ヤクヨウニンジンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 医薬品 > > 生薬 > ヤクヨウニンジンの意味・解説 

ヤクヨウニンジン

ヤクヨウニンジン
科名 ウコギ科
別名: オタネニンジン
生薬名: チョウセンニンジン朝鮮人参
漢字表記 薬用人参
原産 東アジア
用途 寒冷地自生する多年草日本でも栽培が行われ、小さ白い花が咲き、赤い果実がつきます。根は白く滋養強壮食欲不振消化不良などに用います。
学名: Panax ginseng C. A. Meyer
   

薬用人参

読み方:ヤクヨウニンジン(yakuyouninjin)

ニンジン別称
ウコギ科多年草

学名 Panax ginseng


オタネニンジン

(ヤクヨウニンジン から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/24 03:17 UTC 版)

オタネニンジン(御種人蔘) は、ウコギ科多年草。原産地は中国遼東半島から朝鮮半島にかけての地域といわれ、 中国東北部ロシア沿海州にかけて自生する。


  1. ^ a b 大場秀章(編著) 『植物分類表』 アボック社、2010年、第2刷。ISBN 978-4-900358-61-4
  2. ^ a b c 米倉浩司 『高等植物分類表』 北隆館、2010年、重版。ISBN 978-4-8326-0838-2
  3. ^ a b 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Panax ginseng C.A.Mey.”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2012年8月13日閲覧。
  4. ^ "'Panax ginseng C.A. Mey.". Tropicos. Missouri Botanical Garden. Retrieved 2012年8月13日.
  5. ^ Panax ginseng C.A. Mey., ITIS, http://www.itis.gov/servlet/SingleRpt/SingleRpt?search_topic=TSN&search_value=505938 2012年8月13日閲覧。 
  6. ^ a b Panax ginseng - Encyclopedia of Life
  7. ^ a b "Panax ginseng". National Center for Biotechnology Information (NCBI).
  8. ^ 昆明植物研究所. “人蔘”. 《中国高等植物数据库全库》. 中国科学院微生物研究所. 2009年2月24日閲覧。
  9. ^ a b 中国語: 蘿蔔 は「大根」を意味し、「胡蘿蔔」はいわば「南蛮大根」、また「紅蘿蔔」は「赤大根」といった意味になる。
  10. ^ 貝原益軒『菜譜』に「胡蘿蔔」の項目あり、「せりにんじん」と訓じている。明治時代の刊本が国会図書館近代デジタルライブラリー[1] で閲覧できる。
  11. ^ http://kinsam.jp/insam/
  12. ^ 吉林インポート商品一覧 朝鮮人蔘 > 紅参”. 吉林インポート. 2012年11月20日閲覧。
  13. ^ http://www.sanabo.com/kotowaza/arc/2002/10/post_725.html
  14. ^ 広辞苑第5版


「オタネニンジン」の続きの解説一覧



固有名詞の分類

生薬 ガジュツ  沙参  ヤクヨウニンジン  綿馬  烏樟

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ヤクヨウニンジン」の関連用語

ヤクヨウニンジンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ヤクヨウニンジンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2019, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオタネニンジン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS