電気温水器とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 電気温水器の意味・解説 

でんき‐おんすいき〔‐ヲンスイキ〕【電気温水器】


電気温水器

割安深夜電力PM11:00AM7:00)を利用して夜間高温温水を沸かし貯湯タンク蓄えて、それ以外の時間帯給湯まかなう電気機器お湯を貯めて使用することから貯湯タンク容量自分の生活にあっているか(4人家族で400~800L)を考え導入する。貯湯タンク断熱性の高い機種選択することが重要。断熱材として耐熱EPS建材利用する例が増えている。

電気温水器

割安深夜電力利用してタンク内で沸かしたお湯を貯め、台所浴槽洗面所などでの翌日使用備え貯湯給湯器。湯切れを防止するために昼間でも湯の量を追加できるタイプ周囲配管内蔵したコンパクトなタイプ足し湯、湯はり保温などの機能が付いたタイプなども製品化されている。

電気温水器

給湯器

(電気温水器 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/28 01:19 UTC 版)

給湯器(きゅうとうき、: hot water dispenser[注 1])とはに変えて供給する器具のことである。湯沸かし器(ゆわかしき、: Boiler)、温水器(おんすいき、: Water boiler)ともいう。ここでは日本市場向けの一般家庭用の給湯器について述べる。


注釈

  1. ^ これは電気ポットを指すことが多い。
  2. ^ 事故以降、国内シェアは減少。一方、海外シェアは高く、米国では約50%。
  3. ^ 当時の電気温水器カタログに記載されていた

出典

  1. ^ a b “"ガス給湯器・ガス風呂給湯機"市場、870億円”. リフォーム産業新聞 (リフォーム産業新聞社). (2014年2月4日). https://www.reform-online.jp/story/4063.php 2021年1月4日閲覧。 
  2. ^ a b “"長府製作所のガス・石油給湯器、ノーリツと協業本格化、コスト削減へ部品を共通化。”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社): pp. 地方経済面 中国 11. (2016年8月27日) 
  3. ^ a b c “"「ソーラーシステム」市場は46億円、5100台”. リフォーム産業新聞 (リフォーム産業新聞社). (2014年7月15日). https://www.reform-online.jp/story/4923.php 2021年1月4日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f g アスクラスト 『高効率給湯機器専門誌 Qtopia No.1』 アスクラスト〈Qtopia〉、2017年。 
  5. ^ “"「石油給湯機」市場は350億円、40万台”. リフォーム産業新聞社. (2014年5月27日). https://www.reform-online.jp/story/4662.php 2021年1月4日閲覧。 
  6. ^ 一般社団法人 日本エレクトロヒートセンター
  7. ^ 給湯能力(号数)について|一般社団法人 日本ガス石油機器工業会(JGKA)”. 2019年2月2日閲覧。
  8. ^ 一般社団法人 都市ガス振興センター
  9. ^ 騒音に係る環境基準について
  10. ^ 株式会社丸文製作所「木質ペレットボイラについて」
  11. ^ 日本ホープ株式会社


「給湯器」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「電気温水器」の関連用語

電気温水器のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



電気温水器のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
発泡スチロール協会発泡スチロール協会
Copyright (c) 2022 Japan Expanded Polystyrene Association All rights reserved.
ナスラックナスラック
COPYRIGHT © 2022 NASLUCK ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの給湯器 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS