Religionとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > Religionの意味・解説 

religion

別表記:リリジョン

「religion」の意味

「religion」とは、信仰や神への崇拝宗教的な教え習慣を指す言葉である。宗教は、人々の生活文化深く根ざしており、倫理観価値観形成する要素となっている。世界には多く宗教存在しそれぞれ独自の信仰体系教え持っている

「religion」の発音・読み方

「religion」の発音は、/rɪˈlɪən/であり、IPAカタカナ読みでは「リリジョン」となる。日本人発音するカタカナ英語では、「リリジョン」と読むことが一般的である。

「religion」の定義を英語で解説

A religion is a set of beliefs, values, and practices that relate to the worship of a divine or supernatural power, often involving rituals, moral codes, and a sense of community. Religions provide a framework for understanding the world and one's place in it, as well as guidance on how to live a good and meaningful life.

「religion」の類語

「religion」の類語には、以下のような言葉がある。 1. faith: 信仰信念 2. belief: 信念信仰 3. creed: 信条教義 4. doctrine: 教義主義 5. spirituality: 精神性霊性

「religion」に関連する用語・表現

「religion」に関連する用語表現には、以下のようなものがある。 1. religious: 宗教の、信仰心のある 2. worship: 崇拝礼拝 3. prayer: 祈り祈願 4. ritual: 儀式典礼 5. sacred: 神聖な聖なる

「religion」の例文

1. Christianity is one of the major world religions.(キリスト教主要な世界宗教一つである。) 2. Buddhism teaches the importance of compassion and mindfulness.(仏教慈悲マインドフルネス重要性教えている。) 3. Many people find comfort and guidance in their religion.(多く人々宗教慰め指針見出している。) 4. The temple is a place of worship for followers of that religion.(その寺院は、その宗教信者たちが礼拝する場所である。) 5. Religious texts often contain stories and teachings that provide moral guidance.(宗教的な文献には、道徳的な指針提供する物語教え含まれていることが多い。) 6. The separation of religion and state is an important principle in many countries.(宗教国家分離は、多く国々重要な原則である。) 7. Some people consider themselves spiritual but not religious.(一部人々は、宗教的ではないが霊的だと考えている。) 8. Religious rituals can help to create a sense of community and belonging.(宗教的な儀式は、共同体意識所属感を生み出す助けとなることがある。) 9. The study of religion can provide insights into human history and culture.(宗教研究は、人類の歴史文化対す洞察提供することができる。) 10. Interfaith dialogue promotes understanding and cooperation between different religions.(異教対話は、異な宗教間の理解協力促進する。)

しゅう‐きょう〔‐ケウ〕【宗教】

読み方:しゅうきょう

《religion》神・仏などの超越的存在や、聖なるものにかかわる人間営み古代から現代に至るまで、世界各地さまざまな形態のものがみられる。→原始宗教民族宗教世界宗教

「宗教」に似た言葉

Religion

作者嶽本野ばら

収載図書幻想小品集
出版社角川書店
刊行年月2007.12


宗教

(Religion から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/07/08 14:59 UTC 版)

宗教しゅうきょうは、一般に、人間の力や自然の力を超えた存在への信仰を主体とする思想体系、観念体系であり[1]、また、その体系にもとづく教義行事儀礼施設組織などをそなえた社会集団のことである[2][3]


注釈

  1. ^ 計60億5,505万人(2000年)[5]
  2. ^ ヒンドゥー教はヒンドゥー(文化圏としてのインド)の人々にのみ信仰されているが、さまざまな語族にまたがる数多くの人々に信仰されている(南アジアおよび東南アジアバリ島が含まれる。なお、これらの地域にはイスラム教や仏教も伝わっている)。
  3. ^ 「神と人を再び結びつけること」という理解は神学者ラクタティウスの述べた説明による。ただし、このラクタティウスの説明は言語学的には正しいとは認められていないともする説もある[15]religio の語源とされる religare について、ラクタンティウスらをはじめとする人々に人気の語源は、ほかには、強意の接頭辞 re- と(同じく) ligare との組み合わせで「固く結び付ける」という意味としての religare があり、これは「義務を課す」や「人と神の間の絆」を意味するという説もある[16]
  4. ^ その修好通商条約の第4条の訳文は右のとおり 「日本在住の独乙臣民は自国の宗教を自由に行うの理あるべし」

出典

  1. ^ a b 古野 1978, p. 231.
  2. ^ 村上重良『世界宗教事典』p.4[要文献特定詳細情報]
  3. ^ 古野 1978, pp. 234–235.
  4. ^ 新村出 編『広辞苑』(第五版)岩波書店、1254-1255頁。 
  5. ^ 『朝日新聞データ年鑑 ジャパン・アルマナック2006』朝日新聞社、2005年、p247。ただし同書の当該部分はオックスフォード大学出版局発行 World Christian Encyclopedia を再引用したもの。
  6. ^ Harvey, Graham (2000) (英語). Indigenous Religions: A Companion. London and New York: Cassell. p. 6 
  7. ^ 古野 1978, p. 233.
  8. ^ 愛知学院大学宗教研究会編 編『宗教と人間: 真の生き方を求めて』(第二版)大東出版社、2005年3月25日、16–17頁。ISBN 9784500007028 
  9. ^ Hinnells, John R. (2005) (英語). The Routledge companion to the study of religion. Routledge. pp. 439–440. ISBN 978-0-415-33311-5. https://books.google.com/?id=IGspjXKxIf8C 
  10. ^ Fitzgerald, Timothy (2000). The ideology of religious studies. New York: Oxford University Press. ISBN 1-4237-5678-9. OCLC 64685584 
  11. ^ Prentiss, Craig R. (2003). Religion and the Creation of Race and Ethnicity: An Introduction. New York: NYU Press. ISBN 0-8147-6700-1. OCLC 50868272 
  12. ^ Masuzawa, Tomoko (2005). The Invention of World Religions: Or, How European Universalism Was Preserved in the Language of Pluralism. Chicago: University of Chicago Press. ISBN 0-226-50988-5. OCLC 56599430 
  13. ^ 櫻井義秀、平藤喜久子『よくわかる宗教学』(初版)ミネルヴァ書房、2015年3月10日、18頁。ISBN 978-4-623-07275-0OCLC 907277782 
  14. ^ a b 岩井洋 「日本宗教の理解に関する覚書」関西国際大学研究紀要第5号、2004年
  15. ^ a b 石井研士『手に取るように宗教がわかる本』かんき出版、2002年、24頁。ISBN 4761259884 
  16. ^ religion” (英語). www.etymonline.com. 2022年11月4日閲覧。 “popular etymology among the later ancients (Servius, Lactantius, Augustine) and the interpretation of many modern writers connects it with religare "to bind fast" …, via the notion of "place an obligation on," or "bond between humans and gods." In that case, the re- would be intensive.”
  17. ^ 磯前 2003, p. 不明.
  18. ^ 村上重良 『世界宗教事典』 pp.3-4。[要文献特定詳細情報]
  19. ^ 小口偉一・堀一郎 『宗教学辞典』 東京大学出版会、pp.255-263「宗教」。[要文献特定詳細情報]
  20. ^ a b c d e 『宗教学辞典』[要文献特定詳細情報]
  21. ^ Leuba, J. H. (1912). The psychological study of religion:Its origin, function, and future. New York:Macmillan. (かつて日本語訳が刊行されたことあり。リューバ 『宗教の心理学的研究』 同文館、昭和2年)。
  22. ^ 文部省宗務課 編『宗教定義集』1961年、154-173頁。 
  23. ^ 村上重良 『世界宗教事典』 p.4。
  24. ^ James 1902, p. 31.
  25. ^ Durkheim 1915.
  26. ^ Tillich, P. (1957) Dynamics of faith. Harper Perennial; (p. 1).
  27. ^ Vergote, A. (1996) Religion, Belief and Unbelief. A Psychological Study, Leuven University Press. (p. 16)
  28. ^ James, Paul & Mandaville, Peter (2010). Globalization and Culture, Vol. 2: Globalizing Religions. London: Sage Publications. https://www.academia.edu/4416072 
  29. ^ 「フシギなくらい見えてくる! 本当にわかる宗教学」p140-143 井上順孝 日本実業出版社 2011年4月1日初版発行
  30. ^ 「フシギなくらい見えてくる! 本当にわかる宗教学」p144-147 井上順孝 日本実業出版社 2011年4月1日初版発行
  31. ^ a b 「よくわかる宗教学」p24-25 櫻井義秀・平藤喜久子編著 ミネルヴァ書房 2015年3月10日初版第1刷発行
  32. ^ 「よくわかる宗教学」p59 櫻井義秀・平藤喜久子編著 ミネルヴァ書房 2015年3月10日初版第1刷発行
  33. ^ 「よくわかる宗教学」p62 櫻井義秀・平藤喜久子編著 ミネルヴァ書房 2015年3月10日初版第1刷発行
  34. ^ 「よくわかる宗教学」p64-65 櫻井義秀・平藤喜久子編著 ミネルヴァ書房 2015年3月10日初版第1刷発行
  35. ^ 「よくわかる宗教学」p88-89 櫻井義秀・平藤喜久子編著 ミネルヴァ書房 2015年3月10日初版第1刷発行
  36. ^ 「フシギなくらい見えてくる! 本当にわかる宗教学」p48-49 井上順孝 日本実業出版社 2011年4月1日初版発行
  37. ^ 「よくわかる宗教学」p25 櫻井義秀・平藤喜久子編著 ミネルヴァ書房 2015年3月10日初版第1刷発行
  38. ^ 「よくわかる宗教学」p36-37 櫻井義秀・平藤喜久子編著 ミネルヴァ書房 2015年3月10日初版第1刷発行
  39. ^ 「プレステップ宗教学 第2版」p44-51 石井研士 弘文堂 2016年2月15日第2版第1刷発行
  40. ^ 「よくわかる宗教学」p28-29 櫻井義秀・平藤喜久子編著 ミネルヴァ書房 2015年3月10日初版第1刷発行
  41. ^ https://kotobank.jp/word/%E7%A5%AD%E6%94%BF%E4%B8%80%E8%87%B4-67987 「祭政一致」コトバンク 2021年9月10日閲覧
  42. ^ 「よくわかる宗教社会学」p192-193 櫻井義秀・三木英編著 ミネルヴァ書房 2007年11月25日初版第1刷発行
  43. ^ 「比較政治学」p186-187 粕谷祐子 ミネルヴァ書房 2014年9月30日初版第1刷
  44. ^ 「フシギなくらい見えてくる! 本当にわかる宗教学」p166-168 井上順孝 日本実業出版社 2011年4月1日初版発行
  45. ^ 「バチカン近現代史」p92-94 松本佐保 中公新書 2013年6月25日初版
  46. ^ https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/vatican/data.html 「バチカン基礎データ」日本国外務省 令和4年5月17日 2022年8月13日閲覧
  47. ^ 「地図で見る中東ハンドブック」p84-85 ピエール・ブラン、ジャン=ポール・シャニョロー著 太田佐絵子訳 原書房 2020年3月31日第1刷
  48. ^ 「多文化時代の宗教論入門」p191-193 久松英二・佐野東生編著 ミネルヴァ書房 2017年6月10日初版第1刷発行
  49. ^ 「地図で見る中東ハンドブック」p85-87 ピエール・ブラン、ジャン=ポール・シャニョロー著 太田佐絵子訳 原書房 2020年3月31日第1刷
  50. ^ 「グローバリゼーション 現代はいかなる時代なのか」p137-139 正村俊之 有斐閣 2009年9月10日初版第1刷発行
  51. ^ 「よくわかる宗教学」p155 櫻井義秀・平藤喜久子編著 ミネルヴァ書房 2015年3月10日初版第1刷発行
  52. ^ 「グローバリゼーション 現代はいかなる時代なのか」p139-141 正村俊之 有斐閣 2009年9月10日初版第1刷発行
  53. ^ 「面白くて眠れなくなる宗教学」p198-200 中村圭志 PHP研究所 2018年2月6日第1版第1刷発行
  54. ^ 「グローバリゼーション 現代はいかなる時代なのか」p133-135 正村俊之 有斐閣 2009年9月10日初版第1刷発行
  55. ^ 「よくわかる宗教学」p148-149 櫻井義秀・平藤喜久子編著 ミネルヴァ書房 2015年3月10日初版第1刷発行
  56. ^ 「フシギなくらい見えてくる! 本当にわかる宗教学」p173-174 井上順孝 日本実業出版社 2011年4月1日初版発行
  57. ^ 「グローバリゼーション 現代はいかなる時代なのか」p134 正村俊之 有斐閣 2009年9月10日初版第1刷発行
  58. ^ 「よくわかる宗教学」p149 櫻井義秀・平藤喜久子編著 ミネルヴァ書房 2015年3月10日初版第1刷発行
  59. ^ 「よくわかる宗教学」p158 櫻井義秀・平藤喜久子編著 ミネルヴァ書房 2015年3月10日初版第1刷発行
  60. ^ a b 「よくわかる宗教学」p152-153 櫻井義秀・平藤喜久子編著 ミネルヴァ書房 2015年3月10日初版第1刷発行
  61. ^ 「フシギなくらい見えてくる! 本当にわかる宗教学」p176-178 井上順孝 日本実業出版社 2011年4月1日初版発行
  62. ^ 「よくわかる宗教学」p166 櫻井義秀・平藤喜久子編著 ミネルヴァ書房 2015年3月10日初版第1刷発行
  63. ^ 「衣生活学」(生活科学テキストシリーズ)p48 佐々井啓・大塚美智子編著 朝倉書店 2016年1月20日初版第1刷
  64. ^ [1]
  65. ^ https://www.asean.or.jp/muslim/meal/meal2.html 「HALAL」国際機関日本アセアンセンター 2021年9月10日閲覧
  66. ^ 「文化人類学キーワード」p80 山下晋司・船曳建夫編 有斐閣 1997年9月30日初版第1刷
  67. ^ 「世界の食文化百科事典」p302-305 野林厚志編 丸善出版 令和3年1月30日発行
  68. ^ 「文化地理学ガイドブック あたりまえを読み解く三段活用 改訂版」p95 森正人・中川正 ナカニシヤ出版 2022年1月10日改訂版第1刷発行
  69. ^ 「フシギなくらい見えてくる! 本当にわかる宗教学」p235 井上順孝 日本実業出版社 2011年4月1日初版発行
  70. ^ 「よくわかる宗教学」p195 櫻井義秀・平藤喜久子編著 ミネルヴァ書房 2015年3月10日初版第1刷発行
  71. ^ https://www.unic.or.jp/activities/humanrights/document/bill_of_rights/universal_declaration/ 「世界人権宣言テキスト」国際連合広報センター 2024年2月3日閲覧
  72. ^ https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN15CUK0V10C23A5000000/ 「信教の自由、「中国は最悪の侵害国」 米国務省が報告書」日本経済新聞 2023年5月16日 2024年2月3日閲覧
  73. ^ 「宗教世界地図 最新版」p263-264 立山良司 新潮文庫 平成16年5月1日発行
  74. ^ 「宗教世界地図 最新版」p264-265 立山良司 新潮文庫 平成16年5月1日発行
  75. ^ 「よくわかる宗教学」p168 櫻井義秀・平藤喜久子編著 ミネルヴァ書房 2015年3月10日初版第1刷発行
  76. ^ 「よくわかる宗教学」p143 櫻井義秀・平藤喜久子編著 ミネルヴァ書房 2015年3月10日初版第1刷発行
  77. ^ 「よくわかる宗教学」p181 櫻井義秀・平藤喜久子編著 ミネルヴァ書房 2015年3月10日初版第1刷発行
  78. ^ 「よくわかる宗教学」p161 櫻井義秀・平藤喜久子編著 ミネルヴァ書房 2015年3月10日初版第1刷発行
  79. ^ 「よくわかる宗教学」p162-163 櫻井義秀・平藤喜久子編著 ミネルヴァ書房 2015年3月10日初版第1刷発行
  80. ^ 「フシギなくらい見えてくる! 本当にわかる宗教学」p10-11 井上順孝 日本実業出版社 2011年4月1日初版発行
  81. ^ 「よくわかる宗教学」p8-9 櫻井義秀・平藤喜久子編著 ミネルヴァ書房 2015年3月10日初版第1刷発行
  82. ^ 「よくわかる宗教学」p9-11 櫻井義秀・平藤喜久子編著 ミネルヴァ書房 2015年3月10日初版第1刷発行
  83. ^ 「よくわかる宗教学」p190-191 櫻井義秀・平藤喜久子編著 ミネルヴァ書房 2015年3月10日初版第1刷発行
  84. ^ 「決定版 はじめての音楽史 古代ギリシアの音楽から日本の現代音楽まで」 p96 音楽之友社 2017年9月30日第1刷
  85. ^ 「グローバリゼーション 現代はいかなる時代なのか」p134-136 正村俊之 有斐閣 2009年9月10日初版第1刷発行




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Religion」の関連用語

Religionのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Religionのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宗教 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS