠敬 別所,英男 土屋,七郎 増田,哲男 小森,貞男 真田,哲朗 伊藤,祐司 定盛,昌助 樫村,芳記 (2010). “リンゴわい性台木の新品種‘JM1’、‘JM7’および‘JM8 ’”. 果樹研究所研究報告 = Bulletin of the National Institute of Fruit Tree Science 11: 1-16. https://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/2010793030.pdf. 
  36. ^ a b c d 副島,淳一 吉田,義雄 羽生田,忠敬 別所,英男 土屋,七郎 増田,哲男 小森,貞男 眞田,哲朗 伊藤,祐司 定盛,昌助 樫村,芳記 阿部,和幸 古藤田,信博 (2013). “リンゴの半わい性台木および極わい性台木の新品種‘JM2 ’,‘JM5’”. 果樹研究所研究報告 = Bulletin of the National Institute of Fruit Tree Science 16: 19-36. https://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/2030870017.pdf. 
  37. ^ 高密植栽培 ~超コンパクトな樹で収益性、効率化を追求する~”. りんご大学. 2021年9月30日閲覧。
  38. ^ 農業・食品産業技術総合研究機構. “カラムナータイプ”. ルーラル電子図書館―農業技術事典 NAROPEDIA. 農文協. 2023年6月12日閲覧。
  39. ^ 登録品種情報 農水省
  40. ^ Minamikawa, Mai F.; Kunihisa, Miyuki; Noshita, Koji; Moriya, Shigeki; Abe, Kazuyuki; Hayashi, Takeshi; Katayose, Yuichi; Matsumoto, Toshimi et al. (2021-03-01). “Tracing founder haplotypes of Japanese apple varieties: application in genomic prediction and genome-wide association study”. Horticulture Research 8 (1). doi:10.1038/s41438-021-00485-3. ISSN 2662-6810. PMC PMC7917097. PMID 33642580. https://doi.org/10.1038/s41438-021-00485-3. 
  41. ^ 青森りんご 令和3年度版”. 青森県 (2021年). 2022年11月13日閲覧。
  42. ^ JA全農長野 信州農産物
  43. ^ 戦後日本のイノベーション100選:りんご「ふじ」 発明協会(2018年2月16日閲覧)
  44. ^ 『りんごを拓いた人々』斎藤康司著(筑波書房、1996年)ISBN 4-8119-0140-1
  45. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 猪股慶子監修 成美堂出版編集部編 2012, p. 213.
  46. ^ 農林水産省
  47. ^ 農研機構[リンク切れ]
  48. ^ 池添博彦、「食物名考 I」『帯広大谷短期大学紀要』 1984年 21巻 p.A1-A22, doi:10.20682/oojc.21.0_A1
  49. ^ ニュートンのりんご
  50. ^ 農林水産省
  51. ^ 農林水産省
  52. ^ 農林水産省
  53. ^ JA全農 りんご情報局 ぐんま名月
  54. ^ 農林水産省
  55. ^ 中山間地園芸研究センター 業務内容の紹介”. 群馬県. 2014年1月24日閲覧。
  56. ^ 農林水産省
  57. ^ リンゴ「紅の夢」 果肉まで赤く海外でも注目 加工品 売り方多彩に 日本農業新聞 2015年12月7日(月)13時20分配信 同日閲覧
  58. ^ 五十嵐, 恵、初山, 慶道、松本, 和浩、塩崎, 雄之輔「DNA鑑定による赤肉系リンゴ新品種 ’紅の夢’の親の推定」『弘大農生報』第13号、2010年、7-13頁、NAID 120005320633 
  59. ^ 松本和浩 神様がくれたリンゴ 紅の夢 弘大藤崎農場の挑戦-3- 東奥日報 2012年(平成24年)11月29日
  60. ^ 星の金貨
  61. ^ 長野県産新品種りんご「シナノリップ」デビューしました 東京青果株式会社
  62. ^ 日本経済新聞『リンゴ新顔「シナノリップ」初出荷 夏の需要開拓』、サービス・食品 北関東・北越、2018年8月7日、2018年8月8日閲覧
  63. ^ 朝日新聞『「白いリンゴ」新宿デビュー 青森の女子高生が開発』 2010年11月10日、2010年11月15日閲覧
  64. ^ Production of Apple by countries”. UN Food & Agriculture Organization (2011年). 2013年12月19日閲覧。
  65. ^ China apple exports are expected to hit a record high in 2016” (英語). Produce Report. 2021年6月16日閲覧。
  66. ^ 平成27年産果樹生産出荷統計” (PDF). 農林水産省 (2016年10月18日公表). 2016年12月14日閲覧。
  67. ^ 青森県りんごCA貯蔵研究会 - リンゴ貯蔵の発達史
  68. ^ りんごの流通:貯蔵”. 青森県庁. 青森県. 2020年2月3日閲覧。
  69. ^ 文部科学省日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  70. ^ 厚生労働省日本人の食事摂取基準(2015年版) (PDF)
  71. ^ 赤染陽子, 神田智正, 杉山洋 ほか、「リンゴポリフェノール含有飲料の高脂肪食負荷における中性脂肪抑制作用の検討」『日本食品化学学会誌』 2007年 14巻 2号 p.82-86, doi:10.18891/jjfcs.14.2_82, 日本食品化学学会
  72. ^ 農林水産省 消費者のへや>こどもそうだん
  73. ^ a b 第3章 調理室における衛生管理&調理技術マニュアル”. 文部科学省. 2020年6月5日閲覧。
  74. ^ りんごの蜜入りとその正体とは|味の農園” (2016年12月12日). 2022年3月11日閲覧。
  75. ^ 山本哲夫, 朝倉光司, 形浦昭克、「北海道のシラカバ花粉症とリンゴ果肉過敏症について」 『アレルギー』 1993年 42巻 11号 p.1701-1706, doi:10.15036/arerugi.42.1701, 日本アレルギー学会
  76. ^ 横田栄一、「第55回学術講演会要約 - 食品中のマイコトキシンに関する規格基準について」 『マイコトキシン』 2004年 54巻 2号 p.119-123, doi:10.2520/myco.54.119, 日本マイコトキシン学会
  77. ^ a b c d リンゴの木から見つかった糖尿病薬 SGLT2阻害薬 糖尿病/糖尿病の経口薬・インスリン all about 健康・医療 2013年06月24日 2016年8月20日閲覧
  78. ^ 金井好克、「4. 新たな作用機序の糖尿病治療薬としての SGLT2 阻害薬」 『臨床薬理』 2014年 45巻 1号 p.33-34, doi:10.3999/jscpt.45.33, 日本臨床薬理学会
  79. ^ 読売新聞2008年10月25日38面13S版
  80. ^ 登録品種データベース「あおり21」”. 農林水産省. 2014年1月24日閲覧。
  81. ^ 品種登録抹消の5種9業者と協定”. メディアジャム (2008年11月4日). 2009年3月4日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「リンゴ」の関連用語

リンゴのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



リンゴのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリンゴ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS