ドイツと連合国の休戦協定 (第一次世界大戦)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ドイツと連合国の休戦協定 (第一次世界大戦)の意味・解説 

ドイツと連合国の休戦協定 (第一次世界大戦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/30 20:43 UTC 版)

第一次世界大戦におけるドイツ連合国の休戦協定(だいいちじせかいたいせんにおけるドイツとれんごうこくのきゅうせんきょうてい)は、1918年11月11日に締結された。




  1. ^ Hans Michael Kloth. “Atempause für den Weltuntergang” (ドイツ語). デア・シュピーゲル. 2008年11月11日閲覧。
  2. ^ 吉川宏 & 1963-03, pp. 509.
  3. ^ 吉川宏 & 1963-03, pp. 495-496.
  4. ^ 吉川宏 & 1963-12, pp. 222.
  5. ^ 牧野雅彦 2009, pp. 218.
  6. ^ 最後の戦死者 伝令トレブションNHK BS世界のドキュメンタリー、2016年10月17日閲覧。
  7. ^ “The last soldiers to die in World War I”. BBCニュースマガジン. (2008年10月29日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/magazine/7696021.stm 2008年11月6日閲覧。 
  8. ^ “Michael Palin: My guilt over my great-uncle who died in the First World War”. ザ・テレグラフ. (2008年11月1日). http://www.telegraph.co.uk/news/newstopics/celebritynews/3329304/Michael-Palin-My-guilt-over-my-great-uncle-who-died-in-the-First-World-War.html 2008年11月1日閲覧. "我々は多くの心の痛む逸話を発掘した。例えばフランスの最後の戦死者オーギュスタン・トレブションは、午前11時直前に、停戦の後に温かいスープが飲めるということを戦友に知らせに行く途中で撃たれた。アメリカのヘンリー・ガンサー二等兵の両親は彼らの息子が、すべてが終わるたった60秒前に死んだという知らせに耐えなければならなかった。最後に戦死したイギリス兵は、ジョージ・エドウィン・エリソン二等兵だった。" 


「ドイツと連合国の休戦協定 (第一次世界大戦)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ドイツと連合国の休戦協定 (第一次世界大戦)」の関連用語

ドイツと連合国の休戦協定 (第一次世界大戦)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ドイツと連合国の休戦協定 (第一次世界大戦)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのドイツと連合国の休戦協定 (第一次世界大戦) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS