陰と影の意味の違い・使い方の解説とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 陰と影の意味の違い・使い方の解説の意味・解説 

陰と影の意味の違い・使い方の解説

読み方:かげ

「陰」と「影」の意味違いは、一言でいうと、「陰」が物にさえぎられて光が当たらない暗い部分目立たない部分を指すのに対し、「影」はできる「かげ」の像・形注目し、「姿」という意味を持つという違いです。読み方どちらも「かげ」です。

■ かげ(陰・影)の語源言葉の成り立ち由来とは

「かげ」の語源は、「古典基礎辞典」(編者大野晋によれば陽炎かげろう古文では「かぎろひ」)、鏡(かがみ)などと同じです

おおもとの意味は「光」でした。太陽や月、灯火などの光を意味し、「月影といえば月光」、「火影(ほかげ)」といえば灯火の光」を意味しました。

現代会話・文章では、「かげ」は主に、「光が物にさえぎられて暗くなった部分」「光が物に当たり光源反対側にできる像(シルエット)」という意味使われていますが、どちらもおおもとの意味である「光」が由来になっています

つまり、「かげ」には、(1)(2)暗い部分(3)浮かび上がる像・姿、という3つの意味があり、(1)おおもとの意味(2)現代よく使われる意味です。

陰・影の字義から理解する意味の違い使い分け

陰・影漢字の違いは、陰は「光の当たらない暗く目立たない場所」、影は「光によってできる像、姿」なのですが漢字の字義成り立ち理解しておくと、正しい使分けをしやすくなります

「陰」の漢字は、
(1)小高い山や丘を意味するこざとへんこざと偏)」
(2)インという音を表す「侌」というつくり
2つ組み合わせて成り立ってます。意味の部分音の部分とを組み合わせた形成文字」です。

小高い山や丘を意味する部首こざとへん」を含むことにより、「陰」の漢字は、山などによって生じ薄暗陰の部分意味します

「陰」と反対に明る部分は「陽」とされ、セットで陰陽」という語もあります陽光照ら明る晴れの様子対比されるのが「陰」であり、光が当たらない様子から、「薄暗く寒々しい」「人目を避けてこっそりと」というニュアンス生まれてます。人知れず貢献する様子を「陰で支えるといいます

今日用いられる陽キャ陽キャラ)」「陰キャ陰キャラ)」という語も、こうした漢字の意味・イメージ由来してます。

一方、「影」の漢字は、
(1)光を意味する字「景」
(2)彩り模様飾りなどに関する文字作るさんづくり(彡)」
2つから成り立ってます。

光を意味する「景」と模様意味するさんづくり(彡)」が合わさり、光でできる模様意味する「影」の字できました2つ部首の意味合わせてできた「会意文字」の仲間です。「会意文字」であると同時に、「景」のケイという読み転じて「影」の音読みエイになったので、それぞれの部首をもとに意味・音の両方ができている「形成文字」の仲間であるともいえます

光がさえぎられてできる暗い部分を指す点で「陰」と共通する部分ありますが、「影」の字の場合、「光によってできる模様映し出される像」というところに意味の中心あります。ですから、「影法師」「影絵」のように、どんな形の影ができているかに注目する語に使われています。

また、光の反射などによって鏡や水面映る姿のことも「影」の字表しますそこから、姿じたいを「影」で表すようになりました。「面影」「撮影」などの熟語その意味表れてます。

■ 「陰」「影」のどっちを使う? クイズ理解する

「陰」と「影」、どちらを使うか悩む場面あります正しい使分けクイズ形式理解しておきましょう

問1・「“かげ”に隠れる」どっちを使う?
物によって見えなくなる部分入ることを指すので「陰」を使います。→陰に隠れる

問2・「見る“かげ”もない」、どっちを使う?
見るに値する姿ではなくなってしまったことを言うので、「姿」の意味強く、「影」を使います。→見る影もない

問3・「“かげ”から操る」、どっちを使う?
見えないところ暗躍するイメージなので、「陰」を使います。→陰から操る

■ 「陰」「影」の使い分けを示す用例例文

「陰」を用い例文挙げます

三四郎しゃがんでいる低い陰から見ると丘の上はたいへん明るい。(夏目漱石三四郎』より引用

大きな栃の木が陰をつくって冷めたそうなラムネがつけてあった。(田山花袋田舎教師』)

こういう日が来るまでには、どのくらいの人が陰で働いた知れますまい。(島崎藤村夜明け前』)

①②のように、丘や木によって暗くなっている部分という使い方、③のように、見えない注目されないところで、という意味使い方見られます

一方の「影」の例文以下の通りです

①するといつか僕の影左右に揺れているのを発見した。(芥川竜之介歯車』)

かれらは自分たちのうしろに黒い影付きまとっているのを知らなかった。(岡本綺堂半七捕物帳』)

③そのたくさんのの中の影の薄い一人の女として彼は自分扱っているではないか。(有島武郎或る女』)

①は影法師のことです。②は人影人の姿意味してます。③では、姿が目立たない、つまり存在感が薄いことを「影が薄い」と慣用句的に表現してます。

類義語:「陰」「影」と「蔭」「翳」との意味使い方違い

「蔭」は、特に樹木でできる陰を指してます。緑蔭」などのように使いますまた、人の庇護感謝する際、「お蔭様」などと言うのに使います。ただし、「蔭」は常用漢字外なので、よく「陰」で代用されます。

「翳」はもともと、車の覆いのことで、羽毛飾った美しいものを指しました。車の覆いきぬがさで日をさえぎることから転じ日がさえぎられてできるかげを言うようになりました。「陰翳」という熟語あるように、「陰」の方に近い意味で、こちらも常用漢字外です。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

陰と影の意味の違い・使い方の解説のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



陰と影の意味の違い・使い方の解説のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS